自分を守り抜くために、捨てるべき9つのこと〜Life is Artのメッセージ〜

超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。

ここでは、その真理を知る、四角大輔とジョン・キムという二人の賢者からのメッセージを紹介していこう。
四角は
歴史わずか200年と若く、
リベラルで大自然の国ニュージーランドの
〝湖畔の森と東京〟のデュアルライフ。


キムは
長く重厚な歴史を誇り、
あのルネサンス発祥のアートの街
〝フィレンツェと東京〟のデュアルライフ。
グローバルノマドの先駆者として知られる二人からの魂のメッセージを堪能せよ。

01.

1978799_665766796793150_227617550_nPhoto by Daisuke YOSUMI

「Life is Art。人生は1度きり、
自らの手でデザインしよう」

自分らしく生きる人は、すべてアーティストだ。命を燃やす行為自体が表現活動であり、人生は自分で自由にデザインすべきである。同調圧力や社会的重圧、無意味な常識や根拠なき思い込みから、自分を解放しよう。明日でも来年でもなく、今、すぐに。

by 四角大輔、ジョン・キム

 

02.

kim×yosumi

視点を変えると世界は変わる

もし、あなたにいま見えている世界が、あなたの理想とする世界でないのなら、それはきっとあなた自身に問題がある。世界が視点を作るのではなく、視点が世界を作るのだ。万華鏡のような視点を持てば、世界が限りなく美しく見えるように、視点の磨き方で世界は変わっていく。

by ジョン・キム

「常識」なんて、捨ててもいい

常識とは他人が勝手に作ったルールだ。それを手放さないと、いつまでも自分らしさを取り戻すことはできない。
ほんのわずかな時間でもいい。他人の目を一切気にしない、自分のためだけの時間を作るんだ。

by 四角大輔

 

03.

他者の評価を過大評価しない。

他人の道を行けば楽だが従属することになるが、自分の道を行けば苦しいが独立することになる。全てを失っても、自分を失わなければ、人生はいつでもやり直せる。他人を支配しようとせず、他人に支配されることもなく、自分が心から選択した道を、誇りを持って静かにそして力強く踏み出す瞬間を生きよう。

by ジョン・キム

時に「他人の目」は不要になる

一流のアーティストに共通すること。それは「すべてをさらけ出すこと」に対して、勇気があるだけでなくまったく迷いがないこと。一万人の心に気持ちを届けられるのは、歌のうまさではない。ありのまま、まっすぐに想いを伝えたい、その感情を開放できる情熱だけだ。

by 四角大輔 

04.

kim×yosumi

旅に出よ。居場所を変えよ

旅は孤独をもたらし、孤独は省察をもたらし、省察は自己成長をもたらす。身近にある大切なものに気付くために、我々は遠くへ旅に出る必要がある。日常を非日常にし、非日常を日常にする。旅を通じて日常の再発見、複数の日常の開拓を心掛けよう。

by ジョン・キム

慣れた住まいすらも、捨てる

場所を変えるだけで、いとも簡単に「新しい生き方」がはじまる。見えなかったものが見え、縁がなかったような人と出会い、知らなかった新しい価値観を知るようになる。

by 四角大輔 

 

05.

kim×yosumi

従順な羊ではなく、野良猫になれ

未知との遭遇で未知なる自分に出会える。安全地帯から自ら抜け出し、未知の領域に足を踏み入れよう。群れから離れ、枠からはみ出し、あらゆる分類や境界を乗り越えるのだ。足跡の多い道ではなく
、その道が導く先にある
目的地の美しさを以て
道を選ぶ勇気を持とう。時間という砂の上に
足跡を残していくのが人生である。全ては私の選択の結果であり
、その結果を享受するのは私である。

by ジョン・キム

バランス感覚なんて要らない

"世界一好きなこと"をひとつ決めて、そのことに時間を投資する。あとは捨てる。そう覚悟を決めた瞬間、人生はキラキラと輝きだし、誰でも自信にあふれてくる。人間とはそういう生き物なんだ。

 by 四角大輔

06.

努力と結果には
タイムラグがある

すぐ結果が出る挑戦など
大した挑戦とは言わない。スポットライトがあたる前に
種を蒔き、水をやり続けよう。春に秋を急いではならない。

by ジョン・キム

ライバル心を捨てよう

生き方においては、自己満足をめざしたヤツが最強だ。つねにめざすべきは、勝ち負けではなく、自己ベスト。まわりを見るな。向き合うべきは自分の心だ。

by 四角大輔 

07.

kim×yosumi

やめるのも立派な選択

続けることが必ずしも善ではなく、やめることが必ずしも悪ではない。いざという時は、周りに何を言われようが、積極的にやめることだ。後ろも横も振り向かない。自分の前にある道をイメージしてそれに突き進む。それだけ。

by ジョン・キム

過去の成功例を捨てる

経験してきたことが正しいという思い込みや、成功体験は捨ててしまった方がいい。つねに謙虚に。大きな存在の前に自分は無力。そう思うことで人は変化することを怖れず、挑戦し続けることができる。

 by 四角大輔

08.

kim×yosumi

 正解は自ら構築せよ

正解は一つではなく、正解に辿り着く道も一つではない。正解は事前に決まっているものではなく、選択後の努力を通じて自ら構築するものである。正解を選ぶ人生ではなく、正解を証明する人生を生きよう。

by ジョン・キム

アピールはしない

本音では無理かもと思いつつ「できます」と言ったりしてしまえば、それは、約束した時点ですでに信頼を裏切っていることになる。

by 四角大輔

09.

本質だけを追求する
人生を生きよう

本質でないモノを捨て、本質でないコトを辞め、本質でないヒトから離れよう。そして人生の本質を探す挑戦の旅に出よう。挑戦とは未来の自分への信頼。人生最大のリスクは挑戦しない自分を放置すること。挑戦の結果を気にする必要はない。なぜなら挑戦を決意した瞬間に挑戦は既に成功しているのだから。

by ジョン・キム

決め付けを捨てる

「〜ねばならない」という言葉が頭に浮かんだら一瞬立ち止まろう。そして小さく心の中でつぶやいてみるんだ。「本当にそう?」「違うかもしれない?」「もしかして別のプランの方がいい?」自分の成長に合わせて、ジブンルールを更新していくことが大事なんだ。

by 四角大輔 

ジョン・キム×四角大輔。
住む場所も違えば、国籍、年齢、趣向も違う。しかし、ソウルメイトとして魂の対話を続けてきたという。
2人が常に語り合うテーマは「Life is Art」。人生は比較や競争ではなく、感動であり芸術であるということ。
その感覚をひとりでも多くの人にシェアすべく、「JD’s SALON "Life is Art"」という人数限定のオンラインサロンを2015年2月6 日スタートした。

ここで紹介した彼らのメッセージに少しでも共鳴した人は、サロンを覗いてみて欲しい。そこには、さらに震えるようなメッセージがあるはずだ。

ジョン・キム/John Kim

作家。韓国生まれ。日本に国費留学。米インディアナ大学マス・コミュニケーション博士課程単位取得退学。英オックスフォード大学知的財産研究所客員上席研究員、米ハーバード大学インターネット社会研究所客員研究員、2004年から2013年まで、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構特任准教授&大学院政策・メディア研究科特任准教授。著書に『媚びない人生』(ダイヤモンド社)、『時間に支配されない人生』(幻冬舎)、『断言しよう、人生は変えられるのだ。』(サンマーク出版)など多数。2013年からは、パリ、バルセロナ、フィレンツェに拠点を移し、執筆活動中心の生活を送っている。自ら主宰する『社会人版キムゼミ』が人気を呼んでいる。『女性自身』で連載コラム掲載中。

四角大輔/Daisuke Yosumi

アーティストインキュベーター|執筆家。オルタナティブな生き方を求め、ニュージーランドの湖で水と食料を自給する森の生活者。大自然(NZ)と都市空間(TOKYO)を往来し、独自のクリエイティブ&オーガニック論を発信。アウトドア、NPO、アンバサダー、IT等の分野でも活動。『朝日新聞』、エコ誌『ソトコト』、登山誌『PEAKS』、アウトドア誌『Field Life』で連載。上智大非常勤講師を務め、多数の大学で「ライフスタイルデザイン」の講義を行う。著書に「自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと」他。レコード会社プロデューサー時代に7度のミリオンヒットを記録。公式HP:4dsk.co

今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
米メディア「Greatist」でライターChalotte Andersen氏が心を奮い立たせる数々の言葉を紹介した記事が評判を呼んでいます。カウンセラー、...
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
多くの人は、人生を変えたいと思っている。そして、多くの人は、自分の人生を変えるのは難しいと考えている。しかし、本当は人生を変えるのは難しいことでもなんでも...
2016年2月23日に公開されたこちらの動画は、若者を対象に行われたある実験の様子を撮影したもの。彼らにはこんな質問が投げかけられました。「もっと強く、大...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...