「若いワイン」をあっという間に飲み頃に変えるデバイス

よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いとは「飲みごろ前」という意味で使われる。

イタリアンなんかを食べに行って手頃なワインを注文すると、気の利いたカメリエーレだと「飲みごろは30分くらい経ってから」なんて教えてくれてデキャンタージュすることがある。空気に触れさせて香りを開く、若いワインをおいしくいただくには、まあ、多少の待ち時間も“料理のひとつ”、でいいじゃない。

とこのツールに出会うまでは思っていた。

飲みたいときを
「飲みごろ」にかえる
ワインタップデバイス

84fa2cab64d72323c80eea62f4a187b2a8d13dad

ワインボトルの先に取り付けられたこのデバイス「Aervana」は、いわゆるワイン・エアレーターのひとつ。ワインに空気を含ませることをエアレーションというが、エアレーターはボトルからグラスに注ぐ際に、酸素を取り込むことで空気になじませるためのツールだ。言うなれば、若いワインを強引に飲みごろに持っていってしまおうというもの。

ボタンひとつで
瞬時にエアレーション完了!

64567294ee7fb4ed1c70fd98a1c2c83db2c74b528919c70b6a91e630ad3894c2c151016a0233a90f

電動式のAervanaをワインボトルにセットし、てっぺんのボタンを押すだけで、瓶の底まで届くチューブを通ってワインがグラスへとタップされる。この吸い上げる途中できめ細かな泡をワインにたっぷり含ませ、ワインが空気と触れ合うことで瞬時にエアレーションを完了させてしまおうという発想。

Bf9d60f48693fc46ee49229369493268ffdb57c3

だから、タップしたてのワインはスパークリングとまでは言わないものの、きめ細かな泡立ちが見ても確認できる。

若いワインとの
ライトなつき合いかた

031ddc0112fb6399b5c7097bf98a9b38a039a762Be373695fe22710aa1ea509d147bf3bba5b457ce

正直に言えば、この製品を使ってみないことにはどのくらい角が取れて、酸味が和らぎ、香りが立つかは分からない。それもワインごとに違うしね。だけどこれで99.95ドル(約11,000円)ならば、まあ考えられなくもない。気になる人はこちらから。

使用後のメンテナンスも、水をチューブから数回吸い上げてすすげばいいだけというから楽チン。唯一引っかかるのが、本体にセットする単四電池6本(メーカーはこれでボトル200本のエアレーションが可能と)ということだけ。動力がもう少し経済的になれば、高価なワインに手を出さずとも楽しめ、ランニングコストも抑えられそうだけどな。

Licensed material used with permission by AERVANA
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...