グラス1杯分のワインが毎月届く。試飲感覚で楽しめる、定期便サービス「VINEBOX」

よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり、勧められるがままに、多くのワインボトルを開けてきたはず。中には、口に合わずに…なんてものもあったのでは?

ここに紹介するワインの定期便サービスは、なんとグラス1杯分から。「テイスティング感覚で利用できる」と評判を呼んでいる。

グラス1杯100ml分
毎月3本届くミニボトル

Medium 02f214b7bbc2aaae9e07c7c06f9df3d733328708

味はもちろん、産地の異なるワインを毎月楽しめる「定期購入サービス」は、ワイン好きの間ではすでに周知のサービス。認定ソムリエたちが厳選したワインとはいえ、送られてくるのはボトル1本(750ml)単位で、これが数本というのが基本スタイルだろう。

ところが、新たな会員制定期サービス「VINEBOX」は、わずか100mlをボトル詰めした極少量タイプ。これが3本セットになったお楽しみボックスで、毎月自宅に届くというもの。量にしてわずかグラス1杯分。このサービス最大の魅力だ。

というのも、いくらプロのソムリエが厳選した味といえど、自分の口に合わなければ意味がない。もしも、そんなワインが届いてしまったら…。「あの有名ソムリエのセレクトだから」とか「この価格なら仕方なし」、と都合よく解釈してガマンする?ボトル1本は意外に量がある。

中小規模のワイナリーから
隠れた“個性”を見つけ出す

Medium bafb6f7c9e6975f40df15f8e2cef7642b06c224a

まるでフラスコのような専用ボトルは、それぞれ100ml入り。アメリカで特許取得済みの製法で瓶詰めされたワインが、産地から直送される。このままでも3年間は保存が可能だそう。ソムリエとワイン業界の専門家がタッグを組み、世界中の中小規模のワイナリーから、品質のいい個性的なワインを毎月セレクト。ここに、並々ならぬこだわりと自信が伺える。

たとえば、世界100カ所以上のワイナリーでコンサルタントを請け負うミシェル・ロラン氏を招いてから、飛躍的な品質向上を遂げた「シャトー・キルヴァン 2008」。ゴールデンイエローの美しい「ドメーヌ・グロゼ 2011」。シャトーやドメーヌの大小に関わらず、独自ルートを開拓した個性あふれるセレクトが身上だ。

テイスティング感覚で
自分のお気に入りを
見つける楽しみ

E70a7b34d73f1f70d598489301a36bec23fe3fe1

まだスタートしたばかりのサービスゆえか、初期の数カ月間はフランス、イタリア、スペインからの直送ワインが中心。今後、契約ワイナリーをヨーロッパ各地へと広げていく予定だという。

Medium e6851c57cadbaa6490d4755b283206dd10f59ef3

ところで、「VIBEBOX」はワイン通よりもどちらかといえばワイン初心者の人に向けてこのサービスを展開したい狙いがある。というのも、グラス1杯分という小分けにしたのは、それぞれのワインの良さを知ってもらうための、いわばテイスティング用というわけだ。そこでお気に入りの一杯を見つけ出し、ケースでボトルを注文してもらう、というのが真の狙い。けれど、これこそがワイン通の“失敗しないオーダー法”でもある。

そのため、アプリと連動してボックス内のワインの説明やワイナリーの情報を提供。わずか1杯分だが、より詳しくワインに触れるサービスを提供し、自分が試飲したワインのログも残せるようになっている。バラエティ豊かなワインに触れることで、興味もググッと広がるはずだ。

Medium 4da5a57e496bddf6ae617618b03e656c957dd554

まずは、グラスで1杯。お気に入りを見つけたら、ボトルを注文してワインパーティーで友人を招いたり、友人にプレゼントしたり。少量飲み比べサイズ、意外に使い勝手が良さそうだ。

ちなみに価格は1ヶ月35ドル(約4,000円)、年間購買の場合は月額が30ドル(約3,400円)とお得になる。いづれも会員登録が必須。残念ながら、現在のところアメリカ13州のみでのサービスだが、日本でのサービス開始を期待せずにはいられない。

Licensed material used with permission by VINEBOX Inc
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...