【閲覧注意】空腹のシャチの前を歩く「鳥」。待っていた、悲惨な結果とは?

サンディエゴの水族館で撮影された映像に注目が集まっている。
シャチが餌用の魚を使って、鳥をハンティングした瞬間をとらえたものだ。釣りをしているかのように、鳥をおびき出して、丸々口の中に入れる様子が捉えられている。

もしかしたら
気分を害する人も…

YouTubeの紹介文には、「もしかしたら気分を害する人もいるかもしれないので、映像を見るかどうかは自己判断で」と書かれているが、この注意書きは決してシャチが鳥を捉えた瞬間に対してコメントされたものではなかった。

ハンティングの後のシャチの行動を動画の紹介文は「丸呑みにした」ではなく「遊んでいる」と説明している。一体どういうことなのか…、動画で確かめてみるといいかもしれない。

※気分を害する可能性があるため、閲覧は自己責任でお願いいたします。


食べる目的以外でも
シャチは動物を殺す

動物の行動として非常に興味深いのは、シャチが鳥を殺した後に食べるわけでもなく、まるで遊んでいるかのように振舞っている様子だ。

アメリカ国立海洋局の野生生物学者、Brad Hanson氏が「Takepart」に語った内容によれば、太平洋岸北西部でもシャチがカモメや海洋生物を殺す姿を目撃されるそうだ。映像と同様に、目的が「食べる」ことにない場合もある。

今のところ、人間は攻撃対象として認識されていないと言われているが、その獰猛なイメージからか、しばしば論文などでは「Killer Whale(殺し屋クジラ)」や「Whale Eater(クジラの捕食者)」とも呼ばれ、学名も「Orcinus orca(冥界の魔物)」となんとも恐ろしげなネーミング。その他にも海のギャングなんて名前を聞いたことがある人も多い。

Hanson氏はシャチが本当に生き物で遊んでいるのかどうかについては、未だわかってはいないというが、まさか水族館でその光景が見られるとは衝撃的ではないだろうか。


Licensed material used with permission by:Takepart (Emily J. Gertz)

0b01078ea57fe6a69d6e56fc5eba5efab95f630a
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
フクロウだって鳥の仲間。当然ながら地面に降りれば、チョンチョン跳ねるように可愛らしく歩く…なんて思っていたら大間違い。現実の姿は驚くほど凛々しかった!ドヤ...
Anja Wülfingさんは、人々の思い出に入り込む巨大な鳥たちを描くアーティスト。大きなカラダで、そっと写り込む鳥たちは、思い出を少しだけユーモラスな...
2015年11月24日に動物愛護団体「PETA Foundation」によって公開されたこの動画は、ウール製品を利用する人々へ向けた啓発を目的としたもの。...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆...
2015年7月10日、モデルのEkaterina Juskowskiさんが米マイアミのビーチでPVの撮影をしていました。しかし突然背後から船が現れ、その様...
世界有数の美術大学ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで学んでいたJuan Fontaniveは、「動きだけではなく、音が生きる」機械じかけのパラパラ絵本を発...
カロリーを消費したいなら、ウォーキング?ジム通い?いやいや、ホラーでしょ!と言わんばかりの新たな取り組みをご紹介。ドコモ・ヘルスケア株式会社は、歩数、移動...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いもの...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
ロンドン自然史博物館が主催する自然写真コンテストの世界最高峰「Wildlife Photographer of the Year」が、2015年の受賞作品...
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。基本的...
環境省によると、全国の犬・猫の殺処分数は毎年減少中。ただし、ここ30年でもっとも少ないとされる2013年でさえ、12万以上もの尊い命が失われています。今回...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
青い鳥でお馴染みのTwitterのロゴは、13個の円を組み合わせた「曲線だけ」で描かれている──。そんな話を聞いたことがあるかもしれません。カナダ出身の女...
ロマンチックな恋人の再会場面。まるで恋愛映画のワンシーンのようなこの動画。主役はお年寄りのカップル。そうです、恋愛に年齢なんて関係ありません。余計な解説は...