75年式ワーゲンバスでアメリカ大陸を縦断。現代の技術が、おしゃれ旅を現実のものに

ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様があって、超かわいい。

とっくの昔に生産終了になっていて、正直現代の車から比べたら「車ではない何か。壊れるし、乗り心地は悪いし、あえていうならタイプ2」というような存在です。

Eed58b2e5ea70cf12a3ec9ced0d087bdbbba48ca

ロードストーリーとして、ワーゲンバンで旅をするのは、もはや定番。2014年に発行されたフォスター・ハンティントンの写真集「HOME IS WHERE YOU PARK IT」が、その金字塔ともいうべき(ちょっと新しいバナゴンでの旅)グラフィックで「VAN LIFE」と形容されるカルチャーですが、このカップルはVAN LIFEを地で行き、アラスカからアメリカ大陸を縦断中です。

仕事をやめ、バスを作り、南へ向かう

F437f9ea961d04d052fffbec46c4aa477fd1e1d2

テッサ(女性)は生粋の、アラスカ在住冒険家。ディロン(男性)は犬ぞりを使う500人ほどの村で育ち、いまはホワイトカラー。共に、冒険を熱望していたそう。

かねてよりワーゲンバスを愛してやまなかった2人ですが、見つかったのは500ドルの超おんぼろ車。走行距離こそ3マイルと少なかったものの、75年式であるということ以前に、あらゆる箇所が朽ち果てている状態でした。

F432feec66340e621e470e5547fcc5d690ea7074

しかも、初めは「1976年式」と聞いていたのに、実際は「1975年式」ということがあとから判明。1年違うだけで、シートが倒れなかったり、エンジンパワーが劣っていたりと問題が続出。そこで彼らが思い立ったのは…

27fdc895653e8f6908ab14eb55f49f368fd510ec

日本製、スバルエンジンへの換装。じつはワーゲンマニアの間では、おなじ形をしている2社のエンジンは、ある程度互換性があって、定番だったりします。ワーゲンオタクからすれば「わかってるね!」といったところ。

このスバルエンジンは、同じワーゲンのバナゴンから取り出したんですが「だったら、クーラーもついてるバナゴンで旅に出るという選択」も、もちろんありました。ただ2人の答えはNO。「バスを愛しているからね」と。

愛に裏切られて…

でもオールドカーは、その愛を平気で裏切ります。テッサとディロンも、例外ではありませんでした。

Cf3860ecc170c2f931e7b60fe4aed4a42aaa5719

道ばたでバスがとまってしまうことは、よくあること。アメリカに入ってすぐ、シアトルでは、気温が上がってオーバーヒート気味に。2人は「明らかに荷物の積み過ぎなんだ」と気づいていました。

エンジンをチェックするときには大量の荷物を毎度おろし、そのあとテトリスのように積み込まければいけません。

A0d9a03c9c2594b606188d8de2b57ffbb5489024

でも彼らのブログに「いらつき」や「焦り」はなく、トラブルを含めてVANLIFEを楽しんでいます。

レトロな見た目なのに、発電もできちゃうんです

Cd168a0dc17fcc91370887f29dc2b71b3e70f3b7

日本のキャンパーでも定番になっていますが、このバスにはなんと発電機能も追加したそうです。おもしろいのは、ソーラーパネルを積むスペースがないので、可動式で2枚のパネルを重ねているところ。100Wのパネルを2枚積んで200W、通常のキャンパーライフを送るには十分な容量。

2人はスバルエンジンと同様、手を加えられるところには最新の技術をつかい、とてもコンフォートなバスに仕上げているんです。

VANLIFEが織りなす、おしゃれな旅路

バスで旅をしたい、そう思うことはできても、手がかかるこのタイプ2を大陸横断に使うことは、けっして簡単なことではありません。

D7eccab35346d17c2ffa91e9832f34024a80bf117d2ba6300f70c4a680ab9cc1e1b55a19665f5bc86193b2d181201415e0a2fd7118e41e18eb2ce80e2c3d74df5bb731124212262a98704f27fb0bb815040cb5632eebf6b6a5f721abace4015b3aad9db8

「2017年1月にはカリフォルニアに到着する予定で動いている」と、テッサとディロン。そのゆるくて楽しげな旅路を、Instagramブログでチェックしてみては?

Licensed material used with permission by The Bus And Us
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
身近な乗り物の一つに、バスもあげられます。通勤などでバスを利用している人にとって、夢の中にバスが出てくるのは、それほど違和感はないでしょう。日常が夢に入り...
自動運転の実用化がそう遠くない未来に訪れようとしています。ここで紹介する次世代マシンも、スマホを使って操作する完全オートマチックな自走式。ただし、こちらは...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
001 大陸:南米002 国名:ペルー共和国003 都市名:リマ→ナスカ004 日付:2012.02.02「このバスの車内はまるで、自宅のリビングのように...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...