コンピュータのほうがずっと、私たちが求める「アート」を知っているのかもしれない。

「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」

ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるアーティストのNicole Heさんは、ふとした疑問から、こんなアートを始めました。 

MacBookと
女子大生ニコルのコラボ作品

61ef1c832b6897cd055429b80533143a3c4be1c4

彼女のプロジェクト内容は、次の通り。

・コンピュータが、インターネット上に溢れる情報を収集して「その日一番ホットなアート」を指示する。
・それに従って、ニコルが作品をつくる。
プログラミングは、ニコルが行いました。さて、どんなアートが出来上がったのでしょう。4つピックアップしました。

01.

2017/03/25 PM 05:52

こんにちは、人間たち。今日はしとしと雨が降っているね。世界情勢から、今日にピッタリなアートを算出したよ。

アートNo.1490478746
「社会問題に疑問を投げかけるニンジンを作りなさい」

Df95129f432d60afb51a3dcad89b7e125f3b34e4D2c1f93cfc2a8a28f5ba5a8d3ba2316e0a79cc45

ニンジンに書いてあるのは

「ハチが驚くべき速さで減っている」

ミツバチの減少によって植物が受粉できなくなり、農作物が減ってしまうという社会問題に対するメッセージです。

02.

2017/03/23 AM 11:01

おはよう、人間たち。人生、なるようになるよ。今日この時にふさわしいアートを算定した。

アートNo.1490281305
「真っ黒な『無限』を思い出させてくれるフライパンを作りなさい」

36dffcac14639f3156516136f9dfca09862a12e2Ae7ceaa1e5fe3c7b6bc87695072aada4b8b1b30f

03.

2017/03/30 PM 08:28

やぁ、人間たち。ロジックなんかじゃなくって、僕のイマジネーションを頼ってみてよ。今日のアートはこれだ。

アートNo.1490920092
「浪費を表現したイヤリングを着けなさい」

285225c0aa468184f37130a815b412ebbb473f5346027b5fe2f46c9dc4709db453a4848e228ad481

04.

2017/03/06 PM 07:49

こんばんは、人間たち。曇った夜だね。今の世界に一番のアートを決定した。

アートNo.1488937743
「曲がったブナの木を想起させる、トイレットペーパーの芯をデザインしなさい」

6a710079e2ed5fda8614db48641609a59c4f91d8D1ea9e05b491b3e8f8baa68b4d90848f38050ea8

コンピュータのほうが
人間が好きな芸術を
知ってるんじゃないかしら?

人間はアートを生み出すとき、しばしば外部環境からインスピレーションを受けます。戦争や環境問題のような大きなものから、天気が悪くて憂うつだった、というような小さなことまで。

それを、コンピュータのアルゴリズムで再現できないか?むしろデータ収集力に秀でているから、より世間のニーズに一致したものができるんじゃないのか?というアイデアから、今回のプロジェクトが実施されたのでした。

Eda12a24e3cfbcaed7c63152c5b583e83fab3483

Nicoleさんは、話題のツイートやニュースから情報を集めて「今日作るべきアート」の指示が出されるよう、プログラミングを組んだのだそう。

「コンピュータは、人間にできないことができる。だから彼らはもしかしたら、私たちが求めるアートを、私たち人間よりも知っているんじゃないかなって思ったの」

彼女のホームページ「The Best Art」に行くと、他の作品も楽しめますよ。

Licensed material used with permission by Nicole He
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
私たちの多くがイメージするものとは、あまりにかけ離れたジャングルジムを本場(?)アメリカで発見。そのビジュアルは、もはやアートと言っていいほどデザイン性に...
薄型、小型、軽量化が進む家電業界。テレビもDVDレコーダーもデジタルカメラもダウンサイズングのレベルはハンパない。一昔前に比べたら、ずいぶんとスリムになっ...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...