4人のクリエイターが、死と向きあいながら撮り続けた「2万キロの自転車旅」

『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も多いはず。

でもここで紹介するのは、そういったフィクションの話ではありません。4人のクリエイター集団「ペダルサウス」が、実際に北米〜南米を縦断した14,000マイル(約2万2,500km)のドキュメンタリー。

作為的に作られた冒険ではなく、本当のアドベンチャーストーリーなのです。

750万円を集めた壮大な
クリエイティブプロジェクト

1454ee3b5f8cf280437fbbe4d1091243ed64577c

プロジェクトの中心になったのはライターのダイアー、27歳。彼が「テキサス4,000マイル」というイベントを、癌研究のチャリティで自転車で走りきり「自転車旅のロードムービーを作りたい!」と思ったことがきっかけでした。

ダイアーは同世代のトーマス[フォトグラファー]とリライ[映像作家]、そして9歳年上のリカルド[映像作家]と出会い、自分たちでアラスカからアルゼンチンまでアメリカ大陸を縦断する旅を計画しました。クラウドファンディングや寄付で集まった資金は、なんと75,000ドル(約750万円)。

4人は、2014年6月12日にアラスカ州アンカレッジを自転車で出発。1年9ヶ月をかけて14ヶ国を旅し、アルゼンチンのウシュアイアまで無事たどり着いたのでした。

つねに「死」と共存した
14,000マイル

557e5a9572e7cf470aef673b49f1919bbe355da4

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

スタートしたアラスカ州の6月は、一年でもっとも日照時間が長く、日没は1日のうち2時間しかありません。道路は砂利と泥。旅自転車として実績のある彼らの「Surly」も太刀打ちができないものでした。進める距離は1日平均50マイル(約80km)ほどのタフな旅。

924b69c160e98fb4b3172bcd2f2ccbe99353f9d9

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

3cb38635721d5d518819541a0826971bc0619675

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ユーコンでは野生のクマと遭遇したり、ペルーではトーマスがダウンヒルで大クラッシュして入院することになったり。道中はつねに死の危険と共存。強盗に襲われてカメラ機材が奪われてしまった、なんてことも…。

Ad5a6b188ed5a602c013c0c837cdd67d330218ed

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

映像作家のリカルドは言います。「毎日が強烈すぎる体験だった」と。

カラダを張って味わった
アメリカ大陸の魅力

66c1265ab6d2242586e76e1203960dd9b55e29e8

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

もちろん彼らは、ただ美しい風景を切り取ってきただけではありません。

Ee821b7cfc4c1af6d46c17bb0109571487e8ad9d

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

サンタバーバラの先進的な「都心型農業」に目をつけ、密着ドキュメンタリーに仕立て上げるといった着眼点は、さすがの一言。

F9b218c2d288b30fc80390013d0eee7e3933d77a

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ベニスビーチのポートレイトは、たとえば35年ここでローラースケートを続けてきたミスターダンディーを撮影していたり……

5206da3631fd5da8350fb91a20038e092c888bb8

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

メキシコのウアトゥルコでは、ウミガメの赤ちゃんが海に帰る瞬間を捉え……

3abb7f0f5d806ac351d381844c101efbfcfd7b81

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

6f84830236c141f8f062e20358caf7ea6cad9702

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

7e60e50ad053c9811c5979f1ecc9e20d90425886

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

C2f0f29fdfe28b1fc28d0d685e94e22e0ff7bf50

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

Bbd5b60504ac72202a44bb47d3501d6b1414173f

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

ただの「旅の軌跡」に終わらないのが、この「ペダルサウス」一番の魅力。

旅を、追体験しよう

8a15afa0e4e512f1c9d1a5696a48ec4077d3df05

Photo by Pedal SouthFacebookInstagram

彼らは、旅の記録を2冊の本や、映像作品という形で編集中。撮影データはなんと、1,500時間&60,000枚以上!2017年の夏には、集大成とも言える90分のドキュメンタリー『ペダルサウス』がアメリカで公開予定とのこと。

そこまで待てないという人は、彼らのホームページやSNSに掲載されている写真を眺めるだけでも十分に楽しめるはず。

Licensed material used with permission by Pedal South
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねて...
ワーゲンバス。正式には「フォルクスワーゲン タイプ2」と呼ばれる車で、ワーゲンが作ったバンor ワゴンのこと。キャンパー仕様やデリバリー仕様、トラック仕様...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
車両の規制が多い日本ではなかなかブームにまで至りませんが、海外ではキャンピングカーの概念をさらに家に近づけた、移動式の「タイニーハウス」で生活を体現する人...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
近頃、荷物を入れるだけではない新種のバックパックをよく見かけます。ストレートに言ってしまえば、背面にイスが内蔵されており、行列などで座りたいときに取り出し...
60年代、NYのポップアート界で盲目の画家として注目されたマヌエル・カミンスキーって知ってるよね?アンリ・マティスに師事し、パブロフ・ピカソに嫉妬された画...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
軽くてコンパクトに折りたためて、ほぼ充電いらず。さらに、電動自転車には見えないスリムなデザイン。そんな、かゆいところに手が届きまくっている「VELO BI...