コーヒーが糖尿病を防止するってホント?

糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました。

ギリシャ・アテネにあるHarokopio大学が毎日1.5杯以上コーヒーを飲む習慣のある18歳以上の男女1,400人以上の人々の生活を10年にわたり調査した結果、彼らが糖尿病および炎症性疾患に苦しむ割合が、飲まない人よりも54%低かったそう。「European Journal of Clinical Nutrition」に発表されています。

ここでは調査の結果を含めコーヒーに糖尿病予防効果が見込めるのか少し考えてみます。

コーヒーは
糖尿病予防に効く?

Medium 4411edb352e47b9eeb720d65a8acad4e845bf5c9

今回発表された調査対象のコーヒー摂取量は大きく分けて3つに分かれていました。それぞれ血液検査、タンパク質の炎症マーカー、抗酸化レベルの測定を実施。割合はそれぞれ以下のとおり。

①1日1.5杯未満、816人。

②頻繁に飲む、385人。

③全く飲まない、239人。

調査は2001年から始まり、男性13%、女性12%が2012年までに糖尿病を発症。全体では、191人が糖尿病の徴候が見られました。

結果的に、コーヒーを飲む習慣がある人はそうでない人に比べ、54%も糖尿病を発症する割合が低いことがわかったそう。

さらに、家族の遺伝学、高血圧、喫煙習慣などなど、他の要因を除外して分析を行いました。が、またしても同じ結果に。具体的な効能についてはさらなる調査が必要とされていますが、やっぱりコーヒーが大きな役割を担っているのでしょうか。

ただし、
砂糖やミルクには要注意!

Medium ca9fd4266549ef742461569dde24969f3657fa58

とはいえ、研究者はコーヒーの酸化防止効果や抗炎症特性が、限定されたものであることを指摘しています。注意しておくべき点として、砂糖やミルクを入れてコーヒーを飲む人ことが糖尿病や体重増加、酸性症を積極的に促進させることも見逃しがち。

砂糖やクリームがたくさんのったコーヒー飲料は、含まれている砂糖量が1日当たりの推奨摂取量よりも400%近く多いことも珍しくないのだとか。

米国医師会も認めた?
飲めば飲むほど予防に…。

Medium 6821d38499cd6af48bc917b11e6ad035d3d26b88

コーヒーと糖尿病の関係性を検証した調査はこれが初めてではありません。2004年、米国医師会誌(JAMA)に掲載されたフィンランド国立公衆衛生研究所の調査結果では、35~64歳の男女約14,600人を調査した結果、コーヒーを1日3~4杯飲む男性で27%、女性で29%と糖尿病の発症率が減少。

さらに、1日10杯以上飲む男性では55%、女性では79%もの発症率の減少が見られました。やっぱり予防策としてコーヒーは期待できるかもしれません。

その他にも、2005年にハーバード大学(HSPH)による調査でも同様の結果が発表されており、類似する研究論文は数百件にも及ぶと言われています。

もちろん発症している人は専門家の判断を仰ぐ必要がありますが、少なくとも予防策の一つとしてはかなり有効かも?コーヒー好きの人々にとっては嬉しいニュースかもしれませんね。

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
これまでにも何度となく、コーヒーの隠れざる効能を紹介して来たTABI LABO。適度な摂取は健康に良いという事実が、次々と明らかになっている。そしてまた、...
1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
「眠り姫病」。その過酷な症状とは?「眠り姫病」(Sleeping Beauty syndrome)と呼ばれる病気がある。おとぎ話の『眠れる森の美女』を思い...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
ローストしたコーヒー本来のうまみを味わう、ごく一般的な飲み方のほかにもうひとつ、コーヒーに他の素材をブレンドし、付加価値をつけるスタイルが登場したのがここ...