大人になった今だからこそ、子どもの姿勢から学びたい「大切なコト6つ」

一般的に「子どもっぽい」という表現は、ネガティブな使い方をされるもの。社会に受け入れられたければ、大人のように振る舞うことが求められます。

しかし、ライターChristopher Shea氏は、もともと持ち合わせている子どもっぽさを大事にすべきだと主張。その具体的な行動を「YourTango」にまとめています。

たしかにそのどれもが、私たちが忘れがちなことと言えるかも……。

01.
常に好奇心を忘れない

Medium 237db2ba52016502c7076a2d1561ec90b5385aeb

急いで生きることをやめ、周囲のことに注目する時間を確保しましょう。あなたの住む世界を新しい観点から見つめてみるのです。あなたにどんな好奇心が湧いてきますか?その好奇心からどんなことを学べますか?

02.
何をするにしても
「冒険」だと考える

リスクをとるような行動はいつが最後でしたか?なぜ、あなたはリスクを避けるようになったのでしょうか?

私は決して危険なことにチャレンジしなさい、と勧めているわけではありません。ただ自分の安全地帯から抜け出して何かに挑戦してみたり、普段だったらしないようなことにトライしてみたらいいのでは?と言いたいのです。後に、その経験から学んだことがあなたにポジティブなかたちで返ってくるはすだから。

03.
先のコトは気にせず
直感で行動する

Medium 71534bf2c99a7abd121ca7ba81d0a3503139dfa1

何のプランもなしに、自分の直感に任せて行動したのはいつが最後でしたか?思い立ったまま日帰り旅行に行ってみたり、突然のサプライスで友達を訪ねてみたりすることは今でもありますか?

04.
その瞬間を生き、楽しむ

正直に言うと、これは私が実際の体験で子どもたちから学んだこと。病院で勤務していた頃、子どもたちは、どんな病気を抱えていたとしても、将来のことより今その瞬間を大事に生きていたのです。

もう先が長くなくて、いずれ死ぬことが分かっている子でも、私に遊ぼうと誘ってきました。将来この子を失ってしまうと考えていたのは、私自身やその子の親であって、子どもはその瞬間を一生懸命生きようとしていたのです。

05.
「遊び」が大好き

Medium 2d7044b53c87f4af31ba505217832ac73d0e04fa

子どもの頃に遊んだ時間というのは、何らかのスキルを身に付けたり、社交性や創造性を高めることにつながっているはず。それならば、大人になった今でも、仕事に対して遊び心を持ってアプローチしてみてはどうでしょうか。

06.
昼寝時間を確保し
リフレッシュ

メキシコやスペインには、シエスタの習慣がある。私たちも同じようにしてみるといいかもしれません。

昼寝が難しいのであれば、少しの間だけでも目をつむるか、オフィスや建物の中を歩き回るようにしてみましょう。たった10分間だけでも、ストレスの多い状態から抜け出し、精神状態をリフレッシュさせることができます。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
果たして、女性の出産は義務なのでしょうか?否。今回紹介する記事を書いたAlden Wicker氏は、そう考えています。「mindbodygreen」に掲載...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
もしもタイムマシンがあったら、子どもの頃の自分に何を伝えたいですか?そんなドラマや漫画がたまにありますけど、一度本気で考えてみるのもありかもしれません。大...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
「Elite Daily」ライター、Eitan Levine氏による働く母親を持つ娘は、成功しやすいという記事が公開され話題になっています。記事内で取り上...
米大リーグ通算3,000安打まであと「1」として迎えた、日本時間8月8日(月)のコロラド・ロッキーズ戦。マイアミ・マーリンズに所属するイチローは、第4打席...
閉店後のノースカロライナ州のショッピングモールで、自閉症の子どもを持つ家族向けの、サンタ記念撮影会が“ひっそり”と開催されました。多くの人が行き交う場所、...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
フレキシブルな労働を可能にしてくれる「あたらしい働き方」。このようなワークスタイルに憧れる人はたくさんいます。けれど、誰もができるとは限りません。それ相応...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
「最高の人生」に焦点を当てる男、パトリック・スウィーニー氏。大まかに説明すると、3つのIT系企業を立ち上げて大金を稼いだ。が、常に投資家と戦っている感覚が...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...