あの「野菜」が、心臓の組織になるだって?(米・研究結果)

細胞から新しい臓器を作り出す再生医療は、ひと昔前では考えられないほどの進歩を遂げています。

そしてこのたび、意外な素材から人間の心臓を作り出す研究が、米・ウースター工科大学よりリリース。その素材が、ほうれん草

Medium 53ad2a68ac8855162ecd95b49e25950b06c9b427

ほうれん草の葉脈を
血管に活用

Medium 9fba89f3ed49e091da9658271980cdbb72aedec7Medium cc6804a4b12a53cb7aa4586e2c7a63bf6448462b

人間の組織をつくる研究は急ピッチで進んでいますが、大きな組織はまだまだ困難だとされてきました。その理由のひとつが、酸素の供給です。

仮に組織そのものがつくれても、全体に血液を行き渡らせるようにするためには、非常に複雑な構造を構築しなくてはなりません。

この研究では「ほうれん草」の葉脈に細胞を付着させることで、葉脈の形に血管を形成し、満遍なく血液が行き渡るようにしたのです。

「心不全」などの
治療に期待

Medium b899883b161fb723007de364c1f354501ee24940

血管をイチからつくるのが難しいなら、あるものを活用すればいい、という確かに論理的かつ合理的な方法ですが、それにしてもほうれん草とは、すごい発想力。

この技術が確立されれば、健康な心臓にほうれん草の葉を重ねて血管を形成することで、心不全の患者を治療できるようになる可能性がある、とのこと。

まだまだ研究段階だそうですが、実用化されれば多くの患者が救われるかもしれません。ほうれん草を育てた農家も、まさか医療現場に使われることになるとは思ってもいないでしょうね。

Licensed material used with permission by Worcester Polytechnic Institute
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
カップ麺やインスタントラーメンって、手軽で便利で美味しいのでついつい食べすぎちゃいますよね。でも、ベイラー大学とハーバード大学の調査の結果では、一部の乾麺...
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
ストレスは思われている以上に危険だ。精神疾患だけでなく、死に直結する様々な病気の発症リスクがあるとされる。では、具体的にどんな病気のリスクがあるのだろうか...
初めて子どもの歯が抜けると、上の歯は軒下に、下の歯は屋根に放り投げる。こんな風習があったのも今は昔。最近では、「へその緒」のように乳歯用のケースまで存在し...
2014年10月24日、シドニーで世界初の「死んだ心臓」の移植が成功した。この心臓は蘇生される前に、約20分間にわたり機能を停止していた。これまで、移植に...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
「1日にたった10分でも豊満なおっぱいを見ることで、30分間エアロビクスを行ったことと同じ効果が期待できます」そんなコメントが、スコットランドのタブロイド...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられて...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
「ScienceAlert」に、オランダのヴァーヘニンゲン大学の研究者が行なった実験の結果が紹介されました。火星の土壌に近い環境下で10種類の作物を栽培す...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...