一流のコマーシャルフォトグラファーが挑んだ「美しすぎる」昆虫写真って?

もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。

でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見極め、1枚の写真に対して約8,000カットを費やし、10ミクロン(髪の毛の1/7)レベルの調整をしながら、2週間かけて仕上げた」とか聞いちゃったら、さすがに一度は見てみたいと思いませんか?

小さな昆虫が
巨大なプリントに!

Medium a6d801e1a7bcdfa235a9a493b46a7a143847d477

撮影したのは、アスリートのコマーシャルフォトなどを手がけるLevon Biss氏。そもそもは息子が捕まえてきた昆虫でやっていたという撮影も、今ではオックスフォード大学自然史博物館とのコラボにより、壮大なプロジェクトになっているそう。

ちなみに上の写真は「Orchid Cuckoo Bee(ミツバチ科)」。

95aab80f59810bbcea47e3691f1e159ef7ee884d

現在、オックスフォード大学自然史博物館には、3m以上の巨大なシートにプリントした作品が、実際の標本と並んで展示されているとか(2016年10月31日まで)。

「どこまでズームしても大丈夫」というほどのクオリティで、触覚や産毛のような細かな毛並み、そして鮮やかな色合いまで表現されている。徹底的にこだわり抜かれた実際の撮影シーンの様子は、ぜひ動画で!

22種類を撮影

ここでは、そのうちの一部をご紹介しましょう。

Medium 5366ff8e9c62ea9045852595aa6856005e4e4fa1

Splendid-necked Dung Beetle(コガネムシ科)

Medium 589a7c6b0f7f1f682b327f625cabe4511272ec11

Tiger Beetle(オサムシ科)

Medium d2e13ca538032e4273a7fbf41fd66b325b1de3f5

Flying Saucer Trench Beetle(ゴミムシダマシ科)

Medium 3a79cc74bcf4431dfb5d8795a3a45040e504541c

Tortoise Beetle(ハムシ科)

Medium f974f28062de955a287a0b7d7a082480b56e8553

Branch-backed Treehopper(ツノゼミ科)

Medium 88fdfc6f8b5d4c5fdc64fad518c56df1c7849e8c

Ground Beetle(オサムシ科)

鮮やかに再現された光沢感もさることながら、気の遠くなるような粘りで仕上げられた1枚1枚の写真。この「Microsculputure」をまとめたホームページでは、どこまでもズームしていくようなクオリティでその写真を味わうことができます。

奥深き「昆虫写真」の世界、とことんまで覗きこんでみては?

Licensed material used with permission by Levon Biss
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
フォトグラファーにとって「雨」は、天敵とも言えるかもしれません。高価な機材は濡れてしまうし、一般的に撮影自体も難しくなります。でも、「雨の日にしか撮れない...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
屋根のある場所まで急いで走ろうと歯を食いしばるかわりに、肩の力を抜いて辺りを見渡す。すると、こんな景色が見えてくるかも。写真は、ポーランドのフォトグラファ...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
中央ヨーロッパ、四季折々の湖畔の風景を写した写真を紹介します。空気がピタッと止まったような静けさをきっと感じてもらえるはず。だけど、どこかに感じる違和感。...
2016年のナショナルジオグラフィック・トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた写真がコレ。ここではそれぞれの部門で選ばれた計12枚の作品を紹...