「京都観光は5回以上」という人だけに、薦めたい宿

「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる。新しいスポットだって続々登場している。何度訪れても楽しめる、それが京都だ。

そんな京都という街だからこそ、あえて「5回以上訪れている人」に向けて、宿を紹介したい。

華美な装飾はなくとも、
こだわりが詰まった
本物の「町屋」

Medium af2382b79f2e68858aa0fa1daa83d3a5ff58e5fa

町屋は日本の古い都市文化が凝縮された、コンパクトな住まいだ。喜ばしいことに、京都のみならず全国の都市には少なからず江戸の風情を残す町屋が残っている。ただ、町並みそのものが観光スポットになっていたり、宿泊施設として整えられていることも多い。

それはそれで素晴らしいことなのだけれど、今やほとんどの町屋は、本当の意味での住まいじゃなくなっちゃっているわけだ。

その点において二条城近くに位置する『RAKUTOKO』はリアル。「SAKURA」と「UME」と名付けられたたった2部屋だけのこの宿は、Airbnbで貸し出されている。

現代的な機能を備えてはいるものの、それは宿泊者向けじゃない。オーナーがいつか自分自身が暮らす家、としてリノベーションしたものだ。だから『RAKUTOKO』には華美な装飾が存在しない。その代わり、こんな家に暮らしてみたいなあと思えるような、空間になっている。

Medium 0a98300f00481bec999815565ae05fc47b42d837Medium 59c2554a33e3a0baa415a7ea2e8d8390314aefe8Medium 23394d1a22d1376d29776a55d01879f81c75940eMedium 0af3d4aba4dd84eaa5581733f848b97721375086

まずは1階から、玄関と居間。宿としてみると少し簡素かも。でも、(京都町屋の)住まいとして見れば、とても落ち着いた部屋。

生活感のある電化製品などは極力控えたミニマルな空間は、“住み心地”が良さそう。

Medium 47f4519e20abbc55643db1e951798c58f9acba7fMedium 9e2efabf92ed068cda36ede3d28074002831ec46

居間の奥の戸を開ければ、現代的なキッチンが。洗面所やお風呂も、木の素材を活かしながらも、ちゃんと機能的に。

このあたり、長期滞在を考えている人なら気になるところでは?

Medium 47c74273b837a46a60942c501309a506117ad70aMedium e99dee789aab90ff8732f593565dc4125983a35aMedium 3141f44b10d5c02d8c756945fa7273c5c602dcdc

「UME」の寝室のモチーフは、もちろん梅の花。

注目は引き戸の和紙と天井の古い建材だ。

伝統的な京から紙が使用されている襖は、高級旅館の部屋にも引けをとらない上質なもの。ロフトにいかされた建材が醸し出す雰囲気も、ここが歴史ある建物であることを感じさせていい。

見せるためのこだわりじゃなくて、あくまで、暮らしの中のこだわりだからこそ、さりげない。

Medium 3af44abe84e2e565af78f3117d0af3302ebf4a0aMedium 3360ea0b885a7f20e925ef71b532c6225383cb4eMedium caea155abd29f840a843c52cf85aa6f0aa2546b0

現在、予約のほとんどは外国人
だけど……

Airbnbの『RAKUTOKO』のページを見ると、レビューのコメントはほとんどが外国人。Airbnb自体のユーザーの傾向もあるだろうが、どうやら「Kyoto、machiya」というワードに惹かれるのは現在のところ外国人観光客が多いようだ。

国内でも民泊は盛り上がりを見せているし、「暮らすように旅する」(あるいはその逆!)というスタイルを楽しむ人も増えてきている。

正直、観光客としての利便性や快適性だけを追求するなら、ホテルや旅館のほうがいいかもしれない。チープにいくなら片泊まりの宿を利用するっていう手もある。でも、5回目以上の京都観光なら、ゲストとしてじゃなくて、暮らすように京都を堪能したいという欲も芽生えてこようというもの。

そういう人には、ぜひ『RAKUTOKO』をお薦めしたい。

興味のある人は下記でチェックを!

「RAKUTOKO SAKURA」
「RAKUTOKO UME」

どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
グラフィックやテキスタイル、ファッションのための色見本帳を提供している、PANTONE。そのPANTONEが発表した、2017年のカラーは「緑」です。自然...
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
マンガやアニメを通じて日本の弁当文化が注目されています。フランスを中心にヨーロッパではブームで、なんでも“BENTO”として辞書に載るほどなんだとか。ここ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
新宿にできた、新しいAirbnb東京オフィスのワークスペースが発表されました。同社といえば、サンフランシスコ本社の倉庫を使った4階建吹き抜けオフィスが話題...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...