子どもの「お絵かき」を身につけるしあわせ。世界にひとつのジュエリーを作りたい

まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝ものを開くようにして見せてくれました。

親となった今、子どもの描いた“思い出”の残し方として、こんな素敵な方法があるのだなと知りました。

思い出の「絵」を
身につけるしあわせ

Cd2cfdae6ba370573c5663f42fb49d77496e80cd

トルコ人アーティストのYasemin Erdin TavukçuさんとOzgur Karavitさんは、それぞれ娘、息子を持つママ。彼女たちが作るジュエリーは、この世に2つと存在しないとっても素敵な作品。なぜなら、子どもたちが描いた、世界でたったひとつの絵をモチーフにしたものだから。

もちろん大切な思い出が風化していく訳ではありません。けれど、額装したりアルバムとして残しておくという選択肢ではなく、ジュエリーにして常日頃から身につけることができるのって、すごく良いアイデアだと思いませんか?

1a383589ee5803cafbf5f88782fcabe5c4e623e2

ペンダントトップやチャームに、愛する我が子の描いた絵。

子どもの創造力をカタチに

463a10847e4e02a1fb3f664fd56dd40d36046bde92b5bf917c13b30bdfc6a684ee06b440592ed8ea

5年ほど前から子どもたちの創造力を伸ばすアートプログラムの現場で活動していたYaseminさん。彼女は、絵を描くことが子どもたちの創造性や、自己表現の源となると話します。金細工を専門とするアーティストÖzgürさんとともに、子どもの絵をベースにしたジュエリー制作プロジェクト「TasarimTakarim」を2015年に立ち上げました。

「だって、自分の子どもの作品を身につけるって、親としてこんなに幸せなことはないでしょう?」

336ea42472d77fd2e21c98ad5f7ffa0af96a7638Be7f5d6ccbdb5285c98c288002f1de9c3427bef40ff4f3054c35f2b4aa34b13a9cd45b34c1e72bb57a44f64d2d0f456b7c7f9f425af4bd87af8cbfea3d35268e08aa6255cff3927de41eb8a5da3d6dea2f2a9330a5f5f81ee797c95559ea02a63afdbc560094c0047790437a99f123a51771d9c9a3d4233c

シルバーの他にもゴールド、ホワイトゴールド、ローズゴールドが選べます。ネックレスだけでなく、ブレスレット、ブローチ、カフスボタン、さらには卓上オブジェなどオーダーメイドが可能。

5b1fae6e9625a76873ce5d8d965065422b3585b2F388d2c2964c6a2a1a579a6bb10d91cc2995871e

我が子の発想をひとつひとつ丁寧に、忠実に再現されたジュエリーは一生の宝ものに。

キレイな化粧箱に入れて届けてくれるこのサービス、じつは「Etsy」を通じて世界中どこからでもオーダーができるんです。サイトから依頼をして、TasarimTakarimとコンタクトを取ったら、あとはデザイン画を送るだけ。

80fc69ff7a100b1568f826fad0f00efec40eda77

サイズやマテリアル、ジュエリーの種類によって価格は異なりますが、シルバーのペンダントで112ユーロ(約14,000円)ほど。

成長に応じて絵のトーンも質感もどんどん変化していく子どもたち。その時々でしか表現できない彼らの感性をカタチとして留めておく。今度は、どんな絵を描いてきてくれるかな?パパ・ママの楽しみがぐんと広がりますね。

Licensed material used with permission by TasarimTakarim
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
突然ですが、ひとつ質問を。プレゼントされた指輪や自分で買ったネックレス。中身を取った後のケースってどうしていますか?ほとんどの人は「引き出しの奥底に眠って...
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
かわいい笑顔を見せてくれるのは、米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん。まだ、7歳の彼女は、今年のはじめに「脱毛症」と診断されました。その影響に...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
子どもが不機嫌になって泣くと大人は叱りつけ、失礼な態度をとると注意する。よくよく考えると、私たちだって同じことをしてしまうことはあるのに、どうして子どもだ...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
結婚と子どもをもつことは、ほぼセットで考えられている。子どもはいるかいらないか、いるとしたら何人いるか、育てるにはお金がいくらかかるか…その都度、夫婦間で...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
総資産額は9兆7,000億円と推定されているにも関わらず「マクドナルドとバーガーキングが大好きだ」とざっくばらんに語り、親近感すら覚えてしまうビル・ゲイツ...
子どもの成長はとにかく早い。すぐに服のサイズが合わなくなっちゃうから、ほとんど使い捨て状態になってしまうことも…。だからと言ってそのたびに買い換えるのはお...