5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)

「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がものすごく増えた印象があります。

これは、同社がINDIEGOGOで資金調達に成功した「JETJAT ULTRA」。安価ですが、ドローンを“普段使い”したいと考えた時に、必要な機能がバランスよくまとまっています。

誰でも扱える
撮影用ドローン

65ae26029efd167b04100a095bcc02109058d08c730e28fa3606854e0fcd532436e9f81c3f0cfe56

手でポイッと投げれば、そのまま自動で空中に留まり、写真や動画が撮影できます。カメラは640×480(0.3メガピクセル)。スマホをセットして、撮影の視点を画面にライブストリーミングすることも。

操作はコントローラーで行い、データはWiFi経由でスマホに保存。SDカードは不要。

54276b1608b416fe86a56e74c455784f2abffafd

コントローラー中央に、本体が収納できるタイプ。

C3bca72c689bea77ed7c275cb755d51944a4f988

タテ8.89cm(3.5 inch)×ヨコ7.87cm(3.1 inch)×高さ4.31cm(1.7 inch)と手のひらサイズで、重さは18グラム。一度に4〜5分の連続飛行ができ、25m先までコントロール可能。

サイズや画質、価格などに程度はあれど、様々なドローンがこれまで登場してきました。しかし、空撮ってまだまだ一般的ではありません。

その点、MOTA社の製品は、“老若男女、誰にでも扱えるもの”を目指していることもあり、気軽ながらも求めている機能が一通りシンプルにまとまっているところが魅力。セルフィーや記念撮影用に持ち歩く人が現れても不思議じゃなさそう。

7月6日時点では、9月発送分の早割なら、送料込み55ドル(約5,540円)から予約できます。通常販売する際には100ドルになる予定だとか。詳しくはコチラからチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Mota Group, Inc.
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
いまや、低価格で安全な小型ドローンがおもちゃ屋にずらっと並ぶ時代です。アイデア商品もたくさん出ていますが、ドローンを「作れる」おもちゃがあるのをご存知です...
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
なんとも貴重な映像が、ドローンによって撮影されました。舞台は北極。驚くべきことに、映っているのは約2,000頭ものシロイルカの群れです。しかもこの撮影、ど...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
日本が誇る絶景「富士山」を舞台とし、20台を超えるドローンの編隊飛行、三味線の生演奏、そしてMIDIコントロールされた1万6,500個のLEDライトが一斉...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
シカゴのイメージといえば、ミシガン湖に面した高層ビル群がパッと思い浮かぶ。けれど、その固定概念をいい意味で破ってくれたフォトグラファーがいます。「新しい視...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...