世の中は要らないモノで溢れている。真の自由を得るために、捨てるべき「10のコト」

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚悟が必要だ。

四角大輔氏の『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』(サンクチュアリ出版)には、自分らしさを見失うことなく、しなやかに、たくましく生きていくために捨てるべきことが50個紹介されている。

vol.5では、「ライフスタイル」から10個をピックアップ。

胸の奥の深いところに耳を澄ませ。わがままを肯定しろ。優先順位がわかったら、あとは実行にうつすのみ。


 01.
「無いと不安」を捨てる

〜軽さこそが、正義〜「とりあえず持っていこう」から「ためしに置いていってみよう」へ。

02.
慣れた住まいを捨てる

daisukeyosumi

〜拠点を変えるほど発想力は上がる〜「なにかと便利な場所」から「ワクワクさせてくれる場所」へ。

03.
「あれもこれも」を捨てる

〜そこら中につけたツバで、身動きが取れなくなる〜「あれもこれもやりたい」から「これしかしない」へ。

04.
照れを捨てる

daisukeyosumi

〜欲求を惜しみなく伝える〜「言ったら恥ずかしい」から「まず言う」へ。

05.
"つねにオンライン"の習慣を捨てる

〜1日1回、オフライン時間を設定する〜「いつでもつながる」から「つながりたいときにつながる」へ。

06.
"逃げない覚悟"を捨てる

daisukeyosumi

〜ポジティブな逃げ道を作れば良い〜「怖いけど、やっちゃえ」から「怖くないから、やっちゃえ」へ。

07.
会社への忠誠心を捨てる

〜ライフラインをいくつか確保する〜「会社でどう役立つか」から「世の中でどう役立つか」へ。

08.
あきらめを捨てる

〜小さな欲求をいくつも解放する〜「やりたいと願う」から「やりたいことを忘れない」へ。

09.
むやみな自由願望を捨てる

daisukeyosumi

〜実績を出してから次をめざせ〜「この会社じゃなにもできない」から「この会社でなにができるか」へ。

10.
成功例を捨てる

〜なぞるよりも、フルリセットしよう〜「うまくいった例を探す」から「うまくいった例は捨てる」へ。

自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと
コンテンツ提供元:四角大輔

人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
超情報化社会。現代は要らないもので溢れている。 自分を守り抜き、いまを自由に生きるためには、不要なものを見定め、捨てる勇気が必要だ。ここでは、その真理を知...
あらゆる情報が簡単に手に入ってしまう今だからこそ、本当に必要な情報を見極めなければならない。あれもこれも受け取っていると、いつの間にか情報の洪水に飲み込ま...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
これまで50作にも及ぶ著書を記して来た本田直之氏。そのなかの22作をピクアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY シ...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
なんだかわからないけどモヤモヤして、窮屈に感じてしまい、自分のやりたいことがわからなくなってしまう。「私の人生ってこれでいいのかな?」と不安になってしまう...
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
人生は、ほんのちょっとのキッカケで「幸福な道」へと変えることができます。でも、ボクらは自らの手で無意識のうちに、意味もなく制約をかけてしまうことが多々ある...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...