この写真の裏に隠されたフォトグラファーの「怒り」。

これらの写真を撮った「カメラの値段」

予測してみてください。

A2b4c91f1d768e1ba2f815a40790efc51d5990a851ad72c6b126997f72c22e576b24163fe0b2afaa5968afd392f59bfbe65b5d86526e073a4e18e88a

実は、カメラとレンズの値段を合わせて2万円以下なんだとか。

これらの写真を撮ったフォトグラファーPhillip Haumesserさんは、自身のHPInstagramFacebookのアカウントに、どこか懐かしい気持ちになれるようなノスタルジックな作品を載せています。多くの人が残す賞賛のコメントには嬉しい気持ちにはなるものの、ある一部の人からの言葉には、どうしても我慢できないそう。

「すごい!きっと、高性能なカメラを持っているんだね」
「もし同じカメラを持っていたら、僕も撮れるだろうな」
「高いカメラを持っていないから、君のような写真は撮れない」

そんなことはない!と、Phillipさんは心の中で叫び、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、eBayで揃えたようです。カメラやレンズの値段よりも大切な要素が写真撮影には存在する、ということを証明するために。

B18220a24d25dc84813046bae351d05d3842f1b9754e5ae4ee01705f86a5096ec8af9157154c24226c5a5c9f2b46bd0178b2d22a9cf7e881db9099b973864342a254038b182d327d42685e42126e6d2fA5d5230220588f6124afefedc2535d72c6a06cfdAd16edb6b679a795bb3c57cd0b6ebef63fc8cc468e84d2392cb67ac78ec8037f0768c693c8f74d0d

夢の中のような雰囲気を写真に落とし込んだPhillipさんは、こう語ってくれました。

「はじめに断っておくと『Photoshop』と『Lightroom』を使ってます。ネガティブなことを言う人がこれをどう考えるかは、全く気にしません。

撮るときに僕の頭の中にはイメージが湧いていて、それを形にしてるのです。だから、加工が必要なこともあります。あと、お金を払えないと言う人のために補足すると、これらのサービスを利用するのに週あたり$2.5を払ってます。カプチーノよりも安い値段ですね」

Licensed material used with permission by Phillip Haumesser(HP), (Facebook), (Instagram), (YouTube)
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...
アルビノの人に対する差別を知ってもらうべくフォトグラファーMarinka Masséusは写真を撮ります。タンザニアには、彼らを殺害したら幸運が訪れるとい...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
「どこでも走り回れるし、いつでも新しい冒険ができて大好きだった」小さい頃からの牧場生活をそう振り返るのは、学校へは行かずにホームスクーリングで育ってきたと...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
被写体、衣装、背景、小道具のすべてがシンクロ。風変りでありながら、どこかモダンさを感じさせる家族写真である。ポーランド出身のNatalia Wiernik...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...