欧米を中心に「医療大麻」が注目されている理由。がん治療にも効果あり!?

米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという欧米諸国の研究発表をまとめたもの。今日、医療現場において使用される大麻の有用性を改めて人々に伝えようとしています。
アメリカではここ数年、マリファナ合法化の動きが加速し話題となっています。快楽目的の嗜好品という観点ばかりに目が行きがちですが、病気の治癒にも大麻の薬理作用が活かされているといのは、意外と知られていない事実では?

shutterstock_207279334


(※以下、「Collective Evolution」に掲載された記事を許諾を得て、翻訳した文章となります)

近年、アメリカだけでなく多くの国で、医療大麻を合法化する動きがあります。ウルグアイの議会は2013年、世界で初めて法的麻市場を認める投票を行い、いまや市場は活気を帯びています。

大麻の健康上の利点は、複数の科学的研究で明確になってきており、これは私たちにとって良いニュースであることには変わりありません。しかし、本当に有害な影響はないのでしょうか?大麻の摂取による心理的効果を計るには、おもに「仮定」「提案」「観測」に基づいて調査が行われます。「The BrithshJournal of Psychiatry」の研究結果を見てみると、“負の効果”を確認することが困難なほど、大麻のメリットばかりが書かれています。

がんと大麻を結びつける
化学物質「カンナビノイド」

shutterstock_233431657

大麻とがんの科学的背景を見ていくと、広範囲の病気に有効であることが証明されています。ここでは、「医療大麻」のがん治療における有効性に焦点をあてて紹介していきます。

化学物質の「カンナビノイド」は、がん治療における非常に有効な物質であることが研究で分かってきました。この物質は、健全な体内環境を作り出すのに役立ち、免疫系の生成および、再生成において大きな役割を発揮します。がん治療や、がんの副作用に対する治療に大変有益であることが分かってきました。
このカンナビノイドが大麻も含まれているのです。免疫系の再構築に多大な影響を与えるカンナビノイドの働きにより、がん細胞を減少させることが証明されました。実際に臨床の場で、多くの患者が医療大麻を使用し、短時間でがんを減少させることに成功しています。

ある医療大麻の研究者によれば、吸引するよりも実際に大麻を口から摂取する方が、はるかに治療に効果的であることを述べています。以下は、がんに対する有効な治療手段として、示唆している20の研究を紹介します。

脳腫瘍への
医療大麻のアプローチ

shutterstock_128984531

イギリスのがん研究誌「British Journal of Cancer」に掲載されたスペイン・マドリッドのコンプルテンセ大学の研究では、カンナビノイドが脳腫瘍の増大を阻止する働きがあることを発表しました。カンナビノイドの抗腫瘍作用を評価することを目的とした、世界初の臨床試験です。この試験により、9名の患者のうち2名の腫瘍細胞の検証に成功しました。

また、神経科学誌「The Journal of Neuroscience 」に発表された研究でも、進行する神経変性疾患における生化学的事象を検証。THC(マリファナの主な活性化合物)がマウスの神経損傷を減少させることが発見されました。この研究の結果は、カンナビノイドシステムが神経変性に対して、脳を保護するのに有益であることを立証したものです。

さらに、薬理学および実験治療学会誌に掲載された研究では、すでにカンナビノイドが、抗腫瘍特性を有している事実を認めています。この研究は、脳の神経細胞を支える神経膠細胞に対するカンナビジオール(CBD、非精神活性カンナビノイド化合物)の効果を調べたもの。カンナビジオールの添加は、神経膠腫細胞の生存率の劇的な低下をもたらしました。カンナビジオールが有意な抗腫瘍活性となっている事実を結論づけたと言えます。

この他、分子がん治療学の学会発表では、脳の腫瘍は現在の抗がん治療に、非常に耐性があることを指摘しています。それは、脳腫瘍を患らっている患者の術後の経過を改善することを目的とし、新たな治療戦略を発見することを重要視したもの。この研究はまた、脳腫瘍の中でも最も発症頻度の高い、多形性膠芽腫における腫瘍活性の逆転を示しました。

乳がんの増殖を
防ぐ効果が大麻に!?

shutterstock_109684202

カンナビジオールが、乳がん細胞の増殖と広がりを阻害することの証明が、米国国立医学図書館が発表している「 California Pacific Medical Centre」が行った研究で発表されました。この研究では、カンナビジオールが著しく腫瘍塊を減少させることも実証しています。

薬理学の学会誌に発表された研究でも、THCならびにカンナビジオールが劇的に乳がん細胞の増殖を減少させることが明らかに。研究者らは、これらの化合物の効力および有効性を実験によって証明してみせました。

「Molecular Cancer」が伝えた研究結果は、THCが腫瘍の増殖及び腫瘍数を減少させたことを示しました。また、カンナビノイドは、がん細胞の増殖を防ぐだけでなく、がん細胞自体の自然死を誘導することも同時に証明されています。この研究は、乳がんによるカンナビノイドベースの治療法の新たな指針となりました。

アメリカの科学アカデミー「PNAS」の議事録を見ると、カンナビノイドが乳がん細胞の増殖を阻害することを証明しています。

肺がん治療にも
医療大麻が特効薬

shutterstock_94195756

ハーバード・メディカルスクール医学部が、がん遺伝子ジャーナル「Oncogene」で報じた研究では、THCが肺がん細胞の移動を阻止することを証明。THCは特定の肺がんの増殖、および転移を制御する新規治療分子として検討されるべきであると述べるています。
毒物・薬理学からも、カンナビノイドの抗がん効果が発表されています。ドイツの一般外科で肺がん患者からの腫瘍細胞にカンナビノイドが働きかけ、がん細胞の転移を阻止することをデータ上証明されたことを伝えています。

さらに、ハーバード大学医学部が肺がん細胞におけるカンナビノイド受容体の役割を調査。結果は、その有効性を示し、肺がん細胞に対する治療のために使用されるべきであることを示唆したものに。

前立腺がんにも効果的?
求められる臨床試験

米国国立医学図書館に発表された研究は、カンナビノイド受容体を介して作用することにより、前立腺がん細胞の減少を示しています。このほか、前立腺がんの大麻の有用性を証明する研究はさかんに行われ、2012年に発表された英国の学会誌では、前立腺がんに対するCBDの臨床試験が必要不可欠である、という認識に研究者たちは至ったようです。

血液がんを抑え
悪性細胞を死滅させる

shutterstock_238686247

分子薬理学研究の「Molecular Pharmacology」誌は、カンナビノイドが、悪性リンパ腫のひとつマントル細胞リンパ腫の成長を食い止め、悪性細胞の自然死へと導く効果を紹介しています。

さらに、「International Journal og Cancer」に発表された研究によると、カンナビノイドは様々なタイプのがんおよびマントル細胞リンパ腫における、抗増殖および自然死促進効果を発揮することが分かってきました。
バージニアコモンウェルス大学の薬理学および毒物学の部門によって行われ、米国国立医学図書館に発表された研究は、カンナビノイドが白血病細胞の自然死を誘導することも証明しています。

口腔がん・肝臓がん・すい臓がん
あらゆるがん細胞を大麻が撃退

口腔がんに大麻がどのように治癒影響するか?カンナビノイドが細胞呼吸を強力に阻害する役割を果たし、悪性度の高い口腔腫瘍に対抗する効果を示すことを、ニューヨーク州立大学の研究が示しています。

また、肝臓がんへのアプローチも。米国国立医学図書館によって発表された研究は、THCが肝細胞がんの体内での生存率を減少させることを証明し、それらの成長を減退させる結果を得ました。

「American Journal of Cancer」に掲載された、コンブルテンセ大学研究者らの論文では、カンナビノイド受容体がすい臓腫瘍細胞において、正常なすい臓組織よりもはるかに高いレベレルで自然死を誘発していることが示されました。ここでも、腫瘍細胞の増殖を防ぎ、すい臓腫瘍細胞の広がりを阻止していることが明らかに。

shutterstock_259129874

これまで、「麻薬」は、人間にとって害のあるものという見方もありました。もちろん、そうした側面もあるでしょう。でも、「麻薬」と位置付けられているものすべてが、有害という訳ではありません。大麻のようにいくつかのものは、企業利益を保護する目的で「薬物」とカテゴライズされてきた歴史もあるのですから。
その一例が、自動車を始めとするエネルギー産業です。大麻から作られた車は、銅よりも強く、麻を燃料として供給することもできる。そう主張した、Ford Mortor Companyの創設者ヘンリー・フォードはこの「ヘンプカー」の開発を本気で考案したことでも知られています。大麻の可能性は多岐に渡ります。現に麻は50,000以上もの用途があると言われているのですから。

Licensed material used with permission by Arjun Walia via Collective-Evolution

UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
メリーランド州に暮らす10歳のトーマス・ムーアくんは約2年間、一度も髪の毛を切らず、このボサボサ頭。けれど不精なわけでも、ヘアカットのお金が無いわけでもあ...
2015年の秋、67年連れ添った夫を失った90歳のノーマさん。さらにその2週間後、自分自身にも「子宮がん」が発症していることを知りました。医師もベストな手...
2015年9月のこと。ノーマさん(90歳)は、67年間一緒に連れ添った最愛の夫を亡くしました。そして、その2週間後に自分の体ががんに蝕まれてることを知った...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
米・製薬会社「Turing Pharmaceuticals」社が、エイズの治療にも使用されている薬品を大幅に値上げし注目を浴びている。同社は60年以上にわ...
日本では絶対にあり得ない、衝撃的な映像が「Cut.com」に取り上げられ、話題を呼んでいます。なんと、マリファナを3人のおばあちゃんが吸引し、談笑(という...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
なにを今更…という人もいるかもしれませんが、脳内に具体的な変化が見られたことは画期的な発見なのだそう。とくに、都会のストレスフルな生活に参っている人にとっ...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
あなたのウンチを買い取る画期的な団体が、登場!誰だってウンチはする。それが何かの役に立つかも、なんて考えもしないだろう。しかし毎日トイレに流されてしまうウ...
いまVR(バーチャルリアリティ)技術は、医療分野においても目覚ましい研究成果をあげています。なんと下半身不随の患者が、VRをつかった「神経系のリハビリテー...
あらゆる病気を治せる医者がいる!そんな噂があるようだ。1933年生まれの南米・ホンジュラス出身の薬草医「Dr.Sebi」は、過去にがんやAIDSなどの難病...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
日本人の死因1位でもある、がん。さまざまな治療法が開発されていますが、とくに抗がん剤を使う化学療法には、吐き気や痛み、手足の皮がむけてしまうという副作用が...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
子どもから、ないしは家族がパパへの感謝をおくるのが「父の日」。一般的には。ですが、小児がんと闘うカンザス州のガブリエルくんは、先月(2016年6月)の父の...