ウンチはそのまま大気圏に?NASAが公開した「宇宙飛行士の生活」が衝撃的

2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。

以下の画像は、長期間宇宙で生活するってどんな感じ?という疑問に対してNASAが記した予測込みの説明書です。興味のある人はチェックしてみては?

 宇宙での生活って
どんな感じ?
year-space

01.
日の出・日の入を
計10,944回見る!

この1年計画は342日間行われる予定ですが、通常私たちが地球で見る日の出と日の入りの回数は1日2回なので計684回になります。しかし、彼らが生活をしている国際宇宙ステーションの周回速度は時速約28,000kmと超高速!その結果、日の出と日の入を見る回数は1日に32回にもなるのだとか。

ケリー氏がTwitterにアップした、宇宙からの日の出画像も話題になりましたが、うらやましいほどきれいですよね。

 02.
年間で必要なトレーニングは
「700時間」

宇宙といえば無重力。やっぱり意識的にトレーニングをしないと体がどんどん弱ってしまいます。 長期間にわたる宇宙生活において、骨や筋肉、心臓を強く保つためには、年間700時間以上に運動が必要になるそう。 1日に換算すると約2時間ほど。実際どんなトレーニングになるのでしょうか。

03.
730リットルの「尿と汗」を
飲用料として再利用!

国際宇宙ステーションにいる間に再利用して飲む「尿と汗」の量は、730リットルにも及ぶそうです。ケリー氏がTwitterに投稿した「尿を再利用して淹れたコーヒー」の画像は話題になりました。結構おいしいのだとか。

04.
「383」の実験に参加

宇宙で生活するとどうなるのかをいろんな角度から検証するためには、多くの実験への参加が必要になるようです。いくつかはノーベル賞受賞者による実験も含まれているそうです。

05.
体に受ける放射線量は
LAからNY間を
5,250回飛んだ時と同じ

宇宙線からの放射線の影響は、地上にいるとほとんど影響を受けないと言われていますが、航空機に乗っている時は地上よりも受ける線量が増します。
もちろん宇宙にいるとなれば、その被曝量は多くなるのだそう。

06.
ウンチが流れ星になる!?

year-space

ちょっと汚い話かもしれませんが、彼が年間でする大便は計80キログラムにも及ぶ計算。しかもその処理方法は、大気圏へ落として燃やしちゃうのだとか!NASAのコメントにイタズラ心が伺えます。

「ケリーのウンチは、大気圏でシューティングスターのように燃えます。あなたのウンチはシューティングスターのようにはなれません」

その他にも、年間1,000キロのランニングや、足もとから頭まで2リットルほどの流体がのぼるなど、宇宙にいるとどうなるかは様々。詳しい健康状態の変化に関しては1年経った後のお楽しみ。一体どんなデータが集まるのか気になりますね。

NASAの宇宙飛行士、ケリー氏からはこんなコメントが。

「このミッションの重要な点は、科学的な基盤をもとに私たちを1年間宇宙に送ることにあると思います。そこで集まったデータは、いつか私たちが長期間宇宙で生活し火星へと旅に出るための重要な学びとなるでしょう」


Reference:NASA
Licensed material used with permission by My Science Academy

火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
いくつもの作業を一気にまとめて片付けようとすると、効率がよくない。よく耳にする話です。MITの神経科学者アール・ミラー氏は、脳内で行われている作業について...
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
2015年8月11日、NASAの公式ホームページに発表されたのは、宇宙飛行士スコット・ケリー氏が8月10日に撮影し、ハッシュタグ「#GoodMorning...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
そんな“果てしないロマンチック”から生まれた逸品を紹介しましょう。この「宇宙醤油」は、確かめようのない思いつきがキッカケとなり、YK STORESが開発し...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
この宇宙には、いったいどれだけの銀河が存在しているのか。その答えを解明すべく、銀河の“国勢調査”ならぬ大規模な調査研究が定期的に行われているようです。その...
科学が発達した現代においても、あたかも解明できない超常現象のように語られる「宇宙人存在説」。いないと、よほど困る理由でもあるの?このモヤモヤに挑む「Spi...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
2015年11月24日。アマゾン社のジェフ・ベゾス氏が創設した航空宇宙企業「Blue Origin」社が、再利用可能なロケットを打ち上げ「垂直着陸」させる...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
火星移住計画──。それがフィクションでなくなってきた印象は確かにある。民間ロケットがテスト飛行をし、これまでエイリアンや惑星衝突に固執してきたハリウッド映...