「神経質な自分」をポジティブにとらえるための思考法

考えすぎて疲れることがよくある。物事を決める時に、あれこれと思考を巡らせすぎて時間がかかる。周囲の環境に影響されやすい。友達に「気にするな」と突っ込まれることが多い。

もしかして、そんな自分を責めたりしていない?

I Heart Intelligence」のライターRaven Fonさんによれば、このような特徴は生まれつき備わっているもので、決してネガティブにとらえる必要はないのだそう。むしろ、そんなあなただからこそのポジティブな側面も。いわゆる「気にしい」と呼ばれる人の特徴を11コ紹介しましょう。

01.
なにごとにも感受性が高い

4e99931f695a53041022eb773d8433d6ad201ee9

他の人より物事を深く受け止めるということは、感受性が高い人の特徴。話すトピックに対しても、そうじゃない人たちに比べて、より掘り下げて考えようとするのだ。

『The Highly Sensitive Person’s Survival Guide』などの本を出版しているTed Zeff氏によれば、「繊細な人は強い直感力を持っていて、理解しようと探る傾向がある」という。

02.
人に対して親身になれる

誰かがネガティブな状況に陥った時に、その人の気持ちをきにかけて、思いやりがある行動を取ることができる。

03.
「センシティブすぎる」
「何でそんなに気にするの?」
をよく言われる

Zeff氏が、インド人とタイ人の男性グループにインタビューした。なぜこの2カ国かというと、北米の男性に比べると、繊細な性格だからといってバカにされることが少ない地域とみたからだ。

すると、やはりカルチャー的な要素が強く関係していることが判明。センシティブであることに価値を見出してくれる文化もあるということだ。

04.
全体を考慮しつつ
決断することができる

7eb3ad488c0ae83636db1c8d8acef53b829956b5

たとえ正解も間違いもないような場合でも、彼らは後々全体に影響するかもしれないディテールにはこだわる。他の人に比べて物事を決断する時に、より時間を費やす傾向がある。良い点と悪い点の両方について、しっかり吟味するからだ。

しかし、『Aron’s Comfort Zone』によれば、時間がかかったとしても一度結論が出れば、次に同じような状況になった時、より早く判断ができるようになるという。

05.
他人がもつ印象は
「外向的」という場合も

繊細だからといって内気なわけではない。Aron氏は、外向的だけど繊細な人というのは、秘密を暴露されたり他人との関わり合いを持たなければならない小さな町で育った可能性があると推測している。

06.
素晴らしいチームプレーヤー

116ab46cb4050db93fd1da97d04747b2c43b6def

生まれながらにして、アイデアや考えについて深く想いをめぐらせる性質があるため、チーム内や誰かのパートナーとして活動する時に威力を発揮できる。

だが最終的な決定を担うポジションには向かない。医者に例えると、患者を診断するのは得意でも、手術が必要かどうかなどの難しい決断をするのは苦手、といったところだ。

07.
安心できるはずの場所でも
不安になることがある

Aron氏によれば、「人生の早い時期に良くない経験をたくさんしてきた場合、家や学校にいたとしても安心できないものだ」という。全ての人がそうではないけれど、事実、精神的にセンシティブな部分をサポートしてくれる人が必要になる。そうすることで、不安になる気持ちを避けることができるのだという。

08.
他人が気にしないことにも
影響されやすい

ほとんどの物事に対して強くリアクションをしてしまうからこそ、蛍光灯から聞こえる「ジー…」というような音でも、物凄く不快に思ってしまうのだ。周囲の環境に、簡単に影響をうけてしまい、他の人たちが気に留めないことでも圧倒される感覚に陥ってしまう。

09.
思いやりがありマナーもある

6b44add6342bbafd16e3cd2e8d61e0db12c8cc2d

感受性が高い人たちは、同時にとても誠実な人たちだとAron氏は主張している。そのため、他人に対して思いやりがある行動をする傾向があり、しっかりとした礼儀も持ち合わせているのだとか。

10.
批判されることに敏感

他の人が「別に」と言って流せることにも凄く影響されてしまい、そのような状況を避けようとする行動に出る。例えば、人を喜ばせることで、批判されることを回避しようとするのだ。そして、自分で自分を責めることで、人から責められることを避けようとしたりもする。

11.
働くとしたら
フリーランスか静かな場所で

Eff5eb9ef0ef477faf5ce4b0badb261147910e9c

センシティブな人の多くは、フリーランスや家で働くことを好むところがある。そうすることで、日々の出来事をコントロールしやすいという点があるためだ。そして、このような環境で働くことができない場合だと、小さなオフィスで静かに働きたがる。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
感受性が強い人は、人よりもいろいろなことに感づいてしまうことで、よいこともある反面、そうでないこともあるようです。ここでは、感受性が強い人が持つ特徴につい...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
好きなことだけして、楽しくお金を稼げたら、そんな幸せなことはありません。ですが現実は、好きな仕事ばかりではありませんよね。任された仕事を淡々とこなすだけで...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...
恋愛を中心としたコンテンツが多い、NYで人気のウェブメディア「YourTango」。ここにArianna Jeret氏が書いた「パートナーにするなら、うお...
「予感」「第六感」「虫の知らせ」なんていう言葉はたくさんありますが、そもそも直感はどこまで信じられるものなのでしょうか。なんだか不思議な力が働いているので...
仕事やプライベート。人生における悩みは尽きないものです。ここで参考にさせていただくのは、高田晋一さんがまとめた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人...
Jess Livelyさんは、コーチングや自己啓発のエキスパート。そのJessさんが大事にしているのは、頭で考えるだけではなく、自分の直感を信じて決断して...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
一人でブツブツ言っている人を街中で見かけると、「なんだか変わった人だな」と思ってしまいますよね。でも、そう思うあなたは、まだ独り言の持つ力に気づいていない...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
心理学者エレイン・アロン氏の研究によれば、神経質な人は、“考えすぎる”ことで悪循環に陥りやすいようです。しかしながら彼らは、EQ(心の知能指数)が高く、自...
FacebookなどのSNSが私たちにもたらす影響については、賛否両論があると思います。「mindbodygreen」のこの記事を書いたKelli Win...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
忙しい日々の中では、自分のことで精一杯。もしかしたら、相手のことを考える余裕は、あまりないかもしれません。でも、そんなに難しく考える必要はどこにもないのか...