これは飲んでみたい!ウイスキーやワインを、数時間で熟成させる「木製ボトル」

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oak Bottle」は、普通のウイスキーを“年代物”の風味に変えてくれる魔法のような木製ボトルです。しかも、ワインやビールにだって使えるのだとか!

熟成スピードは、
なんと従来の60倍!?

Medium 2ecdeec916384edef0269aa831d08ce1ab6e7f82

その名の通り、材質はオーク材。一般的に、蒸留後のウイスキーを熟成させる樽に用いられているアレです。

Medium f6a8d332a4a32ed8c51eb622ade890facefc3280Medium 41b40000fb93d8d1f1032698505e48f9bcc6d485

これを使えば、なんと従来の約60倍のスピードで熟成が可能。信じがたいですが、早ければ2時間ほどで“ヴィンテージ品”の風味へと変貌するのだそう!

Medium ccc0860aa21295d5255beb9fbec5dbacf4a0d43d

通常の熟成樽と同様に内部を炎で焦がし、良い香りを引き出します。

Medium 62719b3c5ecf8d039397c6dcb2556ac0d1f5a3a9Medium 58f6c8d6e6beb50a12124b5b1a24fd15990b805e

前述の通り、ウイスキーだけでなく、ワインやビールだって熟成できます。

Medium eefb7f454ec56b2c7e02532e75371e2fd3b31ceb

木の素朴さを感じさせつつもスタイリッシュなビジュアル。どこに置いても様になるところも嬉しいポイントですよね。

Medium cee42120d4a3dd94d8c1c9b33631732da845f089

ただし、一度あるお酒を入れたら、新たに別の種類を入れるのは避けたほうがベター。さすがに味も香りも混ざってしまいますからね。開発したOak Bottle社は、お酒の種類ごとにボトルを用意することを推奨している模様。

Medium 9e803a2cecd052f560d0ffc8c3ecf7cad311ebbcMedium 1140c787fc31c475baa5ec3a9f6cbb83b06f57f5
Lサイズ(750ml)は13,000円(税別)で、Mサイズ(355ml)は9,000円(税別)。問い合わせ先はこちら。味覚に関しては個人差によるところが大きいですが、試してみる価値はあるかも!
Licensed material used with permission by Oak Bottle LLC
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
海外賞レースでの好成績やNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』などのトピックから火がついた国産ウイスキー人気。それ自体は喜ばしいことですが、人気ゆえに国産モ...
これから紹介するのは、「好きなアルコールの種類で、相手がどんなタイプかを読み取ることができる」と述べる、ライターDan Scotti氏が書いた記事。彼はど...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
世界最高のウイスキーは、「山崎」酒と共に生き、推理小説家として史上最高とも称されるかのレイモンド・チャンドラーは、かつてこんな名言を残したという。 ーこの...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...