いくら水を飲んでも2日酔いは防げない!との研究結果

2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。

アメリカ科学振興協会(AAAS)より発表されたのは、オランダとカナダの学生およそ1,600人を対象に調査した研究の内容。

水をいくら飲んでも
2日酔いになる

Medium 143b28d672b2b65071832b778196f5b1e455bd36

一般的に私たちがそうしているように、調査でも同じく学生たちはさまざまなものをアルコール摂取中や摂取後に食べていたそう。例えば、飲んだ後に脂っこい食事をしたり、ヘビーな朝食をとってみたり。

中には飲みながら水を飲むという人や、寝る前に必ず水を飲むという学生もいたようですが、調査の結果、ほぼ関係ナシ。症状の程度の違いが若干見られはするものの、ほとんどみんな2日酔いになっていたそうです。

唯一の対処法は?

Medium 085429c7f7f50674482ea47568008fcdb724da28

では、2日酔いになる人とならない人の差はどこにあるのか?というと、確かに言えることは血中アルコール濃度の高さだそう。

血中アルコール濃度0.20%を超える学生が2日酔いを免れることはほぼナシ。では、ならない人はというと、ほとんどの学生が0.10%以下に留まっていたそうです。

ちなみに、「キリンビール株式会社」のホームページに掲載されている、「アルコール健康医学協会『お酒と健康を考える』」より抜粋されたアルコール血中濃度の目安は以下のとおり。一部抜粋します。普段飲んでいる量と比較して、どうでしょうか?

■0.05~0.10%

ーーレベル2:爽快期

<目安>

・ビール(1~2本)

・日本酒(1~2合)

・ウイスキー、シングル(3杯)

<症状>

・ほろ酔い気分になる

・手の動きが活発になる

・抑制がとれる(理性が失われる)

・体温が上がる

・脈が速くなる

 

■0.11~0.15%

ーーレベル3:爽快期

<目安>

・ビール(3本)

・日本酒(3合)

・ウイスキー、ダブル(3杯)

<症状>

・気が大きくなる

・大声でがなりたてる

・怒りっぽくなる

・立てばふらつく

■0.16~0.30%

ーーレベル4:酩酊期

<目安>

・ビール(4~6本)

・日本酒(4~6合)

・ウイスキー

・ダブル(5杯)

<症状>

・千鳥足になる

・何度も同じことをしゃべる

・呼吸が速くなる

・吐き気

・おう吐がおこる

一軒目で我慢!

Medium 535d8bea93d101266f65689b37c8a62f9026bc57

調査の結果わかったのは、水を飲もうが食後に何か食べようが、2日酔いにはなってしまうということ。つまり、唯一の防止策は「自制心」。飲まないに限る!それが一番難しいんですが…。

一方で、水を飲むことはのどの渇きや唇の乾燥を防ぐことには役立つ部分も。脱水症状を防げる可能性もあるため、全く無意味というわけではなさそうです。

実験では1件目でお酒の量を控えることで大幅に飲酒量を減らしている学生もいたようなので、スタートダッシュだけ気をつけるとだいぶ違ってくるのかもしれませんね。とりあえずビール!で勢いがついちゃう気持ちはわかりますから。

とにかく、翌日に残さない飲み方を実践するために、適度な飲酒量だけは意識しておきましょう!

愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...
通勤時に立ち寄るコンビニで、いつも購入している紅茶やジュース。これからは「水」に変えたほうがいいかもしれません。「Mic」に掲載された記事によると、水を飲...
海外では、体に貼るだけでいい「2日酔い防止製品」が話題なようです。お酒の席が増えるほど何らかの防止策が必須とはいえ、毎回ドリンクや粉末・錠剤を飲み込むのっ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
少しでも大人に近づきたくて、精一杯背伸びしていた高校時代。そんな多感な時期をともに過ごした友だちと当時の話をすると、甘酸っぱい記憶が甦ってなんとも言えない...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
渋谷・道玄坂沿いにある「森の図書室」は、深夜までお酒やコーヒーを味わいながら本を読める、くつろぎの場として人気。2016年3月18日には、その2号店がオー...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに据え、「地方と食」にフィーチャーした様々なプロジェクトを展開する「DINING OUT(ダイニング・アウト)」...
そんな簡単なことで体重が減ったら苦労しないよ、とお怒りのあなた。ちょっと待って! 英・バーミンガム大学が実際に調査を行い、その成果として"水を飲むことによ...