子育てに悩んだ時に飲みたい「6種類のワイン」反抗期にはシャルドネ?

ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。
ここで紹介するのはLife as a Rambling Redhead」に掲載された記事。そのユニークな切り口から、多くの反響を呼んだ内容とは?

01.
おむつを替えるのに
疲れたら
“リースリング”

shutterstock_1567285946-wines-child150915-02

爽やかで甘く、酸味の少ない白ワインのリースリング。このワインは、赤ちゃんが生まれたばかりのパパ、ママにオススメです。というのも、その芳醇なリンゴの香りにリラックスできるから。
赤ちゃんが眠った後に、ひと時の幸せを感じましょう。

02.
反抗期の子どもに
手を焼いているなら
“シャルドネ”

反抗期の子どもはとくに大変。親に対して平気でキツイ言葉を浴びせてきます。例えば「最低の両親ね」とか「どうして○○のお母さんみたいにできないの?」とか。そういう時期といえば、それまでですが、親だって落ち込んでしまうことも…。
そんな時に飲んで欲しいのがシャルドネです。メロンのような甘い香りとクリーミーな味わい。きっと癒されるはずですよ。

03.
子どもの面倒で
ストレスが溜まったら
“ソーヴィニヨン・ブラン” shutterstock_125299415 (1)のコピー

オモチャを片付けたり、泣くのをあやしたり。小さな子どもの面倒を丸1日みることは並大抵のことではありません。どんなに可愛い子どもでも、ストレスが溜まるものです。
そんな時は、ソーヴィニヨン・ブランを1杯と言わず2杯飲むのはどうでしょう? 土っぽい味わいと、爽やかな芝の香りのする白ワインなら、顔にオモチャをぶつけられたことだって忘れさせてくれますよ。

04.
兄弟姉妹を持つ親なら
“メルロー”

一人っ子でも大変なのに、兄弟姉妹がいたら…。ケンカの仲裁などで、クタクタに疲れてしまうことも。そんな夜のために、用意しておきたいのが、軽い口当たりのメルローです。
疲れが溜まっていても、癖の少ない飲み口のメルローなら、さっぱりと楽しめるはずです。

05.
予期せぬ出来事の
憂さ晴らしに…
“ピノ・ノワール”

shutterstock_910621616-wines-child150915-01

例えば、もしもアナタの子どもが免許を取り立てで、事故を起こしたら。しかも、事故の相手がアナタの愛車だったら…。そんなやり場のない怒りを抱えた夜には、憂さ晴らしにうってつけのワインを。
ピノ・ノワールは
甘くて爽やかな味わいが特徴。そもそもイライラしている時に、辛口のワインを飲みたい人なんていませんよね。すでに辛い思いをしているんですから。

06.
毎日の家事に理由もなく、
ウンザリしてしまったら
“カベルネ・ソーヴィニヨン”

オモチャの後片付けや、生ゴミの処理…そんな日常のアレコレに疲れたら、迷わずカベルネ・ソーヴィニヨンを選んでみてください。
芳醇なこのワインを一口含んだ瞬間、王様になったような気分を味わえるはずです。ステーキとお気に入りのワイングラスをセットすれば、日常を忘れて、極上の時間を楽しめるに違いありません。

ここで紹介したワイン選びに共通するメッセージ。それは「子育てに疲れた夜には、パートナーと一緒にワインを飲んでみては?」ということ。是非試してみてくださいね。

Licensed material used with permission by Life as a Rambling Redhead

赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...