この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年の時を経て完成したこの施設のこだわりは、「細部のつくりまでワインの魂を表現すること」。

さて、そのこだわりとは?

博物館そのものが
ワインのカラフェ型

91913b6dc6de95bf2a780822625804cf29dd0732

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

まず注目すべきはその建築。18世紀からの伝統的な建物が並ぶ中心街からトラムに揺られること15分、ボルドーワインのぶどうの生産を支えているガロンヌ川沿いに、突如として現れる巨大な近代建築がワイン文明博物館だ。

天高くうねりながらせり上がっていくこの建物、刻一刻と変わる空模様や太陽の向きによって違う光り方や表情を見せてくれて、見ていて飽きることがない。設計者はワインのカラフェやガロンヌ川の流れをイメージしたという

美味しいワインを飲んだときに体の中を駆け巡る躍動感(や、その年の気候やグラスの中でも味が変化するワインの面白さ)を連想する人もいるかもしれない。

ちなみに建物の中も曲線美だらけ。3,000平方メートルにも及ぶ3階の展示スペースを構成する574本の木製の梁は、1本1本が異なる曲線を持っていてすべてカスタムメイドだ。

パネル展示を廃し、
ヘッドホンとタブレットで
体験と没入に特化

18ca8a8fb2c808bc636275d8d0264a40fe51ae85C71e0a531249eb0a43bd68692d3962f94e4e6f8f

展示のコンセプトは「体験型、没入型、そして直感的」。

館内には、延々と説明文が書かれたパネルはほとんど存在しない。入り口でまず渡されるのがヘッドホンとスマートフォンのような「トラベリングコンパニオン」。 その名の通り、ワインの文化を知る旅のお供になってくれる。

これを館内250カ所にあるセンサーにかざすと、各展示と連動したアトラクションが始まるようになっている。表示言語とオーディオは日本語も選択可能だ。

入り口の大きなスクリーンにはヘリコプターから見た世界有数のワイン畑の映像が次々と映し出され、別のスクリーンでは各地の生産者やマーケティングに関わる人たちが、自分の土地で生産されるワインの魅力をプレゼンしてくる。

インタラクティブな地球儀を回すと、「え?こんなところでもワイン造り?」と驚く産地があるかもしれない。

ワインの歴史は貿易船に乗って

Cd1f405f7878aa71e6112c527b12309c72964b35

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

歴史もちゃんとカバーされている。「ワイン文明」のコーナーに設置された箱の中にセンサーをかざせば、ユーモアに溢れた寸劇が始まる。

箱から箱へとテンポよく進んでいくと紀元前6,000年の古代エジプトから現代に至るまで、ワインがどのように生まれ、楽しまれ、広まり、守られてきたのかを学ぶことができる。

 隣の鑑賞スペースでは、ワイン貿易船に乗る旅を体感できる映像コンテンツも。飲んだ後に見ると船酔いしてしまうかも?

ワインの特徴を表現する
「香り」も展示

D2274f7cc849bef6d3dd680ac3d3b2307bc53806Ef620de177a5a91c2d548be88071b09af66a6f7d

ところで、よく花や植物、香辛料の香りでワインの特徴を表現することがある。それってどんな匂いなの?と首をかしげることも多いけれど、ここではそれらの香りを実際に嗅いでみることができる。それが、このずらりと並んだフラスコ。

常設展示だけでも全部で10時間を超えるコンテンツは、生産者や仲介業者、ソムリエ、レストランのシェフやブロガーのワインの専門家など、まさにワインの魂とも言える人々100人のインタビューをもとに作られているそう。

これを“マンツー”で聞くことができるブースも多く設置されており、誰の話を聞くのか?何について質問するのか?来場者それぞれが自分で自由に動き、自らが触れるコンテンツを選択して、発見を楽しむ。この「旅らしさ」が展示の醍醐味だ。

ワインを飲む人も飲まない人も、知識のある人もうんちくが嫌いなひとも、誰もが楽しめるようにと作られた展示。なんと、こども向けのツアーもあるそう。

入場料にはグラス1杯の
テイスティングも含まれている

9c5f9e554c0ae5df82f5c097df696bed1909fc74Ca4f14065a1845eb265214986d0524e2c84034ab

街はボルドーワインで有名な場所だけれど、あくまでも世界のワイン文化を楽しめるのがこの博物館の醍醐味。1階のワインセラーでは70か国以上から集められた800種類ものワインを取り扱っており、シリアやエチオピア、バリやタヒチなど珍しい国の銘柄も。また、自由に閲覧できる2階の図書館には世界中から集められたワイン関係の書籍がある。

そうそう、入場料にはグラスワイン1杯も含まれており、360度ガラス張りの9階展望台にて味わうことができる。その1杯をどこの国のどのワインにするか、悩むところだ。

展示や試飲で満足できない人は博物館の主催するワイン教室でテイスティングをより深く学んだり、最上階の展望レストランで食事とのマリアージュを楽しんだりすることもできる。(どちらも入場チケットなしでも利用可能)。

ちなみにワイン博物館で働く人たちのドレスコードはピンクのシャツにカーキのボトムスとカジュアルだ。博物館を訪れた人ならば、町中でこの色合わせの人を見かけると職員だと分かるだろう。これも、ワインとともに生きてきた伝統的な町の中になじむ、粋な仕掛けのひとつだ。

Photo by Akiko Terai
Licensed material used with permission by La Cité du Vin
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ワインは好き。だけど品種とか産地とか、何が良いのかよく分からない。だからついつい「ジャケ買い」しちゃう…。そんな買い方にちょっと後ろめたさを感じているワイ...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
クラウドファンディングを目的としたサイトKicksterterには、あらゆるモノが登場する。目からウロコの発明品もあれば、次世代ハイテクギア、モノでなくと...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...