イギリスで人工血液の臨床試験開始が発表。献血はもう要らなくなるの?

イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。

NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取した幹細胞を赤血球に変える研究を長年に渡り行ってきた。が、今年に入り、人間に輸血できる品質と安全基準をクリアしたことを受けて、本格的な臨床試験に踏み出すことを決めたという。

85singo_shutterstock_101803312

輸血液の不足を補え、
どんな血液型でも対応可能!

今、世界的に輸血用血液は不足している。輸血と聞くと事故や手術の緊急時が頭に思い浮かぶが、日常的な救命措置用としてはもちろん、災害などの有事に備えた血液の確保も求められている。しかし、血液は長期保存ができないため、年間を通して安定した献血協力が不可欠な状況だ。

もしも人工血液が実用化されれば、献血に頼らずに安定した量の血液を確保できる。さらに、血液型に関わらず輸血ができる点や、感染症などのリスクを軽減できる点にも期待がされている。

献血は不要になる?

85singo_shutterstock_50423617

ただし、仮に人工血液が実用化されたとしても献血が不要になるわけではない。現在の献血システムでは、赤血球の他に血小板と血漿を採取しているため、血液だけが実用化されたとしても、血小板や血漿の供給が同時にできなければ、需要をすべてカバーすることはできない。

さらに、コスト面の課題も残っている。これまでの研究結果では、すべての輸血需要に応えられるような大量生産が難しいとも言われている。私たちは人工血液の研究成果を喜ぶと同時に、あらためて献血の重要性を認識する必要があるわけだ。

NHS研究チームのアシスタントディレクター、ニック・ワトキンス博士はこう語る。

「この実験では、人工血液と献血された血液を比較することができる。献血をなくすことは最終的な目的ではない」

まずは臨床試験の結果に期待だ。

Reference:NHS

もうドナーを待つ必要がなくなるかも?そんな可能性が感じられるニュースが、アメリカ科学振興協会が運営している科学誌「EurekAlert!」に掲載されました...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
不老不死を望む人が果たしてどれだけいるかは分かりませんが、アンチエイジングとなれば話は別でしょう。「若返り」──その核心を求めて、世紀をまたいだ科学者たち...
糖尿病患者は、血糖値が上がりすぎるのを防ぐために注射を1日に何度も打つことがある。しかし、ノースカロライナ大学が新しく開発したこのパッチなら、皮膚に貼るだ...
2016年2月1日。「WHO」は、温暖地域を中心に拡がるジカウイルスが、米国で確認された小頭症やギラン・バレー症候群の発症例に強く関連しているとして、緊急...
マサチューセッツ総合病院の研究チームが、移植に適した人工の手足の開発に向けた“最初のステップ”をクリアしたと発表した。これはロボットアームなどのインプラン...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
2015年10月5日、Facebook社のマーク・ザッカーバーグCEOは「全世界を繋ぐ」との言葉と共に人工衛星「AMOS-6」の打ち上げをアナウンスした。...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
血液型での恋人との相性診断はよく話題になりますが、「血液型」だけでなく「兄弟構成」も踏まえた場合はどうでしょう?300万人のカップルたちが使用するスマート...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
以下、使い方が動画で見れます。その手軽さは驚き。針がとても小さいため、痛みをほとんど感じないそう。カートリッジは一つで3カ月ほど使用できるようです。肝心な...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
「なんで私だけこんなに刺されるの?他の皆は全然刺されてないのに!」と思っている人、多いかも。「Mental Floss」の記事によると、実際に約20%の人...
ご存知のように、冷え性は血の巡りが悪くなることが主な原因。とくに、この時季は悩んでいる人も多いはず。そこで、役に立つかもしれない情報をご紹介。「Littl...