収入源がひとつって、怖くない?複数の仕事をかけ持ちするパラレルワークってなに?

安藤 美冬

フリーランサー/コラムニスト

1980年生まれ、東京育ち。雑誌『DRESS』の「女のための女の内閣」働き方担当相、越後妻有アートトリエンナーレオフィシャルサポーターなどを務めるなど、幅広く活動中。これまで世界54ヶ国を旅した経験を生かし、海外取材、内閣府「世界青年の船」ファシリテーター、ピースボート水先案内人なども行う。『情熱大陸』などメディア出演多数。著書に『冒険に出よう』、『20代のうちにやりたいこと手帳』、新刊に『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』などがある。
公式サイト:http://andomifuyu.com/

働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひとつの仕事だけでも手一杯な人が多いのに、なぜこういった働き方を求める人が増えているのか?
ノマドワーカーの先駆けとして、以前よりパラレルワーカーを実践している安藤美冬さんに話を伺った。

仕事は才能を開花させる手段

Medium 067cd7b4be15497fb018197ff1895b6d6180c07c

ーー 最近は海外の仕事も増えているそうですが、年間でどれくらい国外にいらっしゃるんでしょうか?

安藤 レギュラーで海外の仕事があるわけではないですが、今年は海外が4割、東京が5割、あとは地方が1割といったところです。仕事としては、本や記事の執筆、企業のアドバイザー。他にも政府関連の仕事がありましたね。平均すると、常時10〜15くらいの案件が動いているんじゃないかと思います。

ーー 安藤さんは以前から「パワレルワーク」を実践されていらっしゃいますが、仕事をひとつに絞らないのはなぜなのでしょう?

安藤 現実的なことで言えば、複数の収入源があることで、収入が安定するということがあります。リスクヘッジになるんですよ。収入源がひとつって、怖くないですか?

あと、単純に飽きないんです。私はひとつの仕事とか、ひとつの肩書きとか、ひとつの組織とかっていう、いわゆる「これまでの働き方」にずっと疑問を持っていた人間だったんです。もちろん、ひとつのことにコミットするのはプロフェッショナルな生き方だとは思うんですけどね。でも私は、何のために仕事をするのかって考えたとき、自分がまだ気づいていない才能を開花させる手段だと思ったんです。

ーー 才能を開花させる手段が仕事だと?

安藤 単純に、人って肩書きによって仕事が変わりますよね。私は20代のとき、たまたま出版社に入社することができましたが、肩書きが違ったら不動産業でもイベントの司会でもコンサルタントでもなんでもやれるし、なんでもできると思っていて。でも、会社的に副業は禁止されていたから、環境的にできなかった。そうなってくると自分の可能性についても意識しなくなってくるんですよ。

働き方にルールなんてない、
私は私のやり方で仕事に向き合う

Medium 73d75908696d8820b0447d491b2e5c2d9354c1a6

ーー 思考が停止してしまうんですかね。

安藤 かもしれません。だから、もし自分がフリーランスとして独立するんだったら、仕事の領域を決めずになんでもやろうと考えていたんです。それに向いてない仕事は多分できないだろうし、気が乗らない仕事はやらないだろう、と。だから、みんなもっと仕事に対して自由になっていいと思うんですよね。仕事はこうでなきゃいけない!って思い込んでいる人が多い気がします。

もちろん、考え方は人それぞれなので一概にこうとは言えませんが、私は「なぜ会社で働きながら他の仕事をしちゃいけないの?」とか、「なぜ独立するのにひとつの領域に仕事を絞るんだろう?」とか思ってしまうんですよ。私は、私のやり方で仕事と向き合っていきたい。

ーー おそらく、そういった話をいろんなところでされていると思うんですが、周囲の反応はいかがですか?

安藤 反応はあまり気にしていないですけど、共感してくれる人は多いですね。なかには「そんなことできるわけがない」って考える人もいますけど。でも、いろんな気持ちを抱えながらも、どこかで折り合いをつけて生きている人って絶対いると思っていて。本当は音楽に関わる仕事がしたかったとか、本当は本を書いてみたいとか。

私は諦めたくないし、全部できると思っているんです。でも、それは私に特別な才能があると思っているわけではなくて、やってみて才能を開花させようって考えてるんですよ。以前、シェアオフィスの立ち上げに関わったことがあったんですけど、それまで不動産に関する知識なんてなかったんです。やっていく中で少しずつ仕組みがわかるようになったりして、そうしていたら国土交通省から仕事のオファーがきたり、いろいろつながっていきました。だから、とにかくやってみることが大切だと思います。

数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
価値観が多様化している現代では、暮らし方も働き方も多様化しています。自由であたらしい働き方を求めて模索している人も多いのではないでしょうか。でも、一体どう...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
あなたはちゃんとしたワークライフバランスで働けていますか?「最近、仕事ばかりでプライベートの時間がない」と、ストレスを感じていませんか?仕事とプライべート...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
これまで50ケ国以上を旅しながらフリーランサーとして取材、執筆、講演活動を行う安藤美冬さんと、シンガポールにも会社を設立し、各地の鉱山と直接取引きをしなが...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
コンピューターやインターネットの発達にともない、近い将来、人間が仕事を奪われてしまう「テクノ失業」が問題化するかもしれません。しかし、仕事は減るばかりでは...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
いまや日本のビーチカルチャーのアイコン的存在であるAOSHIMA BEACH PARK、年一回の発行ながらその高いクオリティでコアなファンを獲得している雑...
料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議...