京都水族館で開催中!体験型アート『雪とくらげ』が美しい・・・

ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法となりつつありますが、京都水族館では、雪とクラゲがコラボレーションしています!

冬の京都の自然美と
海の生物が融合した水族館

クラゲゾーン投影後(メインビジュアル文字無し)

画像は、京都水族館のクラゲゾーンで現在開催中の「四季を楽しむインタラクティブアート」の第一弾。冬を楽しむインタラクティブアート『雪くらげ』の展示風景です。
ミズクラゲの展示スペースに、雪景色をまるまる投影。水槽内をたゆたう優雅なクラゲと映像が調和した空間は、水族館にいることさえ忘れてしまいそうですね。

インタラクティブビジュアル

そもそも、インタラクティブアートとは、鑑賞するだけでなく、観客が参加することで完成する芸術作品のこと。この『雪とくらげ』も人の動きに合わせて、壁や床に投影された映像が刻々と変化する演出が見どころ。
たとえば、降り積もった雪の上を実際に歩いたかのような足跡がついたり、上の写真のように足跡が波紋となって広がるなど、水槽の中だけの世界から飛び出し、空間全体を楽しむことができるようです。

古都に降る雪をイメージした
オリジナルのアロマ香も

jellyfishinkyoto160105-02

このほか展示スペースでは、京都の歴史ある町並みに降るしなやかで柔らかい雪をイメージしたオリジナルアロマの香りが楽しめるそうです。リリースによれば、瑞々しく華やかで、白粉(おしろい)を思わせる甘い香りなんだとか。

また、映像とともに流れる雪景色をイメージした音楽は、ミズクラゲの拍動をベースにリズムを取るこだわりよう。きっと、ゆったり静けさ漂う旋律なんでしょうね。

スクリーンショット 2016-01-05 10.10.32

ちなみに、クラゲゾーンにはミズクラゲのほか、こんな色鮮やかなクラゲたちも。

冬を楽しむインタラクティブアート『雪とくらげ』は、3月13日(日)まで開催中。営業時間等の詳細はこちらから。真冬の京都の楽しみに立ち寄ってみては?

Licensed material used with permission by 京都水族館 , yo426co

蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
今年3月、マリーナベイ・サンズのアートサイエンス・ミュージアムに、1,500平米もの巨大な常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEE...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...