NASA宇宙飛行士を調査してわかった「マルチタスクを円滑にこなす秘訣」。

いくつもの作業を一気にまとめて片付けようとすると、効率がよくない。よく耳にする話です。MITの神経科学者アール・ミラー氏は、脳内で行われている作業についてこう説明しています。The Guardianより抜粋。

「人間が複数の作業をこなしているときは、一つひとつの作業をスイッチしながら交互に片付けているだけに過ぎません。それぞれ認知するたびに負荷がかかっています」。

EQ(心の知能指数)に詳しいトラヴィス・ブラッドベリー博士は、ロンドン大学の研究について言及複数タスクをこなす被験者のIQスコアが低下すると書いており、その影響が顕著に表れるとも。だからこそ、やることをバラバラにして考えひとつずつ片付けることが大切。これもよく耳にする話ですよね。

では、高い集中力を保ち、効率的に作業をこなしていかなければならない上、失敗すれば死んでしまうリスクだって抱えている宇宙飛行士はどう考えているのでしょうか?スコット・E・パラジンスキー氏のコメントがQuartzに紹介されています。

「宇宙では、いくつものタスクを管理しながらその作業の垣根を飛び越え、すべてを円滑にこなしていかなければなりません。それもミスなく。ハードですよ」。

どうすればうまくいくの?

3d7d8ae8e39032975901648d5c8eeecb6aec19c7

ここからは、NASAのタスク管理に関して調査を行った結果、アリゾナ州立大学のJeffery LePine教授が「地球でも応用できる」と書いたアドバイスを紹介します。タスクマネージメントに加えて、参加者の精神状態などを含めた研究が行われました。

「問題なのは、作業から作業へと移行する際にある“間”です。タスクが複雑だったり、重要だったり、または完結していない場合、次の作業に大きな影響を及ぼす可能性があります。

次の作業にとりかかる際に、これまで何を考えていたのか、何を成し遂げたのか、次の作業で何を成し遂げたいのか、それらをクリアにすることが大切。

重要度の低いタスクをまとめて片付けることも効果大。メールの返信などを間に逐一はさむより、一気に済ませてしまったほうがスムーズ。もちろん重要なものは早いうちに済ましてしまったほうが吉でしょう。

簡単な作業をスイスイ済ませたあとで家に帰れるので達成感だって味わえます。そこが火星であろうと、オフィスであろうと、変わらず応用できますよ」。

大切なのはスピードではなく、
正しい順序で作業すること。

具体的にまとめると、重要なのは下記4点でしょうか。

・作業の順序を整えて、ひとつずつ対応する。

・手を付けるのは、難しいことから。

・作業がスイッチするときに、前後の作業に関する目的や達成度を明確にしておく。

・1日の終わりに簡単な作業を一気に済ませる。

忙しくなってきた時に、気をつけておくといいかもしれませんね。

火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
仕事をしながら、ついついやってしまうスマホのチェック。実は、その行動が脳にダメージを与えているというのです。しかも、男性の場合、影響はより深刻。この記事を...
地球以外の惑星に人類が住めるようにする、テラフォーミング。現在は火星が一番適していると考えられていますが、そんな火星には数十億年前には「大気と水」が存在し...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
 NASAが一般に公開している「Visible Earth」は、おもに衛星から地球を撮影した画像や観測データを情報収集して、アーカイブしたもの。もちろん、...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
NASAのHPによると宇宙飛行士の給料は約1,100万円に対して、惑星保護官の年収は最高約2,000万円。内容を調べてみると、高額の給料にも納得できる理由...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
1961年、ユーリイ・ガガーリンが人類初の有人宇宙飛行士として、宇宙に飛び立ってから56年の月日が流れた。「地球は青かった…」宇宙からの帰還を果たしたガガ...
2015年9月29日(日本時間)、NASAは火星の表面に「液体の水」と「塩の結晶」が存在していることを裏付ける観測データを発表した。複数の場所で水が流れた...
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
ある組織内においての多様性を示す「ダイバーシティ」という言葉が世に浸透し始めたのは、ここ10年くらいだと思う。もちろん、そうした考え方自体はそれ以前にもあ...