「世の中、マジメな写真が多すぎない?」。遊びたくなってしまったフォトグラファー

「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」

これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど数ヶ国を股にかけて活動するフォトグラファー、James Popsysさんの言葉。

日常で目にするもの同士を組み合わせて、くすっと笑える写真や、ちょっぴり皮肉を込めた写真をつくる彼の写真をいくつか紹介しましょう。

01.
「上流」の暮らし

地図の上を気球で。

02.
ハッピー・フライデー

ビールにダイブ!

03.
ムーン・ウォーク

月面チーズ。

04.
気だるい朝

ビッグ・ベンも、朝はつらい。

05.
ロンドン・タイヤ

イギリスにある観覧車、ロンドン・アイがタイヤに。

06.
Wi-Fi

どこまでも、Wi-Fi。

07.
オペラハウス

シドニー・オペラハウスの上に舞う、鳥で描かれたハートマーク。

08.
大脱走

じつは、後ろのオフィスビルのライトが点くまで数時間待ったというこだわりの一枚。

09.
コーヒー注入

HSBCホールディングスのビルには、コーヒーを。

「“普通”に見える写真が好きなんだ」

「写真って、昔は『記録』みたいなものだったんだ。レンズの前にあるものを写すだけのね。でもテクノロジーの進歩のおかげで、とてもクリエイティブにできるようになった。魔法にかかったようなミステリアスな写真を作るフォトグラファーもいるけど、僕はできる限り『普通』に見えるイメージを作りたいんだ。ただレンズの前にあるものを写しているだけに見えるようにね」 

そんなJamesさんにとって、日本は絶対に行きたいと思っている国のひとつなんだとか。

「行ったことのある家族や友人は、みんなお気に入りの場所になったって言ってるんだ。早くカメラを持って行きたいね。それに、この記事を読んでくれた人にも会えるといいな!」

Licensed material used with permission by james popsys
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
夢中になってフィギュアで遊んでいた子ども時代を思い出させてくれる、そんな日本人フォトグラファーがいます。大阪で活動している「ホットケノービ」さん。彼の写真...
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
心理学と機械学習の計算社会学での研究により、インスタグラムの投稿写真からうつ病の傾向が判明した。166人の研究対象(うつ病患者とそうでない人)との投稿写真...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
加工しているのかわからない、リアルさを売りにした合成写真はたくさんあると思う。だけど、アメリカを拠点に活動するフォトグラファーStephen Mcmenn...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...