Amazonの「ドローン宅配」を利用してみたら、13分で商品が届いたって?

英ケンブリッジに暮らす、Amazonプライム会員のリチャードさん。いつものようにタブレットでオンラインショッピングを楽しんでいます。お目当ての商品を買い物かごに入れて、決済ボタンをポチっ。それから待つこと13分、空からドローンが降りてきて、自宅前の敷地に商品を置いていきました。

これは12月7日、初めてドローンによる宅配を実現させたAmazonが公式に発表した内容。積載重量や飛行距離、いろいろと制限はあるにせよ、「ドローン宅配」いよいよ現実味を帯びてきたことを実感させるニュースです。

宅配ドローンが飛び交う未来

B24d4e1d50db0986fc071781090b135e797bff9666378f20b02d7c44ca737542c7cf87235aa182e1

実用化に向けて開発が進むドローンを利用した宅配サービスは、Amazonのほかにも、Google、ウォルマート・ストアーズなど各社が実証実験を行ってきました。

注文を受けてから30分以内の配送を目指してオペレーション化を進めてきた同社。今回ドローンによるサービス「Prime Air」を利用したのは、拠点となる物販流通センターの施設から13.4km圏内に住むAmazonプライム会員のユーザー。

ただしドローン宅配の積載量は最大でおよそ2.3kg、とまだ運べるものにはかなり制限がついてしまう。現に無人宅配を経験したユーザーの一人がオーダーしたのは、Fire TV Stickと犬用ビスケットだったそう。

それでも、会員が商品をオーダーしてからユーザーの元へドローンが到着するまで、かかった時間はたったの13分だというから驚き。

オーダーから商品到着まで
わずか13分!?のからくり

では、実際にオーダーしてから商品が到着するまで、Prime Airの心臓部に潜入し、ひと足早くドローン宅配の未来をイメージしてみませんか。

93a0b9493df83c7b6ec849b6646fe8b41f3dfc75

専用アプリ「Prime Air」を使って、まずは自宅でショッピング。

25a75b2c562041859bf41a4bb3045c4c64fb7a83

決済ボタンをポチッと押した瞬間、Amazonの物流センターに依頼が届きました。スタッフがすぐさま商品をピックし、段ボールに梱包。

2f35ffc773a2c3c18994e57bc0f36f59411fb1dc

段ボールはコンピューター制御されたベルトコンベアに乗って、配送用ドローンの待つドックへ。そして、商品が内蔵したカーゴに積み込まれていきました。すると…。

Bd61b68db424353e3548e199e9ab8effd6033d08

なんとも物々しい雰囲気でシャッターが開き、そのまま屋外までカタパルト(射出機)がググッと伸びてフライト準備完了。最後にオペレーターがPC上で離陸の合図(クリック)すると…荷物を載せたドローンは空高く飛び立っていきました。

66e1f3e3f0789f56409fdffb559af8bb2cac07c9

上空数十メートル、GPSに導かれて安定したフライトを続けるドローン。目的のユーザー宅を見つけると、ゆっくりと下降を開始しました。

1f178df0baefc7083742b25791c3dc4e8091f3fb

着陸地点へナイスランディング!カーゴのレバーを外して、さっと商品の入った箱だけをそこに置き、すぐさま飛び立つPrime Airでした。

とここまでを見ても分かるように、ある程度の重さのものであれば、積んで、飛んで、置いてくることのオートメーション化は実証できた。ですが、悪天候時の飛行や、そもそも地面に置きっぱなし状態になってしまう点など、実用化に向けての検討事項も、きっとAmazonは持ち帰っているはずです。

それこそ宅配ピザじゃないけど、30分以内をウリにするならば、ユーザー(もしくは代理で受け取れる人)が届け先にいることが前提。こう考えれば、指定した場所に商品が置きっぱなし、ということもないのかな。

Licensed material used with permission by Amazon
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
2015年11月3日、Amazonが米シアトルに書店をオープンしました。20年以上オンラインストアを運営してきた同社がリアル店舗を持つのは初の試み。何年も...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...