【悲報】即席ラーメンの麺は、心臓発作・メタボを引き起こす!?

カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。

でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺が心臓病や脳卒中へと繋がるメタボリックシンドロームのリスクを向上させていることがわかったとか。気になるその内容とは?

01.
他の食事や運動に
気を使っても…

shutterstock_255394117noodle150923-02

一部の即席ラーメンに使われている乾麺には、「TBHQ」という酸化防止剤が使用されているものがあります。それらは石油から抽出されており、食品の製造コストを下げるための食品添加物として用いられてきました。

米・国立生物工学情報センター(NCBI)に掲載されたJournal of Nutrition」による調査では、乾麺を食べる人々はその他にどんなものを食べているかや、どのくらい運動しているかに関わらず、メタボリックシンドロームに陥りやすい傾向がありました。高血圧や血糖値が高く、心臓病や脳卒中、糖尿病の発症リスクも高かったのだとか。

02.
発がん性物質があることも?

shutterstock_142205710noodle150905-03

麺のタイプは主に2種類。アジアでは主流のフライ麺と、熱風で乾かすエアドライ製法による乾麺がありますが、中にはベンゾピレンという発がん性物質の含有が指摘され、リコールされたものもあるようです。

World Instant Noodles Association」によれば、特に中国ではインスタント麺の消費量がとても多く、健康被害への関連性も高いと見込まれています。ちなみに、日本は消費量で第3位とされています。

加工食品は長期保存できるように大量の糖分と塩分を含んでいます。アメリカで行われた大規模な調査でも、週に2回以上乾麺を食べる人はメタボリックシンドロームになるリスクが高かったそう。しかも、同様に普段の食事が健康的かどうかに関わらず、結果は変わらず。さらに、運動をしていても同じでした。

ちょっと考えちゃいますね…。

Licensed material used with permission by Complete Health & Happiness

最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本中を席巻したラーメンブームがニューヨークに上陸して、早数年。その勢いは未だとどまることを知らない。しかしその30年以上前から、ニューヨークのみならず全...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
台湾の牛肉麺を知っている人でも、「番茄」入りはあまり目にしたことがないかもしれません。番茄とは、トマトのこと。「なーんだ、それなら」という人も、実際に現地...
細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
孤独を感じていたり、社会的に隔離された状態にいることが、フィブリノゲンという血液を凝固させてドロドロにする成分の分泌に関係していることがわかりました。その...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
男女の平均寿命が「84歳」と、世界一の長寿大国を誇る日本(2015 WHO調べ)。その要因を一概に語るのは難しいですが、「健康的な食事」が理由のひとつかも...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
幼少期に十分な睡眠をとらないでいると、肥満のリスクが高まるという研究結果は、以前から問題視されてきたこと。けれど夜更かしを自業自得、とただ本人のせいにして...
多くの遊牧民が建国にたずさわったキルギス。現在では定住者も増え、首都ビシュケクの近代化が進んでいます。いっぽう、遊牧生活時代の文化が色濃く残っているのが料...
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...