じぶんが描いた、魚の絵が泳ぎ出す「お絵かき水族館」って知ってる?(動画あり)

チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコンテスト「Design for Asia Awards」において「Technology Award」および「Category Awards Winner ”Gold Award”」を受賞。世界から熱視線を浴びるウルトラテクノロジスト集団が、またひとつ新たな勲章を手に入れた。

紙に描いた魚たちが
巨大な水槽で泳ぎ出す!

縺顔オオ縺九″豌エ譌城、ィ_R

今回は、改めてこの「お絵かき水族館」を紹介しよう。

まず、子どもたちが紙に自由に魚の絵を描く。その後、それを特殊なスキャナー「ScanSnap」で読み取る。すると、目の前の巨大な水族館でその魚たちが泳ぎ出すという仕組み。

描いた魚に触ることもできるが、触られた魚は一斉に逃げてしまう。加えて、“餌”をあげることだって可能だ。

現在、このアトラクションを体感できるのは、埼玉県のららぽーと富士見および、神奈川県の新江ノ島水族館。後者ではナイトワンダーアクアリウム2015」と題した、魚とデジタルアートが織りなす幻想的な空間が演出されており、大きな反響を呼んでいる。

ちなみに、7月から開催されている「ナイトワンダーアクアリウム2015」だが、実は11月より“クリスマス演出”が開始されている模様。3種類のウミガメを眺めるサンドアート映像「ウミガメの夢 ~海からのプレゼント~」や3Dプロジェクションマッピングを使ったオリジナルクラゲショーなど、魅力的なコンテンツが追加されているようだ。すでに足を運んだあなたも、再度、“夜の光の水族館”を楽しんでみては?

Reference:新江ノ島水族館
Licensed material used with permission by teamLab

いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
特売でお肉やお魚をたくさん買い、小分けしたり冷凍して使うことってよくありますよね。しかし、一度冷凍してしまうと、色が悪くなったり、臭みが出たり……さらには...
先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。...
にわかには信じがたい事実が、英国オックスフォード大学と豪州クイーンズランド大学の共同研究によって明らかになりました。え…、魚が人の顔を覚えているって?「E...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
佐賀県武雄市の御船山楽園で、「かみさまがすまう森のアート展」が開催。チームラボと資生堂がコラボしており、プロジェクションマッピングを用いて、「生命の連続」...
世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなること...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
お鍋の季節に活躍する魚の代名詞といえば、タラ。淡白な味でどんな料理とも合わせやすいはずなのに、いつも鍋モノばかりになってしまう人。こんな料理はいかがでしょ...