壊れたおもちゃの移植手術。「Second Life Toys」が教えてくれる命の意味とは?

子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?

大切なおもちゃを「修理」ではなく、「移植手術」という方法で新たな生命を吹き込むというプロジェクトがあります。直すという意味では同じ。けれど、この“表現の違い”こそが大きなポイント。

誰かと協力しあい、
命をつなぐ「ぬいぐるみ」

Medium 5fc9fd1cd668891d567d4cd3d1155a0a1124b8ef

また一緒に遊びたい──。
その想いに応えるこのプロジェクト「
Second Life Toys」は、修復が必要なぬいぐるみを預かり、もう遊ばなくなって寄付してもらった別のぬいぐるみとの間で、「おもちゃの移植手術」を行うことにより、また子どもたちと一緒に遊べるよう命を吹き込むというのがコンセプトです。

たとえば、こんな感じに。

Medium 4ba00a0e45ed24722d9a41927aea42eeb7f3d0af

鼻が取れてしまったゾウに移植したのはリスのしっぽ。

Medium 838c0d403c0550751ac19afc0f8634b196bedb8b

両腕がほつれたクマでしたが、今では力強いサルの腕が。

Medium 49e968e178d52c4a0e7eb5a907549da5279f6bd4

左耳を失ったクマには、ネコの耳が。

Medium a40c68565ac0443fdc52bd177c85f443ba8277fa

胸ヒレを失ったクジラは、シカの耳が丁度いい大きさだったようです。

Medium cf28bc5b536b694fd852d9459385a546eb75a683

ちょっと色はヘンだけど、取れてしまったとさかの代わりをカエルの手がしてくれています。

Medium 0ffb47301e4ddeb2f96e6ba56e4be0ab3895cfe7

クジラのぬいぐるみに着けられたのは、なんとコウモリの羽根。まるで空想の中の生きものみたいに生まれ変わりました。

これらは、移植手術を受けてきたぬいぐるみたちの一例。では、どうやっておもちゃとおもちゃのオペは行われているのでしょう。

おもちゃを通じた
「移植」の疑似体験

Medium 6e4abbcc6e92068ccb72ecdeec38f8143143565f

たとえばこのキリンのぬいぐるみ。破けた左前脚から綿が出てきてしまいました。でも、このキリンをとっても大切にしていた女の子がいます。また一緒に遊びたい。彼女はサイトを通じて「Second Life Toys」に修復の依頼をしました。

Medium 66e1225f0f0cb72a5b6cd9e39988e67d7381a29b

こちらは、もう遊ばなくなった子どもが「ドナー」となり寄付してくれたぬいぐるみ。女の子のキリンのために、このピンクのぬいぐるみがひと肌脱いでくれたのです。

Medium c94fa4f3a5e5713f5614460a7caba7522b26332f

スタッフの手によって丁寧に移植手術(修復)が行われ、失ったキリンの脚が新たに付け加えられました。

Medium 77710afb6b078b68e9df94ca3217089cd1f1f6f6Medium e4a4514dc3fa4e6df901b130e6cc2467cbdf11ba

もちろん、元の通りの網目模様という訳にはいきません。それでも、新たな命を宿したキリンは、無事に女の子の元へ帰ることができました。後日、女の子はドナーとして提供してくれたピンクのぬいぐるみの持ち主に、感謝の手紙を送りました。

Medium 7b4ee16a41d42340de5ee9f0e35150887848d27d

移植を待つ人間と、ドナーとなる提供者。それが「おもちゃ」というだけで、現実の臓器移植の現場と何ら変わることはない。臓器移植について親子で考えるきっかけをつくりたい。ここにキャンペーンの本当の目的がある訳です。敢えて「移植手術」という言葉を並べる理由もまさにそれ。

ドナーとレシピエント
臓器移植の実態。
まずは、知ることから

Medium 025c932ec15e1aec65fad3e9fc92f3b12f4a5913

移植医療の普及・啓発を続ける「グリーンリボンキャンペーン」のディレクター雁瀬 美佐さんは言います。

「日本では今、移植を待つ人がおよそ14,000人ほどいます。その中でも臓器提供を受け『移植手術』を行える人は、年間300人程度。わずか2%ほどの人しか救われていないという現状は、世界と比較しても、日本は非常に遅れていると言わざるを得ません」

「Second Life Toys」プロジェクトを通じて、まずは遊びの中から子どもたちにも移植への関心を深めてもらいたい、とも

ドナー提供への意識を高めるために、まずは知ることから。現在、キャンペーンサイトでは、ドナーとなるおもちゃの「寄付」と、移植によるおもちゃの「修復」希望を受け付けています。興味のある人は、こちらから。

Licensed material used with permission by second life toys
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマ...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
「VJ NAKAICHI」は、日本を代表するVJとして知られている男性です。TOYOTAやNISSAN、VolksWargen、Audiなどの展示やショー...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
湖でパパのバス釣りにお付き合いのエイブリーちゃん。愛用の釣竿は、おもちゃの「Barbie Fishing Pole」。真似ごとのつもりが、少女のロッドをし...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
メキシコの写真家、Felix Hernandez Rodriguez(フェリックス・ヘルナンデス・ロドリゲス)さんの写真は、一見映画のワンシーンのようで、...
サンフランシスコを拠点とするデザイン会社「Hero Design」。彼らがつくった“ビジネスマン向けのおもちゃ”が話題を呼んでいます。その名も「Everb...
家の近くに立っている一本の樹に強い愛情を注ぐ女性日差しが強い日にはバケツで川へ水汲みに行き、牛が近づけば追い払う。そして、いつも樹のそばにいて、最大限の愛...
ちょっと目を離した隙に・・・。そんな理由で、行方不明になる子供がどれだけいるかご存知だろうか。毎日3人の子供たちが行方不明にマレーシアでは毎日3人もの子供...
HD、全画面での閲覧を激しく推奨撮影した静止画の数なんと15万枚。それらをつなげて製作したタイムラプス作品「Slow Life」が映す海底の様子が壮絶なほ...
28歳を目前に控える、ライターJaimee Ratliff氏。ここで紹介するのは、彼女が人生を振り返って導き出した「教訓」の数々です。その内容は、仕事から...
しっかり者で真面目なイメージの長女に比べ、次女の特徴とは? 姉がいることで、何か性格に影響はあるのでしょうか。ここでは、よく見られる性格の特徴をいくつか挙...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
B型男性の特徴を「マイペース」「我道を行く」タイプと形容することがありますが、ここに「自由奔放さ」を持ち「要領のよさ」を発揮する次男の特徴をプラス。B型×...
このアニメの主人公は「死神」でした。その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。一頭のシカでした。触ってしま...