ガン・HIV・糖尿病など。あらゆる難病を治す奇跡の薬草医「Dr.Sebi」って、本物?

あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病を完治させた、と言われている。本当にそんなことがありえるのだろうか?

しかも、彼がこれまでに治したと言われている病気は、糖尿病・性病・双極性障がい・鬱病・ADHD・逆流性食道炎・薬物中毒など多岐にわたる。さらに、彼の治療を受けた著名人も少なくないというから驚きだ。

「マイケル・ジャクソン」に、TLCのメンバー「レフト・アイ」、バスケットボールプレイヤーの「マジック・ジョンソン」、俳優の「スティーヴン・セガール」「ジョン・トラボルタ」「エディ・マーフィ」などなど…、あくまで彼がインタビューで語った内容ではあるが、これまでに多くの人物が彼の元を尋ね、治療を受けたという。

誇大広告で告訴されるも
70人の証人を呼び「無罪」に

150813_cure-all-desease

では本人の経歴はどうなっているのか。1988年に遡ると、彼は「どんな病気でも治せる」と新聞広告を出したことを理由に告訴されている。やっぱり偽物じゃないか!とも思うが、その裁判の内容には驚いてしまう。

彼は法廷でそれぞれの病気ごとに証人を立てるよう要求されたが、その結果70人もの人を集め、複数の患者を完治させていることが証明され、裁判所側も無罪判決せざるを得ない状況にしてしまったそうだ。

つまり、彼は広告を出す以前から多くの人々に知られた存在だった。ただ、そんな治療法が本当にあるとは到底思えないのだが…。

ハーブ・野菜・フルーツで
AIDSも治る!?

1988年当時の「The New York Amsterdam News」の記事や、動画に含まれているCBSの報道の中で彼はこんなコメントを残している。

「化学物質なんて要らない。細胞を浄化することでどんな病気だって治せる。ハーブを調合したものや新鮮なフルーツ、野菜などを用いたアルカリ性の食事療法で、細胞の増殖を抑えて新しい細胞を増やす。そうすることで自然治癒力を高めることができる」

信じられないことだが、CBSによれば彼は実際に1993年にもAIDS患者の治療を行い、2ヵ月程で完治させているという。

ホンジュラスに治療村を持つDr.Sebiについて、動画ではTLCの「レフト・アイ」本人が治療を受けた時の体験を語っている。生まれ変わったかのように短期間で症状が改善したそうで、彼の存在を世に広めようと活動を行っていたようだ。

彼の治療村についてはホームページでも確認することができる。その信憑性は定かではないが、インターネット上には彼の医療の非科学的な要素を批判する意見や、その反対に実際に彼の製品を使った後に糖尿病が治ったとコメントしている人もいる。

Licensed material used with permission by soulspot

WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
5歳の女の子、ジュリアンナちゃんは、シャルコー・マリー・トゥース病(CMT)の患者でした。治療法は見つかっておらず、末梢神経障害による筋力低下や感覚低下が...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
「鬱病=黒い犬」心の病を患っている人の精神状態や葛藤を、犬になぞらえて表現した動画があります。たとえるならば、鬱病は「黒い犬に体を乗っ取られたようなもの」...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られてい...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
なんとも不思議な見た目の透明な器ですが、実はこれ「ガン発見器」なんです。2013年のDutch Design Weekにも出展されていたもので、中に息を吹...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
総合旅行サイト・エクスペディア(Expedia)が、セント・ジュード小児研究病院で小児ガンとたたかう子どもたちの「夢の冒険(Dream Adventure...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
フィンランド人男性Janne AntinさんはHIV感染者のひとり。ヘルシンキの広場でサインボードを自作した彼は、両手を広げて目を閉じました。彼の両脇には...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...