心臓移植直後。少年が放った「一言」に考えさせられる・・・

この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に記録しました。その声と表情には胸を打たれます。

「すごくうれしい。ずっと長い間待ってたんだ。また息ができる。話ができる。最高の気分だ。こんなにイイ気分は初めてだよ」

My son waking up after his heart transplant on 11-13-15... https://www.facebook.com/groups/TeamTrevor/

Posted by Philip Sullivan on 2016年1月19日

ABC News」によれば、最初に具合が悪くなったのは2014年9月のこと。フットボールの試合中に体調不良を訴えたトレバーくんでしたが、原因は分からず。それからしばらくして2015年2月、突然の心不全に見舞われました。 

gofundme」によれば、彼は地元の病院から「C.S. Mott Children's Hospital」にヘリで運ばれました。一般的な14歳の心拍数が85-100であるのに対し、彼の心拍は180-200と激しく、薬で一時的に抑えられるものの、「生きる」ためには心臓移植を受けるほかない状態でした。

いつ訪れるともわからないドナーを待ち続け、9ヶ月が経過。もう長くはもたないと予想される中、ついに移植手術を受けられたのが2015年11月。手術は成功でした。移植された心臓の状態もよく、拒絶反応もありませんでした。母親のキンバリーさんは彼の様子を見てこうコメント。

「正直、どんな状態で起き上がるのかまったく予想できませんでした。気が狂ってしまったり、痛みでもがいたり、そんな姿を想像していたんです。だけど、とても気分が良さそうで安心しました。生まれてきた時よりも嬉しかった」

臓器提供は
素晴らしい贈りもの

動画はすでに170万再生を突破。その後トレバーくん本人はこんなことを語っています。

「このビデオは本当に好きです。世界のみんなに見てほしい。きっと何かが変わります。臓器提供のおかげでどうなったか、その結果が見れるはず。どれだけの恩恵を受けたことか。ぼくの体調はもうすっかり良くなりました。今なら何でもできます。不安だってありません」

フィリップさんは、これをきっかけに恩返しの意味も込めて臓器提供が何をもたらすのかを広める活動を開始。臓器や細胞の提供を支援する慈善団体「Gift of Life Michigan」のサポートも行なっています。この動画を見た日本の人々にも、どんなに素晴らしい贈りものになるかを知ってほしいと言います。

日本臓器移植ネットワーク」で紹介されている、2010年に改正された臓器移植法によれば、書面での意思表示をした場合に加え、本人の意思が不明な場合にも、家族の承諾を得て臓器提供ができるようになりました。

「提供する」「提供しない」、そのどちらの場合もはっきりと自分の意思を表示できます。動画をきっかけに、考え、話し合うだけでも、臓器を必要とする人々のために、何か役立つことがあるのかもしれません。

Licensed material used with permission by Gift of Life Michigan
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
「VJ NAKAICHI」は、日本を代表するVJとして知られている男性です。TOYOTAやNISSAN、VolksWargen、Audiなどの展示やショー...
科学博物館にいた、見知らぬ少年へあなたが誰か知りませんが、私の息子(Kaden)と遊んでくれて本当にありがとう。Kadenが床に落ちていたボールを拾えない...
「自分の体は自分のもの」「私は私」。日々なんとなくそう思ってしまいますが、実は科学的に見ると「わたし」というのはとっても曖昧な概念なんだそうです。公開から...
「Appleが新製品を出す」となると、行列ができるのはもはや定番の光景。そして、そこにインタビュアーが駆けつけるのも、お決まりの流れですよね。「いつから並...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...
2013年3月、ベンくんは3歳で前駆B細胞急性リンパ性白血病と診断されました。母親はインターネットで闘病の経過報告をしながら支援を募っていましたが、ついに...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
誰だってウンチはする。それが何かの役に立つかも、なんて考えもしないだろう。しかし毎日トイレに流されてしまうウンチの持つ、意外な価値に注目したプロジェクトが...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...