このオモチャは、絶対に子どもには渡さない。

モーターやセンサーなどの小さなモジュール(部品)をカチカチと組み合わせて、手軽にたのしく電気回路の作り方を学ぶことができる「littleBits(リトルビッツ)」。プロダクトとしての新奇性やポップなデザインがあいまって、“大人がハマる”とめっぽう評判のニューヨーク生まれの知育玩具です。

ミニカー、シンセサイザーなど、いろんなツールを作るためのさまざまなキットがラインナップされているのですが、新たにDROID INVENTOR KITなるアイテムが登場。

当方「8歳以上」という対象年齢をはるかに超えたアラフォーですが、これはもうノドから手が出るほど欲しい!

あなたの中の
“少年”が目を覚ます?

どうでしょう。少年ゴコロをくすぐるというか、メカやロボットに憧れた小学生の頃ようなワクワクした気持ちが湧き上がってきたのでは?

ご覧のとおり、これは「スターウォーズ」の人気キャラクター「R2-D2」型のドロイドを組み立てるキット。電子回路が透けて見える透明なデザインの、そのクールな完成度たるや。

F4452ed35fb691a8674fe4a5427114cc8b05053d

もちろん、電子回路についての専門知識やハンダ付けなどの面倒な作業は一切不要。付属のガイドブックにそって組み立てていくことで誰でもドロイドを作ることができます。

さまざまなステッカーも同梱されているので、下のようなカラフルな「R2-D2」にカスタマイズできるのもGOOD。また、このキットに含まれているもの以外のモジュールも組み合わせることができるので、アイデア次第で可能性はまさに無限大なのです。

Ce41f982183c66c5621d9a6ce15b79ce889c7474

専用アプリで
思いのままにアクション

さらにユニークなのは、専用アプリ「Droid Inventor App」を使えばラジコンのように自在に操作することができ、また、新たなスキルを覚えさせたり、17種類以上のミッションを実行させることもできちゃうところ。

“ものづくり”のたのしさ、そしてこれからの時代に必須といえるエンジニアリング能力も養うことができるとあって、既に教育現場での導入も進んでいるという「littleBits」。ぜひウチの子にも、と思うけれど、子ども用にしておくにはいささかもったいない気も。

ともかくこの「DROID INVENTOR KIT」、さっそくオーダーしてみました。が、届くやいなや小学生の長男と奪い合いになること必至!?

※R2-D2、Droid、およびForceは、ルーカスフィルム社、あるいはその関連会社の商標です。

Licensed material used with permission by littleBits Electronics
2015年12月18日、世界同時公開からわずか1週間足らずで、5,000万ドル(約60億円)を突破した『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。10年ぶりの新...
家のリビングや子ども部屋が、おもちゃで埋め尽くされていませんか?子どもはおもちゃが大好きですが、たくさん与えることがそのまま子どもの幸せにつながるかと言え...
おもちゃと言って侮ってはいけない。お国柄によっても違うし、貧富の差によっても大きく違ってなかなか深い。どんなモノを持っているかによって、その子の「生き方」...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
世界有数の名門校、英・ケンブリッジ大学が「LEGO教授」を一般公募!オモチャ好きには心躍るような話題を、科学系情報サイト「IFL Science」でMor...
薬剤師と医師の兄弟によって1790年に創業された「D.R.HARRIS(ディー・アール・ハリス)」は、数少ない英国王室御用達ブランド。そんな同ブランドの歯...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
新作公開日が決定し、世間を賑わしているスター・ウォーズ!と言うのも、次回作の『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』が2015年12月18日に公...
米シアトル、ボーイング社の工場で特別仕様にペインティングされたANAの飛行機「R2-D2 ANA JET」が、2015年10月2日、ついに羽田空港に着陸し...
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...
子どもが大切にしていたぬいぐるみの脚がもぎれたり、耳がちぎれたり、破れてしまったら……。あとはもう、捨ててしまうだけでしょうか?大切なおもちゃを「修理」で...
幼少期に十分な睡眠をとらないでいると、肥満のリスクが高まるという研究結果は、以前から問題視されてきたこと。けれど夜更かしを自業自得、とただ本人のせいにして...
僕自身も痛感していることなのだけれど、いくら座学したところで、“生きた英語”の習得には結びつきづらい。日常で使い続けてはじめて、本物の英語力が手に入るとい...
「正しい大人になるためには、正しい教育を受けなければならない」。これは、現代を生きる私たちにとって当たり前のような言葉になっていて、逆らいがたい強い力を持...
アインシュタインは言った。「人は誰もが天才である。しかし魚に木を登らせようとするのなら、その魚は一生、自分が愚かだと信じて生きていかなくてはならないだろう...
彼の名前は、Louis。4年間で世界65ヶ国を巡り、現在もお母さんと旅を続けている、11歳の男の子です。そんなLouisくんが、子どもと旅に出かける親に知...
友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りた...
かつてないほど高度な情報化を迎えた私たちの社会に、必要不可欠となった「プログラミング」の技術。優秀なプログラマの育成が世界各国で課題になるなど、その教育の...
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...