ミニマリストが提案。おもちゃが多くても子どもは幸せになれない「12の理由」

家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言えば、じつはそう単純でもないようです。

世界的に有名なミニマリストのJoshua Becker氏は、自身のブログ「becoming minimalist」のなかで、おもちゃを与えすぎないほうが子どもは成長する、と主張しています。2人の子どもを育てる親であり、ミニマリストならではの視点、あなたはどう思いますか?

01.
子どもは自ら遊びを創造できる

Medium 47a46ce51810ef73e445158dbec11256e39c08b9

前提として、おもちゃを与えすぎると、子どもたちの想像力が育たなくなってしまいます。

ドイツの公衆衛生学者であるストリックとシューベルトの2人は、ある幼稚園で3ヶ月間、すべての遊具を撤去する実験を行いました。すると、最初は退屈そうだった子どもたちも、すぐに周りにあるものを使って簡単なゲームを考えて遊び始めたそうです。

02.
ひとつのおもちゃをじっくり楽しむ

おもちゃがたくさんあっても、中にはほぼ遊んでいないおもちゃもたくさんあるでしょう。そうすると子どもたちは、一つひとつのおもちゃを少しだけ遊んではすぐに飽きてしまい、じっくり楽しむことができません。

03.
社会性を育てることができる

Medium 05cc58de5b088315c2c84101ae6baa6533dc4bf6

おもちゃがなければないで、周りの子どもや大人たちと人間関係を作る方法や、楽しく会話する方法を学びます。

大人になってからも勉強ができたり、社会的に成功する人は、子どもの頃に良い人間関係を構築できている人が多いと言われています。

04.
ものを大事にすることを覚える

おもちゃが溢れていると、それを大切にすることを学ぶことができません。壊れたり、なくなってしまっても、代わりがたくさんあることに慣れてしまうと「モノ」の本当の価値に気づかないでしょう。

もしもあなたの子どもがおもちゃを雑に扱っているようなら、まずはその数を減らしてみてください。子どもたちはすぐにその大切さに気づくはずです。

05.
感受性を育てる

Medium 72cc4ea25eb99580d52d2d88cd3a901b7aba0fa6

おもちゃがなければ、今よりもっと本を読んだり、音楽を聴いたり、絵を描いたりする時間を持つことができます。そうすることで、感受性も豊かに育つのです。

06.
工夫することを覚える

学校は「答え」を教えてはくれません。先生が教えるのは、答えを導き出す方法です。これは遊びにおいても同じ。

子どもたちは、限られたおもちゃだけでより楽しく遊ぶために、自ら工夫することを覚えるでしょう。

07.
子どもたちの「欲しがり」には制限がない

Medium ce079ef992018fc862ba739b4d13df248c7155f7

「おもちゃをたくさん与えればケンカはなくなる」と思いがちですが、むしろ逆で、子どもにおもちゃを与えれば与えるほど、彼らはそれを「自分のもの」だと主張するようになります。

でもおもちゃの数が少なければ、子どもたちはそれを分け合い、協力して遊ぶことを学ぶものです。

08.
我慢強く遊ぶようになる

おもちゃがいっぱいある子どもは、難しいおもちゃで遊ぶことはすぐに諦めてしまい、より簡単なおもちゃで遊び始めてしまうでしょう。

選択肢が少なければ、より辛抱強く、難しいおもちゃでも遊ぶように頑張るようになるはずです。

09.
わがままな大人に育たなくなる

Medium ad70a29edb0d9782ad62572cdf2107164131076c

欲しいおもちゃをすべて買い与えられた子どもは「自分が望めばなんでも手に入る」と思って、育ってしまいます。

これでは、いつまで経っても立派な大人にはなれません。

10.
外遊びが増えて、自然を好きになる

たくさんのおもちゃや自分の部屋を持っていない子どもは、自然と外で遊ぶようになります。

健康に育ち、運動が好きになり、きっと自然を愛するようになるでしょう。

11.
おもちゃ屋さんじゃなくても生き生きとできる

Medium 4d8d743d891278bf3d981c178d40f5434fe65783

おもちゃ屋さんで得られる満足感は、その場かぎりのもの。子どもたちはおもちゃを買い与えられたら、その瞬間だけは満足するでしょう。

しかし、欲望をお金で満たすことを覚えてしまうと、子どもたちは彼らの親と同じように、その方法だけしか知らずに育ってしまいます。

おもちゃ屋さんでは手に入らない体験をし、本当の幸せを感じさせてあげましょう。

12.
家がキレイになる

子どもを持つ親なら、誰でも一度片付けたおもちゃがすぐに家中をぐちゃぐちゃに占拠してしまうことを知っているでしょう。

少なければ少ないほど、家の中が清潔な空間になるのです。

Licensed material used with permission by becoming minimalist
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everb...
育てる側の性格に合わせた子育て方法を提案するのは「YourTango」のライター、Christine Schoenwald氏。なんでも誕生月から、ピッタリ...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
「Higher Perspective」に掲載された、「12星座別の性格」。当然すべての人に当てはまるなんてことはないものの、「なんとなく当たっているかも...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
学校では数学が苦手だったから、わたしは文系!その定義は間違ってはいませんが、むしろどんな行動パターンや考え方をするかで、あなたが「文系女子」かそうでないか...