「女の子」の子育てに悩むママへ。強くたくましい女性に成長させる10のヒント

子育てに心配はつきものです。とくに男の子に比べて女の子のほうが何かと危険が多いと感じるのではないでしょうか。

しかし、ライターのケイティ・アーノルドさんは、7歳の娘がマウンテンバイクに乗り「上級者ライダーのみ」と書かれたトレイルに挑戦したいと言ったとき、「イエス」と答え、喜びに満ちた娘の後ろ姿を見守ったそうです。

彼女はなぜ、危険だと分かりつつも娘を止めなかったのでしょうか。じつは数日前に『勇敢な女子』の著者であるキャロライン・ポールさんと電話で話す機会があり、あることに気がついたのだと言います。

「私は少女たちに願っているの。思春期前、本当の試練が訪れるその前に、勇敢さと失敗から立ち上がる力を身につけて欲しいと」

この言葉から、過剰な心配は成長をジャマしてしまう可能性もあるのだと痛感したそうです。

ここでは、彼女がポールの言葉から感じた「勇敢さを学ぶ10の秘訣」を紹介します。パワー溢れる新世代の女性を育むヒントになるかもしれません。

01.
母として
自分は正しかったのか

711954de564b71a3a2de92a85044378bea3b231b

私は無意識のうちに「恐怖と危険」のメッセージを娘たちに送っている気がします。もし彼女たちが息子だったら?監視することなく、10分おきに怪しい人が近くにいないか確認することもなく、ケガのリスクが高い遊びだって止めないはず。

それはもしかしたら、「女の子だから」という過剰な偏見なのかもしれない。もう一度じっくり自分と向き合って、心の声に問いかけてみましょう。

02.
娘たちの
「恐怖」を知る

ポールはこう語ります。「女の子はもともと、とても早い段階で恐怖を感じるようになるもの。しかし、恐怖は興奮にも似ているという説もあるんです」と。少女たちが初めて抱く感情は、すべて「恐怖」から来ているほどだとか。

もしも彼女たちが何かに怖がってたら、その恐怖について詳しく聞いて、丁寧に説明してあげましょう。

03.
「小さな勇敢」を
続けてみる

C60dfea7419e5cd2f0f534d89dd26f613e2af20e

「母親が我が子を守る絶対的な勇気を持っているように、本来勇敢さは女性が備えているもの。女の子だって、幼い頃から男の子と同じように勇敢さを学べば、きっと身につくはず」。

そう語るポールは、自分の娘たちに毎週5つの「マイクロ・ブレイバリー(小さな勇敢さ)」を提案させています。そして、どんな小さなことでも達成できたら「とても勇気のある行動だね」と褒めてあげましょう。

04.
段階的な目標を
教えてあげる

「女の子の多くは完璧主義で、0100かとしか考えられないもの。完璧じゃなくても大丈夫なんだ、ということを教えてあげましょう」とポールは言います。

もしも彼女たちがゴールまでの長い道のりに怖気づいたときは、「怖さ」を段階的にして、解決しやすい形に変えてあげましょう。するとしばらく考え、自分の力で乗り越えられるようになるはずです。

05.
勇敢なヒロインを
お手本に

6b5c8ba5abfee7831239ae05fe48d683cfc38b78

ポールは「じつは私、子供の頃はとてもシャイで意気地なしで…。だからよく本を読んでいて、そこで人生のお手本になる人たちと出会ったの」と語ってくれました。

お姫様に憧れる年頃かもしれませんが、たまには力強いヒロインが登場する作品を読ませてみてはいかがでしょう?きっと「勇敢なヒロイン」への憧れも強くなるはず。

06.
子供に自由を与える。
助言は少しだけ

「子供たちには、自分が思ったことを好きなようにできる自由な時間をつくってあげるべきです。外遊びを過剰に控えるのは、子供の成長を妨げることになるかもしれません。外に送り出すときは少しだけ助言してあげて、あんまり色々と言いすぎないこと。そうすれば、子供は自分で判断して行動できるようになるでしょう」

ポールが言うように、子供が自主的に外へ出ようとしているならば、親も少しずつ干渉を控えたほうがいいのかもしれないですね。

07.
冒険=無鉄砲
ではない

8aedfe9d0930525076f6dee27e2546015ca57cde

つねにクレイジーで、新しい冒険を経験してきたというポールだからこそ、こう語ります。「冒険をすることは無鉄砲になることじゃなくて、全てのリスクを計算して、どこまでが安全なのか、確認することが大事なの」。

もちろん、少女たちにはアドバイスが必要です。なにかに挑戦しようとしたとき、そこにどんなリスクがあるのか、自分がどこまでできるのかを見極める目、自然の脅威に立ち向かう心を教えてあげましょう。

08.
得意なことを見つけて
決断する

「私たち姉妹はすごく頑固で、自分が向いてないことでも、やる気さえあれば大抵のことはできると信じて、挑戦してきました。本当は無理だと思ったら挑戦しないほうがいいんだけどね」。

その代わりにポールたちは、2つの方法を見つけたのです。それは、優れた人がいない隙間を見つけること。2つ目は決断すること」。じつは2つ目がとても重要で、本当の勇敢さとは、決断することなのです。

09.
失敗してもいい!
挑戦することがカッコイイ

ポールは13歳のとき、ほふく前進の世界記録に挑戦して、達成できなかったそうです。それでも、その発想を実行に移したことがかっこいいのです。

「たとえ目標が達成できなくても、それよりも大切なのは大きな夢を持つこと。できる夢を実現するよりも、先の見えない大きな夢を持つことのほうが大切よ。失敗した経験だって次の大きなステップになるの」

10.
男の子も平等に

422beb0fe281da8e2d8a16b3b74e3378f5dadbdd

最後に、男女差別をしないこと。「男の子もこの本を読むべき」とポールは言います。「彼らもこの本が好きになるはずよ。だってこれは冒険の物語だから。女の子だって凄いんだ!っていうことも知ってもらわなきゃね」と。

Licensed material used with permission by Outside Online
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
なぜだか魅力的で、その人が部屋に入るだけで男性たちがソワソワ…。そんなカッコイイ女性っていますよね。じつは、そんな魅力的な女性が裏でやっているシンプルだけ...
人生のパートナーを選ぶ基準はなんでしょうか?今回紹介するのは、NY育ちの男性ライターが「Elite Daily」で記した、いい母親になる女性の条件。え?パ...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
子育てにおいて父親に求められる役割は何でしょう?一般的に求められている役割を7つ紹介します。家庭の中の父親像がぶれないということは、子育てにおいて何よりも...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...
「自分」のアイデンティティが生まれる上で、とても重要な役割を担うのは、母親の存在。Robyn Reischさんが「I Heart Intelligence...
朝から晩まで休む暇もない母親業だけど、大変なだけじゃない新鮮な驚きがあるのかもしれません。3歳になる娘の母であるKseniya Voronichevaさん...
絵本の中の女の子たちは、昔から王子様が迎えに来てくれるのを待つプリンセスばかり。「女の子が自分の手で夢を掴む絵本を作りたい」という思いから作られたのが「G...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
わが家に二人目の子どもが生まれたとき、パートナーと同じくらいに僕が感謝したのは2歳年上の長男でした。なぜって、彼のときは日々の子育てがつねに手探りだったか...
人間は、歳を重ねるごとに熟されていくもの。なので、たとえ今あなたが「女の子」だったとしても、いつか美しい「女性」へと開花していきます。なのでたとえ「Jus...
「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrieさん。彼女の記事がたくさんの人から支持を得ているのは、自身が鬱になった経験や、世界をがむ...
育てる側の性格に合わせた子育て方法を提案するのは「YourTango」のライター、Christine Schoenwald氏。なんでも誕生月から、ピッタリ...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
一般的に、男性が守ってあげたくなる「弱さ」が、女性の魅力だとされる風潮があります。しかし、ここで紹介する「Thought Catalog」の記事は、正反対...
子どもを育てるうえで周囲の理解が得られず嫌な思いをした人はたくさんいるはずだ。ADHDの子どもを持つある母親も同じ。駄々をこね癇癪を起こす子どもを連れてま...
「アリ」と言えば、働き者の代表格のようなイメージ。自分よりずっと大きな虫やエサを運ぶ、小さな体のすごいヤツ。そんな、童話でも働き者として表現されるアリです...