有名な「ギリシャ絵画」をInstagramのポスト風にしてみたら・・・

そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待っていました。その“ハマり具合”はクセになること必至!

セルフィーに自撮り棒!
細かい芸に注目

B88638cf0c20b0577aaf83c584ff785fecfadd0f

ふたりの表情や顔の角度を見るかぎり、「元ネタも自撮りでしょ!」と疑ってしまうほどのナチュラルさ。「いいね!」の数も931と順調に伸びている模様。

3efd4df57ee08fa4cb2d531ee820ee235df0f9cd

女性の胸部にかかるモザイクも元の作品にはないもの。芸が細かい!

84ca386df89e2c2420b5399e96bb5274f4fa5185

いわゆる「自撮り棒」まで駆使。

C4f19260bead2c20d09138e22a657c04e9d0fc21

このセルフィーもめちゃくちゃ自然です(笑)。

C1c69a872b0df8f668aa247242d2e4da4996a60c

5枚の中で最多の961いいね!を記録しているのがこちら。投稿のタイトルは「He's my new BFF!(彼は一生の親友よ!)」。確かに現実でも、楽しそうなパーティーの様子には「いいね!」が集まりがちですもんね。

Licensed material used with permission by Serial Kolor, (Facebook), (Instagram)

We turned vintage Greek canvases to instagram posts. 
We, at SERIAL KOLOR, are a creative agency, operating on interdisciplinary levels. We are passionate about telling stories – through integrating compelling designs, motion and sometimes live actions.  
How about we examine a percentage of the famous canvases from the times passed by and remember them in the light that they ought to have been initially seen. 
We chose couple of renowned vintage Greek artistic creations and modified them with insane inscriptions and hash tags. We made it like as the first craftsman transferred those a very long time prior. 
Much attention has also been paid to the details of each re-interpretation. The social media snapshots have retained their color while the rest of the canvases have faded, and timestamps like “8134w” have been included to reflect each artwork’s creation more than 150 years ago.

古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
年輪のように深く刻まれたシワ、おでこから頬にかけ転写されたシミ。エーゲ海に浮かぶギリシャの小島パロス島で、漁師として働く男たちがいる。いや、正確に言えば「...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
普段、私たちが何気なく見ている夜空ですが、場所や時間によって、様々な表情を見せてくれます。条件さえ整えば、日本でも綺麗な天の川を見ることができますが、フォ...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
愛は深い。それは約2800年前に古代ギリシャ人が生きていた時代から同じだった。愛をより理解するには、彼らの考えを学ぶのがいい。エロス、フィリア、アガペーは...
ギリシャの家庭料理には、食用の葉っぱでお米やひき肉を詰めて煮込んだものがあります。「ドルマダキア」がそれ。調理法はとってもシンプル。これをおつまみにお酒を...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
濃厚でクリーミーな味わいが人気の「ギリシャヨーグルト」。高タンパクで低カロリー、さらにカルシウムも豊富に含まれているとあって、健康やダイエットを意識する人...
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...