「注射いらず」の新しい糖尿病用パッチが臨床試験へ。貼るだけで血糖値のコントロールが可能に

糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。

しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだけで血糖値のコントロールやインスリンの投与が可能になり、これまでの患者の負担が大幅に減るそうだ。

85singo_smart insulin patch 2

インプラント用の生体材料を使用して作られた、1セント硬化ほどのサイズのパッチは、100本の細かい刺がある。その中には顕微鏡でしか見えないサイズの容器があり、中にインスリンやグルコースセンサー(血糖値を計る酵素)が含まれている。

パッチを貼ることで酵素を体内に送り込み、血糖値が上がり過ぎないようにコントロールすることができる仕組みだ。

1型糖尿病のマウスで行った実験では、最大9時間血糖値を抑えることに成功した。人間での臨床試験が成功すれば、1日に何度も注射を打たなければならない人々の日常が劇的に変わると言われている。

スマートインスリンパッチとも呼ばれている新しい製品の開発に携わったJohn Buse氏からはこんなコメントが。

「糖尿病で一番大変なのは、注射や血糖値のチェック、ダイエットではない。そういう作業を1日に何度もしなければならず、それを一生続けなければいけないところだ」

Licensed material used with permission by University of North Carolina School of Medicine

検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
血管の位置が分からずに、注射を何度も打たれて“注射嫌い”になった人もいるのではないでしょうか?でも、そんな経験ともオサラバ。これからは、注射の失敗がゼロに...
2015年、タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人のリスト」に、31歳の女性エリザベス・ホルムズの名前が掲載された。しばしばビル・ゲイツやスティー...
1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
ショットを囲めば一気に盛りあがれるメキシコ育ちの陽気なお酒「テキーラ」。おそらく健康のために飲んでいる人は少ない。しかし、実は数々の研究結果が発表されてい...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
よく悪い病気には必ず兆候があると言われます。あなたに向けて身体が発する、このSOSに気づくか否かは、大病を未然に防ぐという意味でも大切なこと。ライターSa...
ノースカロライナ州立大とノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究者が新しい「貼り薬」を開発した。絆創膏のようなゴム製のパッチに薬品が含まれており、肌に貼る...
本職はナースで、夜のシフト前の時間をうまく活用し、注射器で絵を描いているKimberly Joy Magbanuaさん。患者さんを含む多くの人の心を魅了し...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...