日中の太陽光を蓄えて、夜道を青白く照らす「自転車ロード」

モルディブに青く光る海があるという。砂浜近くに押し寄せた海洋性プランクトンの一種「夜光虫」が、夜の海に青い道をつくる現象だ。瞬間、それをイメージさせるが、画像を見ればわかるようにこれは砂浜ではなく夜の道。では、光の正体はというと。

人と環境にやさしい灯りは
郊外でこそ生きる

27f2b552419cc9fa24de5bf2847473b7d14971787442235b9d7dcace6b3f31c999535025b68041f0

北ポーランド北部の町に伸びるこの道(自転車専用道路)は、日中の太陽光を蓄えて夜に暗闇で光る。表面に用いられた素材には、りん光と呼ばれる物質が光を発する現象を利用したもの。

「ネオンの届かない森の中でも煌々とひかり輝く道になる」、と開発メーカーの担当者は強調する。だいたい10時間は発光が続くということだから、明るさが一晩中絶えることはないんだろう。

現在のところ、距離にして100メートル。まだ、試験は始まったばかりだ。今後はこの距離を伸ばし、冬場の平均気温が氷点下という環境でいかに機能するかを見ていきたいという。

これが首都ワルシャワではなく、郊外都市のさらにバイパス道路だということにも意味がある。少し郊外に出るだけで、行く先を照らす灯りが極端に少ないことを意識させられるのはやっぱり夜だ。そこに月明かりでもない限り、自転車はおろか歩くことだってままならない。

今回発表された自転車レーンも、当然そうした安全面を考慮してのもの。だけど、周囲の景観に溶け込むデザインでありたいと各色試作をしたうえで、目にもやさしいこの色が採用された。 

A4a33c75f5c02f05a0b31560ccab12d445f9d860

たしかにオランダをはじめとする自転車先進国では、すでに太陽光発電機能を備えた自転車専用道路の試験運用が始まっている。強化ガラスで覆われた太陽光発電機を、直接地面に埋め込むといったやり方だ。

同じ持続可能エネルギーを利用する光であることには変わりない。それでも、このやさしい光を見ているだけで、エコフレンドリーな心象を抱かせる。自転車乗りの一人として、青白く輝く夜道を走る姿を想像してしまった。

Licensed material used with permission by Press materials TPA
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
撮影用やおもちゃ感覚で、量販店でも買えるようになったからといって、日常の生活のなかにドローンが浸透している人は、まだごく一部の人にすぎません。もちろん不要...
雨の日に役立つ、ヨーロッパで大人気の便利アイテムが、ついに日本に上陸しました!その名も「dryve(ドライブ)」。スイス生まれの自転車専用雨よけシールドで...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
ヨーロッパ最大の「出前サービス」を提供するDeliveroo社の調査によると、イギリスの各家庭には、まったく使われていないキッチンツールが平均34個も眠っ...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...