がんに苦しむ少年を救うため、銀メダルを売却したポーランド人選手

銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。

そんな多くのアスリートが望むメダルを獲得しながら、オークションで売却してしまった男がポーランドにいる。とはいえ彼、なにも「金の亡者」などではない。

そこには、がんに苦しむ少年をなんとかして助けたいという強い想いがあったのだ──。

「運命が、僕の銀メダルにそれ以上の価値を与えるチャンスをくれた」

ポーランドの円盤投げ選手ピオトル・マラチョフスキは、先日のリオデジャネイロ五輪にて見事銀メダルを獲得。表彰式後、自身のFBに笑顔の写真を投稿した。

しかし、このわずか5日後の投稿は、ある少年の写真とこんなメッセージから成るもの。

「今回のリオ五輪では、金メダルを獲るために戦った。残念ながら、その夢は叶わなかったけれど、運命が僕の銀メダルにそれ以上の価値を与えるチャンスをくれたんだ」

ことの経緯はこうだ。

少年は、オレク・シマンスキくん。眼球のがんを患い、2年間も闘病生活を続けている。手術はニューヨークでしか受けることができないそうで、渡航費も含めると1,000万円以上が必要となるらしい。ところが、そのための資金をなかなか集められないでいる。

事情を知ったマラチョフスキは、せっかく手にした銀メダルをオークションで売却することを決心したのだ。

無事、目標金額に到達
オレクくんはNYへ

最終的な落札額こそ明らかにされていないものの、ある富豪がマラチョフスキの想いの詰まった銀メダルを落札。加えて、彼を支持する多くの人からの寄付もあり、目標金額を達成することができた模様だ。

その後、オレクくんは無事ニューヨークへ到着。昨日更新されたばかりのマラチョフスキのFBには、

「グッドニュース!オレクが、ニューヨークで最初の治療を無事終えたらしい!」

と喜びの声が投稿されている。

マラチョフスキの勇敢な決断に対しては、「君こそがポーランドの英雄だ」「メダルは銀色だったけれど、あなたはゴールドよ!」などと、世界中から賞賛の声が相次いでいる。

彼が獲得したのは、もはや金メダル以上に価値のある銀メダル。そのことを疑う者など、どこにもいないはずだ。

Top Photo by Quinn Rooney/Getty Images Sport/Getty Images
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
一流アスリートは、なぜ緊張して失敗してしまいそうな一回限りの本番で、考えられないような高いパフォーマンスを発揮することができるのでしょうか。それは肉体だけ...
特別な理由はないのに、なんだかいつも不安になってしまう...。ポーランド人のイラストレーター兼グラフィックデザイナーAgata Bobaさんもそんな悩みを...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」。と、説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背...
オーストラリア出身のハリソンさん。現在78歳の彼が、200万人以上の赤ちゃんの命を救ったというニュースが、話題になっている。彼が赤ちゃんを救うために行った...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
Michael Riley Jr.くん(14歳)は、ジュニアオリンピックに3度も出場したことがある優秀な水泳選手。彼は2015年8月13日にチームメイトと...
フットヒル高校のアメフト選手たちは、その日いつものようにチアリーダーたちの列の間を通って、グラウンドに入場。しかしいつもと違うのは、選手たちが1人1本ずつ...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
約3か月前に、米ノースカロライナ州シャーロット市で撮影された、一枚の写真。パトロールをしていた警察官ティム・パーディは、たまたま駐車場にいたひとりの少年を...
久々に胸が熱くなった。街のトライアスロンならともかく、世界中の超一流アスリートが集結する大会での出来事である。9月18日、メキシコのコスメルで開催された「...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...