「ワインの染み」がつかない白シャツなんてあるのか!?

まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日々のシャツが微妙に違っていることに気づくようになっていた。

同じ白に思えるけど、よく見れば一枚ごとにテキスタイルも、パターンも、カラー(ここでは襟のほう)も、ひとつとして同じものがなくて、それは当然ながら本人は意識的に揃えている訳で。「あれ、また今日も白シャツだ」とは決して他人に言わせない強い個性を感じ、ファッションアイコンとしてのあこがれも抱いたっけ。

それでその編集者にならって、今でも白シャツを選ぶときだけは、カブりを避けるようにしている。そもそも、まったく同じタイプを複数枚抑えておくっていうのもナシだ。

C7ccb25ea827810e6f4dacbc76679215723e2c6489da1854e57a30df249acea3f5a93148470c06ac5b1c3f127e32aa58487ab5cd4d321530462be0e9

さて、厄介なことに世の中には白シャツの“天敵”がごまんとある。赤ワイン、コーヒー、カレー、トマトソース…と挙げればキリがないほど、シミや汚れとはつねに戦っていかなければいけないんだけれど、うまくその天敵たちとつき合っていけそうな白シャツがあった。

それが、ニュージェネレーションシャツ「LABFRESH」だ。

形状記憶も抗菌消臭もOK
さらに、ワイン染みが付かない!

359a3f2189e174b3cd2367a54ae4e10dee57558f

アムステルダムのスタートアップ企業がつくるこのシャツは、一枚119ユーロ(約1万4,500円)と手ごろな価格。仕立てがとくだん良質な訳じゃないが、世に言うところの形状記憶シャツであり、抗菌消臭シャツでもある(こう考えれば高くない)。洗濯機でジャブジャブ洗えもするらしく、マルチなニーズを叶えてくれるようだが、そこは上の説明書きを見てもらえればじゅうぶん。

ここで特筆したいのは1点のみ。このLABFRESHこそが、例の天敵に打ち勝つ唯一の白シャツだっていうこと。

こぼした赤ワインが
胸元にポタリ。

Fd2ee9b55d383b5cae2104ff342b2d0bfd67dfaa

水枯れの大地に雨水が浸透していくように、えんじ色のシミがシャツの繊維の奥へと走る。あの刹那、机の角に足の指をぶつけたときのような、誰にも当たれないいらだちを覚えるのは、ぼくだけではないはずだ。で、こうなるともう事はスピード勝負で、濡らしたタオルでひたすらトントンしたり、付け焼き刃の応急処置でどうにかする他ないわけで(ちなみに、その編集者はこういうところにも細かい)。

ところが、LABFRESHは違う。

9f6b617cd12d234658a4ff4425b4922866fd7cb59d62d5142fc81eb2d533c9723b9d8d7886475a91

まあ、こんなシチュエーションはそうそうありえないけれど、大げさにいえば、つまりはこういうこと。こぼしたはずのワインが、するするとシャツの上を滑り落ちていく。にわかに信じがたい?でも、これが真実。疑う人は動画で実際にチェックしてみてほしい。

水も油も滑り落ちる
「新世代」の生地

92f9789b64e16f52a102452c25e1b8f539f7b7121a3525f2c74a06d44b8dd57b8b3f202700dda43f

何をもって、彼らが“ニュージェネレーション”を公言しているかの答えがこれだ。LABFRESHは、コットンに2%のエラスタン(ポリウレタン系の化学繊維)を含んだ繊維でできている。この独自技術が、水や油、細菌すらもはじいてしまう生地の秘密だった。さらに言うと通気性の良さもウリらしく、汗ジミなんかも気にならないという。ここまでくると、さすがにスゴい!と認めるしかない。

当然ながら新世代シャツの注目度は激高で、クラウドファウンディングでも潤沢な出資金をゲット。今後、カラーやカフスのバリエーションもどんどん増やす予定だという。もうあと数日ではあるが、Kickstarter経由だと2,000円ほど安く予約購入も可能。

ところで、ぼくに“白シャツ道”を教えてくれたあの編集者とは、もうほとんど顔を合わせることはない。このシャツを紹介したところで「そういうことじゃないんだよなぁ」、なんて原稿を突っ返すときの口癖で言うに違いない。でも、なんだか久々にそういうのも悪くないかも。ワードローブに白シャツは何枚あってもいい、とようやくぼくも思えるようになったし。

Licensed material used with permission by Lotte Vink & Kasper Brandi Petersen
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
テレビや冷蔵庫、炊飯器など、特に家電に目立つのが、機能が多すぎて結局ほとんど使わないっていうオチ。それなのに最新テクノロジーが満載だったりするから、価格は...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当に...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
観葉植物としての癒し効果だけでなく、タバコやトイレなどのニオイを消臭する──。まさに一石二鳥な「eco-pochi」が、いまジワジワと話題になっているみた...
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...