毎日白いシャツを着るデザイナーが作った「究極の白シャツ」は、スタイルの切り札になる

黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。

見た目で自己主張するよりも、物事を決めるのにかかる時間やストレスを少しでも減らしたい人たちがいる。だから洋服にこだわらない? むしろその逆。あの黒タートルがイッセイ・ミヤケによるオーダーメイドだったことは有名な話だ。「究極のノーマル」とか「シンプルで自然体」のように、ニュアンスだけでノームコアを捉え、安易なモノ選びをしていては、結局誰かの猿マネにしかならない。

一方で、こんなこだわりを持つ人もいる。毎日着るシャツを自分でデザインする、とかね。

毎日でも着たくなる。
こだわりを込めたシャツ

Ce007ddb99b57cfc13abcc5b7d32ae33e4b1a2c3

まず、シャツよりも先に目を通してもらいたいのが、このメッセージ。「くまモン」生みの親であり、ブランディングからアートディレクションまで、マルチに才能を発揮するクリエイティブディレクター水野学氏による直筆のもの。人となりや感情が伝わる“手書き”の価値にも、こだわりを持つ男の「白シャツ」にかける熱意が、その筆跡からも伝わってくるはずだ。

ここで紹介するシャツは、そんな水野氏が自分が着るためにこだわりまくって作った逸品である。

ちゃんとして見え、
“切り札”にもなる。

873a64206fdb7402e789e3f7c5e9eb0d8ef1ce4b

白いシャツに求めるもの。それは「ちゃんとして見える」こと。清潔感があり、聡明な印象を与え、いざというときにも外さない──。

細めの身幅、着丈も少し短め。糊の利いたYシャツのイメージではなく、こちらはノーネクタイでズボンの上からサラッと羽織るような着こなしが信条。つまりは、普段着としてじゃんじゃん使うことをイメージしたもの。それでいてカジュアルすぎず、どんな相手と対面しても不快な印象を与えず、どこへ出ても恥ずかしくない。なるほど、ちゃんとして見え、いざというときに外さない所以がここにあるのか。

さりげないのにきちんとしている。オンオフ両用のまさに“切り札”。「こだわりまくって作った」とわざわざ水野氏が強調するのも納得だ。デザイナーとしての視点が細部にまで活かされた、毎日でも着たいと思えるシャツ。これは説得力がある。

39bb20c8d80aecafe1bd992249bbc99aea484195

【スーピマコットン】
オックスフォード生地に使用されているスーピマコットンは、「綿のカシミヤ」と称される高級品。通気性と肌触りを考慮し、縦横で太さの異なる糸を使用して織り込まれている。洗い加工を施すことで、自然な風合いに。

B2ae980cabc1b88c2f935455f865b3f8e72b8001

【フラシ芯】
いくらボタンダウンといえど襟、袖の型くずれは、だらしなさを印象付ける。そこで、張りを持たせる工夫としてフラシ芯(表地と芯地を一体にして縫い合わせる技法)を使用した。首周りや手首の程良いフィット感を生み出している。

4c836fe456b2a3dc3f063868a726b04d50060119

【貝ボタン】
貝ボタン(高瀬貝)を選ぶ理由は、熱に強く変化が少ないこと。そして滑りにくくボタンが留めやすいという利点も。また、微妙に傾けて取り付ける(鳥足付け)のも、掛け外しがスムーズにいくメリットからだ。

こんな具合に、ものづくりのプロのワガママやこだわりをすべて叶えてしまったのは、こちらもプロのサプライヤー熊本県のHITOYOSHI株式会社。縫製への高い技術力に定評があり、世界トップブランドのシャツを請け負う、老舗メーカーによる手仕事だということを付け加えておきたい。

3a9a12853c3d78d0d79f46f337de82614f431d20

サイズはS/M/Lの3サイズ展開。Sは女性に合わせたサイズ感。

5b5a5b08cbfa9f31a5b22196f9eecfd1c9e680d4

洋服選びに費やす時間的コストを無くす代わりに、毎日着られる定番の白シャツをゼロイチで作り上げる。「THE SHIRTS」と名付けられたこのシャツは、世の中の定番と呼べるモノのみを水野氏自ら取り揃えたショップ「THE SHOP」にて18,000円(税別)で販売している。

さすがに、黒タートルではコスプレにしかならないが、こちらはシーンを選ばず着回しも利く。まさに切り札的存在の白シャツ。これはもう、“大人買い”のレベルでしょ!

Licensed material used with permission by THE
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
テレビや冷蔵庫、炊飯器など、特に家電に目立つのが、機能が多すぎて結局ほとんど使わないっていうオチ。それなのに最新テクノロジーが満載だったりするから、価格は...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
あくまでも個人的見解ですが、2014年頃に盛り上がりを見せたノームコアブームは、約3年が経過した今でも色褪せていない印象。街を歩いても、かつてはよく目にし...
今朝、洋服を選ぶのに何分かかりましたか?5分、10分、もしくはそれ以上…?その時間や労力を捨て去ることができれば、人生が大きく変わるかもしれません。世の多...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
人生は、選択の連続です。たった1日の中でも、些細な選択が求められるシーンは多々あります。そんな時に役立つのが、『モノの見分け方事典』から紹介する、“本当に...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...