【子どもの将来が不安なアナタへ】今日からでもしてあげられる6つのこと

親ならば、誰だって思いは同じ。子どもには素晴らしい人生を送ってほしいと願っていますよね。ライターのWill Chou氏が「Elite Daily」で書いた「将来、成功するためにしてあげられること」を紹介します。

いわゆる「天才」を育てるためではなく、知性、社交性、論理的思考力、忍耐力を伸ばすためのヒントなど、日々の生活に直結したものが必要だと言います。

01.
積極的に
「失敗」させよう

Medium 71c1aabf5794a482f4bc8c00adf6d85688088168

優れた起業家は、多くの失敗を経験しています。彼らは、「失敗したからといって殺されるわけじゃない」ということを知っているのです。

たとえば、SPANX(スパンクス)を創業して億万長者となったサラ・ブレイクリーのお父さんは、毎晩夕食のときに「今日はどんな失敗をしたんだ?」と聞いて、彼女を励まし続けたと言います。

02.
夢中になることを
やらせてみる

Medium 7baad0d759d655b8fd2b1efe608b655d504bb699

好きでもないことを無理強いさせることは、満足感や幸福感を失います。弁護士や医者を目指している若者が、学位を取った瞬間に別の道に進む、というのもよく聞く話です。

素晴らしい成功を収めた人の多くは、自分の大好きだったことに取り組んでいます。極端な好き嫌いは良くないですが、自分の大好きなことを学ぶ時には、圧倒的なスキルが身につきます。

03.
やればできる。成長する。
それを
理解する。

子どもたちはしなやかな考え方を持っているもの。「できる・できない」を両親が決めるのではなく、彼ら自身が成長していくものだということを忘れないようにしましょう。

04.
「どんどん伸びるよ」と
ちゃんと伝える

Medium 1e9cc5e14b4389ab47329e61ca8e8d0e0f7d2431

両親自身が理解することはもちろん大事ですが、子ども達自身に「自分はまだまだ伸びていけるんだ」とわかってもらうことも重要です。「どんどん出来るようになるよ」と、積極的に教えてあげましょう。

05.
自分で問題解決できるはず
ときには「見守る」ことも大事

あれこれ手や口を出すのではなく、彼らは自分の力でどんどん成長していけると信じましょう。ときには、そっと見守ることも重要です。

06.
家にはたくさんの
「本」を

Medium 51d6f6018834803a547f8dbced90ab25cf081e24

本に身近に触れてきた人ほど、学校の成績やテストの点数でも高い評価が得られるというポジティブな相関関係が発見されています(研究)。

また、そのほかの研究で、自宅で本を読む子どもは、読まない子どもに比べて「3年以上の学校教育に匹敵する知識を得る」とも。いい環境を作ってあげたいですね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
誰だって望んで「都合のいい女」になるわけではありません。それなのに、いつ終わってもおかしくない都合のいい関係になってしまうのは、お互いの気持ちが噛み合って...
仕事がマンネリ化して、「ほかに楽しいことはないかな」という考えが頭をよぎるのであれば、それは転機かもしれません。幸せになりたいなら、まずは行動を起こすこと...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
人生には、良いときもあれば悪いときもあります。そんなことはわかっていても、悩んでいるのは、悪い状況から抜け出す方法がわからないから。そんなときに大切なのは...
恋愛コラムを多数掲載している「Elite Daily」で、またまた面白そうな記事を見つけました。「今だけ」じゃなくて「将来」、一緒にいたいと思える男性の特...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
「ありがとう」が言える子供に育てる方法を導き出した、ライターAmy McCready氏は2児の母。自身の育児経験を通して実感した、感謝のキモチを養う育児法...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
パパママ向けの育児情報を発信する「Parent Co」から、ママさんライターSara Goldstein氏の実体験に基づいた記事をご紹介。彼女、息子との会...
辛い経験は人を成長させてくれます。人との付き合い方、生活のスタイル…人生に対する考え方がガラリと変わったりします。より良い自分になるには、挫折や失敗を経験...
アメリカと比較すると、フランスではADHDになる子供の割合が非常に少ないことがわかっているようです。そして、そこにはいくつかの大きな違いがあるのだとか。小...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。ここでは、感...
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、北里大学の特別栄誉教授であり、学校法人女子美術大学名誉理事長として、81歳になる今も教育に携わっ...
一般的に「子どもっぽい」という表現は、ネガティブな使い方をされるもの。社会に受け入れられたければ、大人のように振る舞うことが求められます。しかし、ライター...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...