豪カンタス航空がエコノミーでも、無料でワインの「テイスティングサービス」を始めた理由

オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった乗客に対しワインのテイスティングサービスを実施しているそう。これ、テイスティングという点がキモなんです。

希望者はギャレーの中で
テイスティングできます!

Ef70e3cbc1599eefaeb317bf6b50c0a53d8910ac

でも、単なるオーストラリア産ワインのドリンクサービスという訳ではなさそうです。なぜってファーストやビジネスならまだしも、エコノミークラスでもこのサービスを利用することができると言うのだから。

ところがこれは、あくまでテイスティングとしての位置付けで、ワインが振舞われる場所もギャレー(機内の調理室)の中。しかも、サービス自体があまり公には知られていないもののよう。これって、一体どういうこと?

ソムリエ養成講座
客室乗務員の研修だった

「トラベルボイス」によると、カンタス航空では、昨夏オーストラリアのトップレストラン「ロックプール・グループ」のワイン専門家を交えたソムリエチームを結成。このチームが、ワインやシャンパン、スピリッツなどおよそ1,200種をテイスティングし、国際線と国内線、およびラウンジで提供される飲み物の評価と選定を行ってきたそうです。

また、機内で提供される料理とワインのマッチングを客室乗務員がきちんと説明できるよう、“天空のソムリエ”養成のため、独自の研修プランを始めました。つまり、この無料サービスはその実技試験の一環だったワケ。

豪州ワインのクオリティを
航空会社がアピール

9fee046b772a0a5798a78cd8ffa2f374c9074767

これまでにもワインサービスの取り組みが高く評価され、ロンドンの旅行専門誌が開催した「Cellars in the Sky Awards」にて、毎年のようにカンタス航空は賞を受賞してきました。

ワイン生産量では、つねに世界トップ10に名を連ねるオーストラリア。自国産業の多様性と品質の高さを世界に広める重要な役割を、航空会社が担っているという自負は、「毎年およそ1,500万豪ドル(約11億円)をワイン業界に投資し、機内ワインの選定に力を入れている」という、国際線部門担当のCEOギャレス・エヴァンスの言葉にも表れています。


教育プログラムを自社で構え
ブランドの独自性を打ち出す

各航空会社ともにソムリエの資格を持つ客室乗務員がいること自体は、何も珍しいことではありません。けれど、正式なワイン教育プログラムを自社で取り入れ、客室乗務員があらゆる観点からワインサービスについて学ぶことで、差別化を図ったカンタス航空。

現在、すでに200人のソムリエが育ち、2,000人以上の客室乗務員が、中級または上級レベルのトレーニングを終了している(と同社は報じている)ことからも、その本気度の高さが伝わってくるのでは?

もし、近くカンタス航空の利用を予定している人は、乗務員にワインリストをオーダーしてみてはいかがでしょう。もしかしたら、特別なワインが用意されたギャレーに招待されるかも!?

よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
「復讐してやる」とまで本気で思わなければ、こんなの無縁のサービス。でも、必要としている人にとっては、この上ないお返しができてしまう。しかも、その手を汚すこ...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
「仕事が忙しすぎて、部屋の掃除や洗濯ができない…」「大きな本棚を買ったんだけど、思ったより組み立てが難しくて…」普段の生活で、こういった“ちょっとした困り...