イギリスの写真家が出会った、世界の「少数民族」

「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。

イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト『BEFORE THEY PASS AWAY』を開始。世界の少数民族の姿を写したハイクオリティな写真は、世界中の人々に今まで知り得なかった新しい世界を見せてくれる。彼らと寝食を共にしながら、撮影されたのが、ここに紹介する写真だ。

01.
ヒンバ族
(ナミビア)

himba-4

himba-14

Mountain-tribe

NELS120787-TRIBES-HIMBA-002-meer-goud    NELS120787-TRIBES-HIMBA-001

02.
マサイ族
(アフリカ)

MASAI-13

MASAI-7

MASAI-3  MASAI-12

03.
ゴロカ族
(パプアニューギニア)

NELS120801-TRIBES-PAPUA-NEW-GUINEA-018

PAP_8252new

PAP_8530-SOUVBOOK-kl

PNG-1

PNG-13_web

PNG-16   PNG-43_web

04.
マオリ族
(ニュージーランド)

maori-2- (1)

maori-15

maori-16

NELS120792-TRIBES-MAORI-001

NELS120792-TRIBES-MAORI-014

05.
サンブル族
(ケニア)

samburu-2b

samburu-5  samburu-15

06.
カラム族
(パプアニューギニア)

PNG-40

PNG-41 PNG-47

07.
マスタング族
(チベット)

must-20

must-9  must-21

must-27

 08.
ラバリ族
(インド)

rabari-19-new

rabari-2

rabari-4-b  Rabari-7_web  rabari-12-new   85singo_Screen Shot 2015-01-23 at 15.59.37

彼にとって、写真は最も信頼できるコミュニケーションツールでもあった。近年まで他民族の入国が許されなかった地域などを含め、計31の民族写真が確認できる。未だ知られざる少数民族の生活の姿は美しい。

Licensed material used with permission by © Jimmy Nelson Pictures B.V Twitter),(Instagram

それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
動物と人との関わり合いをテーマに、長く写真を撮りつづけてきたシャルロット・デュマ。彼女の写真と向き合うとき、そこには、ただ「言葉なく見つめる」時間だけが流...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
最近、キャットラバーの間で話題となっているインスタグラム(okirakuoki )があります。それは、猫写真家の沖昌之が、野良猫の貴重な瞬間をとらえたもの...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
伊藤 徹也/Tetsuya Itoプロカメラマン。1968 年生まれ。日本大学藝術学部写真学科卒業。旅、ポートレート、ランドスケープ、建築、インテリアを中...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...