大人と子ども、どっちが幸せ?

大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。

年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても大人になったからといって単純に幸せになるとは限らないようです。

大人になるにつれて
幸福度が減少…。

838596666b714de21bad4c36e40c23be55dd1a12

SPPS」に掲載されている調査によれば、どうやら1970年代前半までは大人のほうがより幸せを感じていたそうです。

が、徐々に社会性が失われ個人主義になっていったことが孤独感に影響したり、モノが増えたことで反対に喪失感を味わう機会も増加。結果として鬱や不安を感じる人も急増することに。

特に孤独感に関しては、2014年の結婚率が史上最低だったことが人間関係の希薄化を表す要素としても象徴的。結婚が幸福なことであるという認識自体が薄れていることも影響しているのだとか。

近年では30歳以上の人々の幸福度は若い世代に比べて低い傾向にあったそうです。大人になるに連れて悩みの種が増えていってしまうのは事実としてありそうですが、なんだか先行きが不安になる話でもあります。

幸せな大人とは?

145bf752e35f66f951c64d5f654830f691a61735

とはいえ、大人にもいろいろ。幸せを感じている人も大勢いるものです。では、幸福度を保つ秘訣は一体どこにあるのでしょうか?

調査による分析では、幸福は友達関係や健康、そして職場での活躍に大きく関係していると考えられています。

ありがちですが、大切なのは仕事や好きなことに打ち込み、社会の一員として達成感や満足感を得ていること。また、定期的な運動やバランスの良い食事で身体の健康を保つことというシンプルな答えに行き着くのかも。

Shape」は、特に誰かのサポートをすることや恋人の存在が幸福度に大きく貢献している点に着目。理解してくれるパートナーがいること、そしてお互いのことを思いやっている状態もまた大事なことかもしれません。

"夢"が関係している可能性も

Cacab381754f3bbfef28ff9826cc7cfdfc897798

冒頭で紹介した調査は、13歳から96歳までの人々130万人を対象に、「とても幸せ・まぁまぁ幸せ・そうでもない」の3つから回答を選択してもらい、その結果を年代別に比較、分析したもの。

The Atlantic」は、なぜ大人になると幸福度が下がるのか、この結果ではっきりとは理由づけることはできないとコメントしていますが、10代から20代へと年齢を重ねていくにつれて幸福度が下がっていくことから、夢と現実の違いに気づき始めたのでは?なんて意見も。

ちなみに、過去の調査では収入が高くなるほど幸福度が低くなる傾向も見られたそうです。その点、大人になったからといって幸せを感じるわけではないというのは、ある程度頷けるかも知れません。考えさせられますね。

Reference:SPPS, Shape, The Atlantic
幸福度の高い子どもを育てるには?また、その後もハッピーな大人に育つには?じつは、ある大事な法則がありました。「inc.com」の人気ライターJeff Ha...
2015年12月25日(金)、サッカー日本代表の本田圭佑が『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』にてイベントを開催。子どもたちと一緒...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
一般的に「子どもっぽい」という表現は、ネガティブな使い方をされるもの。社会に受け入れられたければ、大人のように振る舞うことが求められます。しかし、ライター...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
もしもタイムマシンがあったら、子どもの頃の自分に何を伝えたいですか?そんなドラマや漫画がたまにありますけど、一度本気で考えてみるのもありかもしれません。大...
にがくて、とてもじゃないけど飲めなかったブラックコーヒーが、いつの間にか手放せなくなっていたり。誰かが作ってくれたというだけで、ごはんがものすごく美味しく...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
タイムマシンがあって、子どもの頃の自分にアドバイスができるとしたら、あなたはどんなことを伝えたいですか?恋愛や人間関係のアドバイス、大人になったからこそ気...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
この漫画は、アーティストを目指すひとりの少女の物語。ゆくゆくは成功を収める彼女も、努力をするきっかけには、子どもの頃に出会った先生からの「励まし」がありま...
私はかなり空想しがちなほう。人と話していようが夜道を歩いていようが、所構わずどうでも良いことを思い浮かべてしまっています。しっかりしている人から見れば「ね...
たくさんの子供を産みたいとは言うけれど・・・子供を持とうとしている親にとって、いつ子供を産むのか、そして何人産むのか、ということは、重要な問題だ。そのヒン...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
ビジュアルは完全にあの名車。でも、実はこれ、ポルトガルのCircu社が開発したもの。あれ、VWじゃないの?屋内に設置されているところを見ると、どうやら通常...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
小さい頃、とても大切にしていたぬいぐるみ。ときには話しかけ、そのおかげで落ち着いたり、励まされたという人も多いのではないでしょうか。じつは「ぬいぐるみ」は...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...