ワイン好きの皆さん。デキャンタージュした後でも、これなら保存ができますよ!

飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプといったツールの用意があるはず。ならば、デキャンタージュしたものの保存はどうでしょう?

飲み残したワインをいかに
酸化させずに保存できるか?

Medium 0960add79a1752447a0fc3f1e917905c9fe9df3e

ワインボトルは、一度開栓したらその日のうちに飲み干さねばならない。こんなイメージがあるかもしれませんが、欧米人だって余ったワインを無理に飲むことはしません。飲み残したワインが「美味しくない」と感じるのは、コルクを抜いた瞬間から空気に触れることで、ワインの酸化がはじまるから。つまり、保存方法の問題。

ここまでは、根っからのビール党だって知識として持っているでしょ?

デキャンタごと
真空状態をつくり出す

Medium 13b53efb2a52b2c442f0ba0c0d63b1bc5e9fdb1e

では長期熟成タイプの赤ワインを、俗に言うところの「ワインを開かせる」ためにデキャンタに移した場合、飲み残しをもう一度ボトルに戻す?ヨーロッパでは、銀のスプーンを入れて酸化を止めるなんて方法もあるようですが。

サンフランシスコのメーカーが開発した「Wine Squirrel」はもっとスマート。デキャンタージュした状態のまま保存が可能な優れものです。ポイントは至極単純、デキャンタごと真空にするだけ。

6369a880242b0ad5fa2d27bd357e730fccdc625f

動画の説明によれば、円筒形のデキャンタに移したワインが余ったら、まずは付属のハンドル(画像内黒の部品)を使って密封栓(画像内白の部品)をワインの水面まで押し入れます。

D10b9953a2e6fd51fd59c485b20dc614c07fe996

次に、ハンドルを時計回りにまわして、ハンドル部だけを抜き取りました。これで真空状態が完成。たったこれだけ。

逆さにしても
ほら、漏れない!

Medium 76f84b5adcabb4d3f2a1ee1b13a01a88996b48ff

確かに、逆さにしてもご覧のとおり漏れてこない。この状態で涼しい場所で保管しておけば、2〜3週間は保存が利くそうですよ。開栓する際は、ハンドルを取り付けて今度は、反時計回りにまわして密封栓を外すというもの。

Medium 643839c43286f8fab77f36e441424dcb19c79974

もちろん、どんな形のデキャンタであれ目的は果たせる訳ですが、真空をつくり出すのに向いているのは、やっぱりこの円筒形だったんでしょうね。

すでにクラウドファウンディングにて目標額をクリア。プレオーダーでは65ドル(約7,000円)にて販売中。気になる人はこちらから。涙滴型やダッグ型、いわゆる底の広がったマグナムタイプのものなど、今後デザインが増えることも期待してしまいます。

Licensed material used with permission by Wine Squirrel
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
シンプルで飽きのこないデザインが魅力の琺瑯(ほうろう)。料理家のみならずスタイリストからも愛好され、セレクトショップの棚を飾るこの調理器具の本当の魅力を知...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
美容効果も期待できる「アボカド」ですが、そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物に混ぜたり、フライにしてもおいしいですよね。しかし残念なのが「日持ちしな...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
イギリスで小児がんを患っていた14歳の少女が亡くなった。彼女は、将来生き返ることを目的に、自分の遺体を冷凍保存することを求めて訴えを起こし、裁判所がこれを...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...