暗闇であなたを守る!スウェーデン生まれの「光るスプレー」ALBEDO100が日本に上陸

12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸ってしまうものがある。

その最たるものがこのスプレー。自分の手で安全を備えていく。こういうツールを待っていた!

スプレー噴射で、光に反射

52a9087f277c19392a0f6b64b08bb67552099d49

夜道のサイクリングやランニングにおいて、ヒヤッとする場面を避けるための視認グッズはたくさんある。たとえば、暗闇の中で光に反射して視認させるリフレクター。ランナーのウェアがピカッと光って見える、あれは衣類にこのリフレクター素材が付いているから。

それと全く同じ反射機能を、スプレーで噴射させることによって、あらゆる素材を“リフレクション”させてしまおうというのが、オランダ、ドイツ、デンマークに次ぐ自転車先進国、スウェーデン発の「Albedo100(アルベド100)」だ。蛍光塗料とは訳が違う。

自転車・ヘルメットが
真っ白に光る!

7cd2c6f4daf218999c701425ecc6c479192da4a0

しかもこのAlbedo100は、直接光を放った相手(たとえば車のヘッドライトなど)にのみ、反射して白く光って見えるという。つまりこの場合、注意をしてもらいたい相手(自動車)にのみ反射を返すが、放たれるヘッドライトの光と自転車の中間点にいない人からは、発光して見えない。上の映像で言うなら、歩道からは彼らの発光が見えていないということになる。

24f857805da4face47171af8225578e48ae48dc9

自転車のフレーム部にスプレーした場合。ベースの色がほとんど見えず、まるで白いカラーリングを施したように思えてしまう。同じようにヘルメットにスプレーすれば、視認性はさらにUPするだろう。

ジョギング中も
自分を守ってくれる

833cca224fc0ecb8c5d10433b4bdd06571a89d9641c18782e08c7986544f5f49ad25e85ca5a7feca

イヤホンで耳をふさぎながらのナイトランは、どしたってこちらの視認性は低い。だからこそ蛍光色やビビッドなカラーを配したランニングウェアや、リフレクター素材をポイントにあしらったシューズが登場するわけで。でも、衣類を選ばずスプレーするだけ。これも悪くない。

子どもたちの安全もカバー

0af7552120e05b0bcec476885fba109c95550d0f

子どもたちの登下校時の安全も、しっかりスプレーが守ってくれそう。もちろん、広く光って見えるのは照射されたときのみ。噴射すれば約7日間は発光が持続し、水で簡単に洗い流すこともできるそうだ。小さい子どもがいれば、ベビーカーにスプレーしておくといいかも。

ナント、動物にもOK
舐めても安全な成分

Ddc42db4a86810d86641b7387a58b06ddb991207

じつはALBEDO100には、使い方に合わせて3種類があり、そのひとつ「permanet metalic(ピンク色のボトル)」は動物専用に開発された製品。人にも安全な成分はペットにも有効で、舐めても影響がないとのこと。

木彫りの「ダーラナホース」でも知られるように、スウェーデンでは古くから馬は生活に欠かせないパートナー。乗馬の際にもこのスプレーが役立つということなんだろう。それでも抵抗が残るならば、ペット服にスプレーして愛犬の散歩なんてどうだろう。

体にも環境にもやさしい成分

4a9b1c05939d7d584e22e3ebc4004e63c3c9cdbe

ところで、このスプレーは無色透明(一部淡いグレーのタイプも)だそう。水溶性の有毒物質を使わず環境にも配慮した設計で、スプレー缶自体も再利用が可能。夜の屋外で身の安全を守るだけでなく、「成分的にも安全」とメーカーは太鼓判を押す。

「エココンシャスな北欧製品だから」と決めつけるのも良くないが本国スウェーデンだけでなく、フランス、イギリス、アメリカで科学誌やエアゾール業界が、品質を認める多くの賞を発表当初(2015年)受賞していることを思えば、十分な説得力に値するのでは?

パーティーやイベント
エンタメを盛り上げる!

さて、安全を守ることだけがこのスプレーの用途とは限らない。光に反射する特性を活かした、さまざまなアクティビティが現に進行中で、エクストリームスポーツ界ではすでにRed Bullとコラボレーションしたり、アーティストのライブイベントや、パーティーシーンなど、スポーツや遊びの場にもスプレー式のリフレクターが重宝されているようだ。

このAlbedo100が、日本でも販売されることになった。販売予定価格は4,810円(税込)だが、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、早期予約のいまならば35%OFFで入手可能。使い方次第ではまだまだ。用途に合わせて3種から選びたい。

Licensed material used with permission by makuake
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
大好きな人とするキス。でもその顔って、じっくり見たことないですよね。自分のキス顔なんてもちろん見たことがないし、相手のキス顔だって、はっきり見えるものでは...
セックスのとき、他の人っていったいどんな顔してるんだろう…なんて気になったことはありませんか?それはそれは、とてもプライベートな出来事です。だからもちろん...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
スウェーデンが福祉大国で、しかも平等主義であることは知っていました。だとしても、今回の発表には「まさかここまで…」と驚かされたのと同時に、またひとつ、この...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
「ツリーハウス」と言われたら、なんだか子どもの秘密基地みたいな、無邪気で牧歌的なものを思い浮かべますよね。ところが、スウェーデンにあるこのツリーハウスは、...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
2015年9月16日。スウェーデン政府は翌年の再利用可能エネルギー開発費に、45億クローネ(およそ650億円)の投資を予定していると発表しました。最終的に...
企業が商品化したものの、売れずに市場から姿を消した、「失敗作ばかりを集めた博物館」が、スウェーデン南部ヘルシングボリに今月7日オープンした。開発企業からす...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
世界中で、脱化石燃料の取り組みが盛んに行われていますが、中でも最も進んでいる国のひとつが、スウェーデン。首都ストックホルムを走るバスも、基本的にすべてがハ...
2016年3月10日(木)に銀座にオープンした「JUMP ONE GINZA.1」は、ヨーロッパ発、トランポリンを使用したジャンピングフィットネス専門スタ...