プラスチックの平たいボトルに入ったワインが「ポスト」に届く!?

仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、もしもそのなかに、大好きな「ワイン」があったら…。

自宅にワインが届く
(しかもポストに)

106f047a6922af1bd6ee09eac47b9fb4f1d4369f

そういったニーズに合わせてか、最近流行しつつあるのが「ワインの月額サービス」。毎月さまざまなバリエーションで届けてくれるため、受身でも自然といろいろなワインを楽しむことができちゃうんです。

でも、ひとつ問題があります、ワインボトルはとても大きいし、毎月受け取らなきゃいけないのは、なかなか面倒でもあります。不在票は入っていたけど、ついタイミングを逃して返送されてしまった…なんてことも。

そこで登場したのが、イギリスの「Garçon Wines」。ワインをポストに入れてくれる、という斬新なサービスです。独自のプラスチック製ボトルで、新鮮&高品質なワインをポストインしてくれるんだとか。

7a244bdcffd483715b3014c0215ab7519feb6d35

「ワインボトルは、ポストになんか入らないだろう」って?その通りです。だからこそ、専用に作られたボトルは薄型になっているのです。

6c7abf7c5489812c430b8a7a060f022bd23bc322

本棚に並べておけるサイズなので、ご覧の通りスペースも取りません。またプラスチック製ということもあり、ビンのように割れてしまう心配もなし。軽量で輸送しやすいところもポイントだそうです。

もっと気軽にワインを。

B1e6507f3dfe07a8a0e9ca07b908a6527fc02adb

サービスはこれからスタートということで、サイトでは1年間のワイン無料が当たる抽選が行われています。

かつて映画は映画館へ見に行くものだったのに、いつのまにかPCやスマホで見ることのほうが当たり前になりつつあります。イノベーションは、人々の生活や認識を大きく変えてしまいます。ワインと言えばポストに投函されるもの、なんていう未来が来たらちょっと驚きですね。

Licensed material used with permission by Garçon Wines
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。<除去できるもの>・ウイルス(球菌...